Home ブログ whisper

ブログ

whisper

3/2

先月、東京区内で初めて、市民参加型の東京マラソンが開催されたのは記憶に新しいだろう。
私も参加をした・・・ランナーではなく、カメラマンとして・・・。

NYで毎日のようにセントラルパークをジョギングし、すっかり走るという事が毎日に日課になっていた私。
そんな中、マラソンをこよなく愛する人たちと話す機会も増え、そこからまた交流が広がった。

今回の参加のきっかけは、実は日本にいながらNYの友人に頼まれたボランティアだった。

「両足義足の僕の友人が東京マラソンに挑戦する。カメラマンを探しているが、人が足りないんだ。Seiko、手伝ってくれないか?」

これがNYの都市の離れた大切な友人から届いたメールだった。
このメールがきっかけで、私は今年、第一回目の東京マラソンでとても素晴らしい経験をしたのだ。

両足義足の島袋さんのビデオカメラマンとして当日は朝8:30から皇居前から撮影をスタート。
冷たい雨の中、とにかく島袋さんを見落とさないか、この3万人のランナーの中見分けられるか、緊張しながら2時間待った。ひたすら待った。
雨が手に当たり、ボタンを押す手もかじかんでくる。
スタートしてから10分ほどで最初のランナーが前を駆け抜ける。そしてその後、ダンゴ状態の市民ランナーが走り抜けていった。
あまりの人数に目が回りそうな状態。
10:30ごろだっただろうか、島袋さんが来た!
雨に打たれながら、でもとても元気そうに、前を向いてしっかり走っている。
必死でカメラを構える。通り過ぎる。小さくなる・・・。
あっという間の出来事・・・。

その後先回りして8ポイントで撮影をしていった。

島袋さんは、明治座を過ぎた東日本橋辺りから、歩道を走ることを余儀なくされた。各関門で解除をする時間が決められているためだ。
でも決して彼は諦めない。
そして島袋さんを囲うように、サポートするボランティアの面々も一緒に走る。
市立船橋の学生たちが「ファイト!ファイト!」と大きな掛け声をかけながら、東京の街を一歩一歩踏みしめていく。
その集団はドンドン大きくなり、難関の橋の上では大人数となって島袋さんを囲んでいた。
雨も上がり、背中に夕日を浴びながら走る島袋さんは、各場所で迎えるたびに大きくなっていくようだった。

さぞかし激痛に見舞われていたことだと思う。
さぞかし辛かっただろう。
でも・・・さぞかし、嬉しく幸せな瞬間がたくさんあっただろう・・・。

7時間50分。

正式タイムは出ていない。しかし、誰もいないゴールのアーチを島袋さんは自分の足でくぐった。
集まったボランティアの面々は60人近かったという。
私は一人で孤独にビデオを撮っている気持ちでいた。しかしゴールに近づくにつれ、同じ気持ちで島袋さんを待つメンバーが増えてくる。
それぞれが、表には出ていないが彼を応援していた面々。

ゴールをくぐった後の島袋さんの満面の優しい笑顔。
私は決して忘れないだろう・・・。

レース後、
アメリカから参加した大好きな友人が完走おめでとうパーティーをしたので参加した。
そこには、初めてフルマラソンを走った女性もいた。
彼女が言った。
「途中、本当に苦しかったけど・・・。でも折り返して走っていると両足義足の人がいて・・・。
私も頑張ろうって本当に思った」

島袋さんの信条。
「夢を諦めない」

自分の足と姿でそれを語る島袋さんの姿は勇気と感動を与え続けるにちがいない。

参加できてよかった。ありがとう。

この記事にコメントする

1/28

いつの間にか更新もせず・・・こんなに時間が経ってしまった・・・。
全く私の怠け癖には呆れかえる。

そんなわけで一つ大きなご報告を。
去年の秋から日本に戻ってきて、本格的にまた活動を開始することに決めた。
3年のブランクが空いたので、また初心に戻り、はじめの一歩を踏み出す決意で・・・。
人生の中でいつのどの瞬間も「今」が一番若い。だからこそ、「もう遅い」などと言わず、これから!まだまだ!という気持ちで前に進んでいきたい。

今年からもまたみなさま、よろしくお願いいたします。

この記事にコメントする

6/22

久々、怪我をした…私にしては結構な怪我をした…
何せ健康優良児!大きな病気もなく手術も一度も経験無し。
だから小さな怪我でも私にとっては大事になってしまう・・・

でも今回は痕が残るかもという傷でちょっと落ち込み気味。
いえいえ、私が悪いんですが…
ヒビが入ってるグラスと分かっていながらボ~~~っと洗ってしまい、手の中で見事に真っ二つ。
ゆっくりと私の左手の中にめり込んでいく様を私はなすすべもなく見ていた。

まぁ、そのうち消えるでしょう、三十路を超えて治りは遅くなったけど・・・とかなり楽観的ではあるが…

左手の人差し指の付け根をざっくりいったことは日常に支障をきたす。
利き手でなくてよかった…と思っていたが、そんな甘いものではない!
左手ちゃんもかなり毎日活躍していたのね、というのが今の毎日の感想。

でもね、人間は勉強をする動物。
日々の中でいかに不自由な左手を痛くなく、傷を広げず使うか…本当にこの3日ほどでうまくなった!
これなら左の小指1本で私は結構生活できるぞ~。
口や顎も大活躍。使える機能は何でも使おう!

こうやって逞しく今日もマンハッタンの街を闊歩する私である。

この記事にコメントする

6/19

やっとブログ始めました。本当にお待たせしちゃいました。今度は3日坊主にならないように頑張ります!

さて、先日即興のピアノコンサートに行ってきた。
私たちの仕事の一番大切なものがあることをそのとき感じさせてもらった。

それは相手を感じること。
相手の話を良く聞き、よく見て、そして答える。この単純なことが舞台の上だと難しくなってしまう。いや、難しくしてしまう。

以前青井陽治さんと一緒に舞台を創ったとき、徹底的にインプロ(即興)をさせられた。自分の役は決まっているから、その役柄でどうシチュエーションを変えてもそこに存在していられるように。ただそこにいられるように。その繰り返しだった。面白い発見がいくつも出てきて、実際それが舞台に取り入れられたシーンもある。
また台本上は出てこない自分の家族とのインプロでは、1時間近く続き、青井さんの指示で次から次へと他の役者が「弟」「兄」として投入され、親や兄弟に自分の考えを話すうちに「あ~この役柄はこう考えていたんだ」、また親に説教されながら「こんな思いをしながら自分の夢をかなえようとしてたんだ」と新たな発見になったことをとてもよく覚えている。

今回のインプロコンサートも正にそのまま。

相手の目を見て演奏をはじめ、どちらがメロディーラインになるか、どのコード、どんな曲調か、打ち合わせ無しに始まる。
どんな音を出すか分からないからこそお互いに相手の音に気を研ぎ澄ませる。

コンサートの帰り道、あの舞台を一緒にやった仲間に久しぶりに会いたくなり、またあんな稽古をしてみたいな…と切に願う自分がいた。

この記事にコメントする

5/5

先日、とある撮影現場にて…

待ち時間が長いのはどの現場でも同じこと。役者の仕事の一つには待つこと、という言葉もあるほど…
待っている間はみんなじっと我慢…

ところが、ある新人の女性が、控え室で携帯越しに彼氏と大喧嘩を始めた。
他の役者がシーンとしている中、彼女の声だけが響く。

「話をそらさないで!」「だから今押してるの!」「干されたんじゃないよっ、押してるの!」「待たされるんだってば!!!」

大声だけが響く…

これはどうなんだろう…
常識って、もちろん時代や空間によって変わっていくものだけど、最低限人と同じ空間を共有する心遣いというものは大切だと思う。
後で聞けば彼女は新人とはいえ、30過ぎの立派な大人。
ちょっとした心配りだけで気持ちよく過せるのにね。

この記事にコメントする

このページの先頭へ