Home ブログ

ブログ

家族な面々 その4

さて、役者陣最後を飾るのは…
GENKI PRODUCEのお二人!

まずは主催の西秋元喜さん。

GENKI PRODUCEはプロデュース集団ではなく元喜さん率いる「劇団」なのです。
渡辺正行さん主催の劇団七曜日出身の元喜さん。
芸人さんたちにもまれていたためか、流石のコメディセンス!
私はどうしてもコメディに慣れていないので、間合いの取り方や、緩急の付け方など、そこまでしていいのか!!!と、勉強させてもらいつつ…やっぱり素直に笑ってしまう!
元喜さんが生き生きと舞台に存在することで芝居を引っ張ってくれているのです。
しかも主催と出演の両方を兼ねるので大変な中、出演者全員にとても気を使ってくれて稽古場の空気を明るくてくれる…本当に感謝。
今回私はそんな元喜さんと夫婦役。信頼しきっています。
よろしくね、お父さん!

そして最後は戸谷和恵さん。

和恵ちゃんはGENKI PRODUCEの紅一点!
今回は劇団公演だから、といって、朝の掃除から、衣装の手配、小道具のチェック、などなどフル回転です。
その働きぶりに頭が下がる思い…
こんなに恵まれた環境なのは劇団員の和恵ちゃんがとにかく支えてくれてるからです。本当にありがとう!
和恵ちゃんは初演と同じ役を演じるので、逆に再演組よりもプレッシャーが大きいのではないでしょうか?
日々積み上がっていく稽古を見ると、本番で はちゃめちゃに面白いシーンになること間違いなし、と私は心の中でいつも思っています。
かなりドタバタが続く中、彼女の役のたち方はお客様に安心感を与えてくれるはず。
お楽しみに!

さぁ、稽古はあと2日です。
売切の日もありますが…大丈夫!補助席も出るようですので、直前でもご都合がついたらぜひ築地に足をお運びください。
お待ちしております。

**************************************************
GENKI Produce vol.16
『家族と呼ばないで −I can’t say it enough−』

作 田中大祐 演出 田中しげ美(GENKI Produce)

2020年1月29日(水)~2月2日(日)
築地ブディストホール(築地本願寺内)
チケット S席7000円 A席6000円

公式サイトはこちらへ
http://gp.takeone-office.com/information.html

1/29(水)19時
1/30(木)14時 / 19時
1/31(金)14時 / 19時
2/1(土)13時 / 18時
2/2(日)12時 / 16時

 出演

友常勇気
本西彩希帆
吉田宗洋
諸塚香奈実

田野聖子
青地洋
渡辺克己

戸谷和恵(GENKI Produce)
西秋元喜(GENKI Produce)

 

 

この記事にコメントする

家族な面々 その3

今日、初めて二回通し!
ゲネプロから楽日まで毎日二回公演なのでここで体感しておかないと!
案外みんな元気に乗り切りました。
…いや、主演の二人は流石にキツそうでしたが…
来週はこれが通常になるので慣れるしかないですね。

さて、役者紹介、どんどん行きます。
…というか、いつも私はなんでこんな間際にならないとやらないのだ???

今回のヒロイン。本西彩希帆ちゃん。

今回は母娘の関係です。
秋元康さん率いる劇団4ドル50セントのメンバーの彩希帆ちゃん。
初めて会ったその日から…とにかく…可愛い!!!
笑顔は可愛いし、演技は思いっきりがいいし、若さが溢れる感じが清々しい!
漫画の中のヒロインがそのまま飛び出してきたような彩希帆ちゃんは「2.5次元舞台が好き!」と言い切る正に “今” を生きる女優さんです。
この芝居の後もすぐヒロインの舞台が待っていますし…私とも今後もご縁がありそうな予感が…笑
今回はとにかく場を仕切るしっかり者の可愛い娘役。こんな娘がいたらお父さんメロメロだろうな。

青地洋くん。

洋くんは小劇場を中心に様々な舞台で活躍する俳優さんです。
私も方々で知り合いの役者さんたちから「青地さんと共演するんですね」と言われました。それだけ活躍の場が広いということですね。
でもそれも納得!
まず人柄が!!!とても良い!
一緒に共演すると次もまたお仕事したいと思わせる人柄。
そして芝居に対してもとてもまっすぐ。
なんとなく隣にいると落ち着き、心休まる存在、それが洋くんです。
そんな洋くんが…今回は!!!あんな役!!!!
実は彼のセリフにこそ この芝居の芯がある。いつも私はグッときてしまいます。
ふふふ、あまり多くは語りません。劇場でお確かめください。

**************************************************
GENKI Produce vol.16
『家族と呼ばないで −I can’t say it enough−』

作 田中大祐 演出 田中しげ美(GENKI Produce)

2020年1月29日(水)~2月2日(日)
築地ブディストホール(築地本願寺内)
チケット S席7000円 A席6000円

公式サイトはこちらへ
http://gp.takeone-office.com/information.html

1/29(水)19時
1/30(木)14時 / 19時
1/31(金)14時 / 19時
2/1(土)13時 / 18時
2/2(日)12時 / 16時

 出演

友常勇気
本西彩希帆
吉田宗洋
諸塚香奈実

田野聖子
青地洋
渡辺克己

戸谷和恵(GENKI Produce)
西秋元喜(GENKI Produce)

 

この記事にコメントする

家族な面々 その2

稽古も佳境に入ってくると、だんだん全体像が見えてきて今までとは違う演出がついたりします。それこそが最終段階というもの。
残り数日になった稽古をとにかく集中するしかないですね。

では、今日も役者紹介、続けます。
吉田宗洋くん。

なんだか、昨日の勇気くんと同じようなポーズを期せずしてしてくれたむねくん。。。その理由は劇場でお確かめください。笑
むねくんは小劇場から大劇場、2.5次元、そして映像の世界と幅広く活躍する人気俳優さんです。
うん、引っ張りだこな理由がよくわかります。
なんといっても芝居が、いい!むねくんがそのシーンにいるだけでその場が締まり、リズムが生まれます。
その存在感こそが彼の持つセンスの良さなんでしょうね。
エゴではなく役としてその場に立ってくれているので、何をしても観客を味方にできる力を持っている俳優さんです。
こういうコメディもいいけど、ガッツリとしたセリフ劇でまたいつか共演してみたいなと思います。

そして稽古場の癒し…諸塚香奈実ちゃん。

この稽古が始まって、稽古初日から今日まで一番変わったのは香奈実ちゃん。
若手の成長と吸収の早さには本当にびっくりさせられます。
14歳からハロプロメンバーの一員としてアイドルをやっていた香奈実ちゃん。道理でキラキラしているわけですね。大きな瞳を見ていると吸い込まれそう。
普段はもの静かで控えめ、そして人の話を受け止めてくれる聞き上手でもあります。今回は私は香奈実ちゃんと案外しっかり絡むので彼女がこれから楽日までもっともっと化けていくだろうと、その進化が今から楽しみでもあるのです。

今回は若手たちがとにかく活躍する芝居です。
お楽しみに!

**************************************************
GENKI Produce vol.16
『家族と呼ばないで −I can’t say it enough−』

作 田中大祐 演出 田中しげ美(GENKI Produce)

2020年1月29日(水)~2月2日(日)
築地ブディストホール(築地本願寺内)
チケット S席7000円 A席6000円

公式サイトはこちらへ
http://gp.takeone-office.com/information.html

1/29(水)19時
1/30(木)14時 / 19時
1/31(金)14時 / 19時
2/1(土)13時 / 18時
2/2(日)12時 / 16時

 出演

友常勇気
本西彩希帆
吉田宗洋
諸塚香奈実

田野聖子
青地洋
渡辺克己

戸谷和恵(GENKI Produce)
西秋元喜(GENKI Produce)

 

 

この記事にコメントする

家族な面々 その1

稽古も残り1週間。
衣装付き通しも終え、どのシーンがどうやって空気が動いていくのか各俳優が体感しました。
また細かいシーン稽古を重ね、ラストスパートにかかります。
そんな中、今日は稽古後、演出の田中しげ美さんのご自宅で鍋パーティー!
こんな間際に鍋って…今まで経験したことのない稽古時間の使い方。
最高ですね。でもこういうコミュニケーションが明日の稽古にまたつながっていくのです。

ということで。
この間際になりましたが…
やりましょう。役者紹介!

まずは…もちろんこの方、主演の友常勇気くん。若い頃から2.5次元舞台を始め、様々な舞台で活躍する人気俳優です。

今回、私は勇気くんの母を演じます。稽古場でも勇気くんからはずっとママと呼ばれる毎日。でもそれがとても自然なんですよね。
決して器用ではなく、ともすればまっすぐ過ぎて嘘がつけないタイプ。
それこそが彼の魅力です。知らず知らずのうちに人を惹きつける魅力を持っています。そして芝居にもそれがにじみ出ているのです。
この芝居ではとにかく出ずっぱりの勇気くん。舞台から姿を消す時間はなんとたったの45秒とか!!!
ファンにとっては勇気くんをたっぷり堪能できる作品になっています。
お楽しみに!

そして、もう一人。渡辺克己さん。

とにかくその素敵ボイスで全てを魅了してしまう俳優さんです。
克巳さんは、ディズニー映画の予告編などをはじめとして数々の有名作品のナレーションを担当しています。
…でも稽古場ではなんとなくみんなのマスコット的存在。
克巳さんの周りにはいつも笑いが起こります。主催の元喜さんとのコンビは中良さがにじみ出ています。
そうそう!究極のマッサージ師でもあります。大ベテランさんが若手の肩を揉む…そこに克巳さんの人柄がにじみ出ています。


さぁ、鋭気を養ったので、明日からまた駆け抜けます!

**************************************************
GENKI Produce vol.16
『家族と呼ばないで −I can’t say it enough−』

作 田中大祐 演出 田中しげ美(GENKI Produce)

2020年1月29日(水)~2月2日(日)
築地ブディストホール(築地本願寺内)
チケット S席7000円 A席6000円

公式サイトはこちらへ
http://gp.takeone-office.com/information.html

1/29(水)19時
1/30(木)14時 / 19時
1/31(金)14時 / 19時
2/1(土)13時 / 18時
2/2(日)12時 / 16時

 出演

友常勇気
本西彩希帆
吉田宗洋
諸塚香奈実

田野聖子
青地洋
渡辺克己

戸谷和恵(GENKI Produce)
西秋元喜(GENKI Produce)

 

この記事にコメントする

劇団の底力。

GENKIプロデュース「家族と呼ばないで」
絶賛稽古中です!

2020年明けてあっという間に半月が過ぎました。
早すぎる!

早いといえば…
驚くのはこのGENKIプロデュースさんのフットワークの軽さ!
立ち稽古の初日には持ち道具やら仮の小道具が用意されており、早々に仮のセットも稽古場に組まれ、1週間後には初通しも終わり、そして稽古中日には衣装合わせももう終わる。。。
こんな集団なかなかありません!

俳優座にいた身としては、舞台部さんたちが立ち稽古に合わせて稽古場にセットを組んでくれて、仮小道具も用意してくれるという恵まれた状況が当たり前だと思っていましたが、外に出るとそんなわけにはいかないことも多々あります。
でもGENKIプロデュースさんは劇団。
都内一等地に持ち稽古場もあり、どうも同じ建物のどこかに秘密の倉庫(全然秘密じゃないだろうけど。笑)もあるらしい…
「こんなの使ってみたらどうですかね?」と言えばすぐに仮の道具を持ってきてくれるし、
「おばちゃんぽい靴がいいですよね」と言えば、3分後には稽古場に理想の靴が届く状況。
なんだこれ!!!恵まれ過ぎてます!!!
しかも、仮のセットは演出家自ら、一人で建ててくれた!!!
なんだこれ!!!!職人集団!!!!

劇団育ちの私はなんとなく心休まる気持ちさえします。

こんな恵まれた状況の中なので、芝居が面白くならないと嘘なのです。
稽古は残り正味10日。
みんなで、全力でドタバタコメディを生き抜くだけ。

とにかく楽しい芝居です。
2020年の初笑いは築地へどうぞ。
お待ちしております。

**************************************************
GENKI Produce vol.16
『家族と呼ばないで −I can’t say it enough−』

作 田中大祐 演出 田中しげ美(GENKI Produce)

2020年1月29日(水)~2月2日(日)
築地ブディストホール(築地本願寺内)
チケット S席7000円 A席6000円

 http://gp.takeone-office.com/information.html

1/29(水)19時
1/30(木)14時 / 19時
1/31(金)14時 / 19時
2/1(土)13時 / 18時
2/2(日)12時 / 16時

 出演

友常勇気
本西彩希帆
吉田宗洋
諸塚香奈実

田野聖子
青地洋
渡辺克己

戸谷和恵(GENKI Produce)
西秋元喜(GENKI Produce)

 

 

 

この記事にコメントする

このページの先頭へ