ブログ

work

眠りから覚めたら…その分動く!

今週末から、監督を務めますショートムービー「あきんど しんふぉにー」の撮影が始まります。
コロナ禍の中、企画が始まり、本当に撮影できるのか?となった時期を経て…やっとお祓いの日が来ました。
いつも宮司さんの言葉を聞きながら、「あ〜事故なく病気なく無事に撮影が終わりますように」と心の中で思うのですが、今回こそ強く思ったことはありません。
今回はオーディションをせずにほぼ全員、私が知ってる役者さん&子供達!
信頼するみなさんと一緒に作品を創れるのはとても心強い!そしてスタッフも今回最強!
いつも以上にたくさんの挑戦を散りばめた作品なのでこの想いが届きますように…

そして本日…10月31日の配信公演の情報公開となりました。

ノックノックス 無観客配信公演
10月31日19時開演
「照らす」
こちらはノックノックスさんがコロナの影響を鑑み、本公演を中止…いやただでは中止にしないぞ!ということで、劇場を贅沢に使い、たった1日だけの配信公演のために新たに書き下ろし、特別な一夜を紡ぎ出します。こちらもかなりチャレンジングな公演になりそうです。
私も台本が届くのが今からすごく楽しみです。
たった5人のキャストでお届けする、今だからこその大人の舞台。
是非お楽しみになさってください。

そしてそして…その前は!!!
もちろんお忘れなく!
10月7日の自主企画
「シェイクスピア〜哀しみの女たち〜」

朝日ホールでの打ち合わせも終わり、かなり気持ちが引き締まると同時に上がっています!
なんといっても音楽ホールで芝居をやるって…もう初めてなことだらけでびっくり!
打ち合わせの言葉ももはやチンプンカンプン!
楽屋の作りも、え?こういう感じ?!という…。
演劇と音楽の様々な違いを経験し、「初めて」が重なるこの公演。もはやこの歳になってこんなに初めてが重なると本当に面白すぎてワクワクが止まりません。
だからこそお互い世界の良さが絡み合って唯一無二の世界を創ります。
贅沢な舞台です。お楽しみに!

チケットセンターにはまだまだ良いお席があるようです。
こちらからお席をお取りください。
カンフェティチケットセンター

コロナ対策を万全にして、みなさまのお越しをお待ちしております!

****************************************************************

「シェイクスピア~哀しみの女たち~」

10月7日(水) 19時開演 ※ 開場18時15分
劇場:浜離宮朝日ホール

演出:髙岸未朝
出演:田村麻子(ソプラノ歌手) / 田野聖子(女優)
ピアニスト:江澤隆行
製作:名取事務所

入場料:全席指定
前売・当日共に=5,000円
シニア・ハンディキャップ・学生=4,000円
(シニア・ハンディキャップ・学生は名取事務所のみ取り扱い)

オンラインチケットは↓
【WEB販売ページURL】
名取事務所オンラインチケットサービス
(Confetti[カンフェティ]に移動します)▶

・ご予約後、セブン-イレブン店頭にてチケットをお受け取りください。 ※クレジットカード決済を選択された場合、チケット受け取りはお申込みより4日後からとなります。
・お支払いは、Webからお申込の際にクレジットカード決済、またはチケット受け取り時に セブン-イレブン店頭でお支払いの、どちらかをお選びいただけます。

 

この記事にコメントする

2019年 雑感。

2019年も もうカウントダウンですね。

本年は出会いと種まきの1年でした。
新しいたくさんの出会いに感謝しかありません。

年明けから10年ぶりの監督作品、ショートムービーの準備が始まり、春まで撮影、編集。
自らオーディションを受けて出演した念願の西瓜糖公演。
1本の公演でもはや身内というくらいの仲間になったヤストミさん率いるノックノックスさんとの出会い。
最高のメンバー、奇跡の座組 と名されたジェットラグプロデュースさんの舞台。

それぞれ、
初めてのお仕事ものの監督作品
精神的に壊れた女性 @ザ・スズナリ
おばあさん @すみだパークスタジオ
ミニスカートで踊った @博品館劇場
長い俳優人生でも 初めてのお仕事 初めての役柄 初めて劇場が続きました。


先日友人に言われました
「どこに向かってるの?」
と。

なるほど。そうですね。笑

今年は事務所の仕事がスタートした1年。
外に出た私は「ベテラン」という枠で呼ばれ、その責任を果たさないといけないと強く感じさせられました。
全てはこれから始まる新しいステージの種まき…
人と繋がり、今までとは違う客層 仕事関係の方に観ていただき、そして来年以降につながっていく。

それと同時に、
古巣俳優座の俳優陣スタッフ陣に対して、恵まれていた環境にあらためて感謝をした1年。
俳優座の公演を観に行くと仲間たちが素晴らしい舞台を創っていて、そこにいたことを誇りに思います。
今までやってきた根っこがあるから、いまの私があります。
今年出会った仕事関係の人に「お名前はたくさんみています」「舞台観てました」と言われることが続き、俳優座で重ねてきた年月がここにつながっていると感じました。

まだどこに向かうかは自分でも分かりませんが、
この歳になってどこに向かうか分からないのも面白い。
だから。
安定せずに、拒絶せずに、新しい出会いをゆるゆると受け入れて行こうと思っています。

2019年、本当に幸せな1年でした。
支えてくださったみなさま、ありがとうございました。
来たる2020年もよろしくお願いします。

2019年 年末 田野聖子

この記事にコメントする

クランクアップ!

話が出たのが去年の夏。
10月ごろから準備を進めていた映画が昨夜遅くにクランクアップしました。

ほぼ知った顔がいないスタッフさんたちの中、事故なく無事に撮影が終わったこと、まずはひとまずホッとしています。

オーディションで選んだ役者さんたちはみなさん本当にチャーミングで素晴らしく信頼しきっての撮影でした。
自分でOK出しながら、何度胸が熱くなったことか…ありがとうございました。
そして超ベテランから新人まで役者さん以上に個性的なスタッフさんたち…みなさんに頼りっぱなしでした。
素人監督をバカにせず支えてくださったことに心から感謝しています。

でもこれ、スタートです。
これから、みんなで生んだこの子たちに今後は魂を吹き込むべく、編集に臨みます。

まずは…

今日は廃人でいさせてください。笑

この記事にコメントする

本格始動。

3月のクランクインが決まり、準備が着々と進んでいます。

先月末にはオーディションを行いました。
想像以上にたくさんの応募があり、嬉しい反面、書類で選ぶという直感でしかない作業も経験し、
2日間に渡るオーディションを決行。

素敵な役者さんたちとの出会いで、本当に最後の最後まで悩みに悩みました。

台本も別設定のものを並行して2本書き、どちらも愛着を感じ…これも悩みに悩んだ!

もはや
別キャストで2作品撮りたい、と思ったり。
別台本で2作品撮りたい、と思ったり。

そして、全てを決定。
頭が爆発しそうな日々に、とりあえず、一息つけました。

…素人監督、しかも10年ぶり、
そんなこんなの中、学生時代の友人たちにはたくさん助けてもらってます。
私、1年間しかいなかったんだよね、日芸。
でも、こういう時にはすぐに手を差し伸べてくれる…この人たちと出会うために私の学生生活があったんだなと思うくらいです。

ありがとう。

そして、いよいよこれからです。
いい作品になるように、まずは私自身が楽しみます。

この記事にコメントする

激動の2018年…

変化の一年だった2018年も終わりを告げようとしています。

劇団俳優座を退団し
ACT JPエンターテイメントに所属し
舞台「アンドロマック」に出演し
何本かの映像作品と
何本かのナレーションと

そして何回かの旅。

今年は全て今までのつながりの中でのお仕事でした。
感謝しかありません。

来年は挑戦がたくさんです。
久々のお仕事や初めての現場が重なり、今から期待でいっぱい。
なんて新鮮なんだろう!

みなさま、本年も
 見守ってくださって
 助けてしてくださって
 遊んでくださって
ありがとうございました。

2019年も変わらずよろしくお願いいたします。

田野聖子

この記事にコメントする

このページの先頭へ