Home ブログ 2015年

ブログ

2015

GP終了しました。

本日はGP、たくさんの劇団員たちに見守られての最終舞台稽古でした。

このヘッダという人物…まだまだ手を届かせてはくれません…
楽日までもがき続けます。

そして…いよいよ明日初日です。

みなさま、劇場でおまちしております。

DSC07836

DSC07921

IMG_1557

 

 

ヘッダ・ガーブレル
-ヘッダとテーア二人の女ー

詳細はこちらへ

2015年9月13日〜28日

                        劇団俳優座5F稽古場(六本木)

◆作:ヘンリック・イプセン
◆演出:堀越大史
◆出演:田野聖子 荒木真有美 加藤頼 青山眉子 松本潤子 河内浩 谷部央年

劇団俳優座5F稽古場(六本木) 
前売開始8月3日 
(全席指定・税込)
一般5400円 学生3780円

 劇団俳優座 03-3450-4743/03-3470-2888

公演スケジュール:売切日も戻りチケットがある可能性ありです。当日券もでますのでお問い合わせください。
9月13日(日)14:00~
      14日(月)19:00~
      15日(火)14:00~
      16日(水)14:00~
      17日(木)14:00~
      18日(金)19:00~
      19日(土)14:00~
      20日(日)14:00~
      21日(月祝)14:00~
      22日(火祝)14:00~
      23日(水祝)14:00~
      24日(木)19:00~
      25日(金)14:00~
      26日(土)19:00~
      27日(日)14:00~
      28日(月)14:00~

この記事にコメントする

テーアな真有美ちゃん。

ついに舞台稽古が始まります。
照明が入り、セットも完成し…ずっと稽古でしていたこの空間がガラリとヘッダの世界に入ってきました。
稽古とはイメージが全く違うところもあり…板に立っていても不思議です。幕切れも、これで終わり?! という感じ…どんな作品になるのかまだ全貌わからず…です。笑
劇場ではなく稽古場での公演だからこそ、スタッフさんの苦労も大きく底力を感じます。

さて、役者紹介、トリを飾るのはこの人。
「ヘッダとテーア」のテーアことエルヴステード夫人を演じるのは荒木真有美ちゃん。
IMG_1497
真有美ちゃんとは「ナイン」で共演しましたが、実はあの時はほとんど会話らしい会話は交わさない役。
今回はほぼ初共演といっても過言ではありません。

正直、後輩ながらこんなに信頼おけるしっかりした女優さんはなかなかいません。
どの役を演じても、この人がキャスティングされていれば間違いない!という感じです。
なので、私もテーアとのシーンは本当に毎回任せっぱなしなんです。

今回は副題にもあるように「二人の女」です。
行動してしまった女テーアは演出家にとって思い入れがあり、今まで演じられてきたテーアとは違う存在感を打ち出しています。
物語全編を通して本音を出さずいつも仮面をかぶっているようなヘッダとは逆に、あんなに感情やいろんな面をむき出しにできる真有美テーアは素敵だなぁと思いながらいつも対峙しています。
私もこの作品を読んだ時に普通の作家ならテーアの主役にして本を書くだろうなと思った役でした。貞淑でありながら世間の目も気にせずうちを出てきたテーアこそヒロインの王道を行く役…、それがいつも退屈しているヘッダをヒロインにするところがイプセンの面白さなのかもしれませんね。
他の作品でも主演を演じてきた真有美ちゃんがもう一人の女性テーアを演じているからこそ、芯が通るような気がします。
今回、複雑でいろんな面を見せるテーアがキラキラ輝くことがヘッダを生かす鍵になり、また本心を見せないヘッダがごく普通でいることがテーアを生かす鍵になるのではないでしょうか。二人でこの作品を支えていけたらいいな。

真有美テーアに乞うご期待!

…それにしても「エルヴステードさん」は「レーヴボルグ」と次ぐ言いにくさ…
どっちの名前も連呼する私は…つらい…

ヘッダ・ガーブレル
-ヘッダとテーア二人の女ー

詳細はこちらへ

2015年9月13日〜28日

                        劇団俳優座5F稽古場(六本木)

◆作:ヘンリック・イプセン
◆演出:堀越大史
◆出演:田野聖子 荒木真有美 加藤頼 青山眉子 松本潤子 河内浩 谷部央年

劇団俳優座5F稽古場(六本木) 
前売開始8月3日 
(全席指定・税込)
一般5400円 学生3780円

 劇団俳優座 03-3450-4743/03-3470-2888

公演スケジュール:売切の日もキャンセルが出ている場合もあります。お問い合わせください。
9月13日(日)14:00~(売切)
      14日(月)19:00~(売切)
      15日(火)14:00~(売切)
      16日(水)14:00~(売切)
      17日(木)14:00~(売切)
      18日(金)19:00~
      19日(土)14:00~(売切)
      20日(日)14:00~(売切)
      21日(月祝)14:00~
      22日(火祝)14:00~
      23日(水祝)14:00~
      24日(木)19:00~
      25日(金)14:00~
      26日(土)19:00~
      27日(日)14:00~(売切)
      28日(月)14:00~

この記事にコメントする

ヨルゲンな頼くん。

加藤頼くんは、今回の私の旦那さま。
初共演です!
IMG_1535

過去のほとんどの舞台で主役を演じてきた頼くん。
演出家があえてこの役に頼くんをキャスティングしたかったのがすごくよくわかる。
テスマンの役はヘッダの全ての退屈やイライラの根元を担い、しかもその人物が軽やかでチャーミングじゃなくてはいけない…その上、テスマン一人が舞台の空気を明るくしてくれる…のに、あまりはしゃぎすぎてはいけない…わお、一見何気なく見えてとても難しい役。
でもさすが、頼くんが演じるとふわっと空気が変わるんですよね。ほとんどの役が何かを抱えている中、頼テスマンの愛らしさはこの芝居の華となってくれています。

実際の頼くんは、めっちゃ好青年です。
業界のいろんな方々に愛されているのがとてもよくわかる人柄。
どんなに仲良しでも少しでも先輩なら丁寧な敬語で話し、しかもユーモアもきいてそのバランス感覚がとてもいい。
そしてなにより、芝居に対してとても熱くまっすぐな志を持っているので気持ちがいいのです。

私はいままで話したこともないくらいでしたが、初共演の今回、とても心地よく芝居をさせてもらってます…あ…ヘッダとしては心地よく感じてはダメなのか。笑
演出家に「仲が良すぎる」というダメが出たときは二人で「普段の仲良さがでちゃったね〜」と冗談を言い合いました。

今まで二枚目ばかりだった頼くんがテスマンというのがまたいいんですよね。
頼ファンには、いままでとは違う頼くんの一面が見えるのではないでしょうか。お楽しみに!

さて、今日で稽古は終わり、いよいよ照明が入り…初日を迎える準備に入っていきます。
スタッフさん、そして仕込み班のみなさん…お疲れの中ありがとうございます。

ヘッダ・ガーブレル
-ヘッダとテーア二人の女ー

詳細はこちらへ

2015年9月13日〜28日

                        劇団俳優座5F稽古場(六本木)

◆作:ヘンリック・イプセン
◆演出:堀越大史
◆出演:田野聖子 荒木真有美 加藤頼 青山眉子 松本潤子 河内浩 谷部央年

劇団俳優座5F稽古場(六本木) 
前売開始8月3日 
(全席指定・税込)
一般5400円 学生3780円

 劇団俳優座 03-3450-4743/03-3470-2888

公演スケジュール:
9月13日(日)14:00~
      14日(月)19:00~(売切)
      15日(火)14:00~(売切)
      16日(水)14:00~(売切)
      17日(木)14:00~(売切)
      18日(金)19:00~
      19日(土)14:00~(売切)
      20日(日)14:00~(売切)
      21日(月祝)14:00~
      22日(火祝)14:00~
      23日(水祝)14:00~
      24日(木)19:00~
      25日(金)14:00~
      26日(土)19:00~
      27日(日)14:00~(売切)
      28日(月)14:00~

この記事にコメントする

ユールおばさんな眉子さん。

俳優座70周年の去年は、” THE青山眉子祭り”でした!
本公演、ラボ公演に連続で眉子さんが出演、それもほぼ主演。
大活躍の眉子さん。

IMG_1483

みてください、このにこやかな眉子スマイル!
この笑顔一つで周りがパーーーッと華やかになります。

この眉子さん…魔女疑惑がありです。
だってだって、私が初舞台「カラマーゾフの兄弟」でご一緒させていただいてから20年以上、ち〜っとも変わっていないんです!
俳優座の先輩はその年齢を全く感じさせないパワーとオーラを持っている女優さんばかりですが、眉子さんはその筆頭ですね。
眉子さんにしか出せない独特な空気感があり、舞台に出るだけでみんながその空気に包まれる…本当に唯一無二の女優さんです。

そんな眉子さん、今回はテスマンのおばさまを演じます。
ヘッダに向けられるキラキラした瞳にいつもタジタジになる私です。
こんな人のいいおばさんを…ヘッダったら…
 すみません、ユールおばさん。

さて、稽古はあと一日を残すのみ。
少しでも集中力を欠いたり、方向がずれると、繊細だからこそ世界がズタズタになってしまう…そんな恐ろしさも経験し…
自分がどうやりたいかなどはなく、ただただ舞台上で存在するだけ、そしてそこに起こることを素直に体験するだけ。
そうやって舞台に臨むのみです。
演出家とスタッフ、そして共演者たちを信じて…

 

ヘッダ・ガーブレル
-ヘッダとテーア二人の女ー

詳細はこちらへ

2015年9月13日〜28日

                        劇団俳優座5F稽古場(六本木)

◆作:ヘンリック・イプセン
◆演出:堀越大史
◆出演:田野聖子 荒木真有美 加藤頼 青山眉子 松本潤子 河内浩 谷部央年

劇団俳優座5F稽古場(六本木) 
前売開始8月3日 
(全席指定・税込)
一般5400円 学生3780円

 劇団俳優座 03-3450-4743/03-3470-2888

公演スケジュール:
9月13日(日)14:00~
      14日(月)19:00~(売切)
      15日(火)14:00~(売切)
      16日(水)14:00~(売切)
      17日(木)14:00~(売切)
      18日(金)19:00~
      19日(土)14:00~(売切)
      20日(日)14:00~(売切)
      21日(月祝)14:00~
      22日(火祝)14:00~
      23日(水祝)14:00~
      24日(木)19:00~
      25日(金)14:00~
      26日(土)19:00~
      27日(日)14:00~(売切)
      28日(月)14:00~

この記事にコメントする

ブラックな河内さん。

この頃、新聞やメディアに公演のことが紹介され始めました。
初日が近づいている感じがします…。
こちらもどうぞ!

さて、今日はもうおなじみ、河内浩さん。
河内さん…といえば、俳優座の本公演、どの公演にも出演している印象です。
それだけ、河内さんと舞台を作りたがる演出家が多いんですよね。

人気の理由は…芝居はもちろんですが、人柄のよさ!
みんな大好き河内さん!
お酒が一滴も飲めなくても、誰かが飲みに行くと毎回最後までお付き合いする驚異のいい人。
その上、とーってもインテリ!私も理解できないことがあればよく河内さんを頼ってしまいます。
我が座の良心、それが河内さんなんです。
IMG_1532

私は研究2年生の発表会でゲスト出演してもらって以来、本公演でも何度も共演してきましたが、こんなにガッツリと二人きりで芝居をするのは…初めてかも?そう、河内さん演じるブラック判事とのシーンがなんと多いことか!
稽古の集中し過ぎてだんだん朦朧としてくると…いまが何回目のブラック判事とのシーンだか…分からなくなるほどです。笑

その名の通り、ブラックなのか…はたまたホワイトなのか…この役は一筋縄ではいかない役。
めちゃくちゃ人のいい河内さんがこの役にキャスティングというのも今回の見どころの一つですね。

ヘッダ・ガーブレル
-ヘッダとテーア二人の女ー

詳細はこちらへ

2015年9月13日〜28日

                        劇団俳優座5F稽古場(六本木)

◆作:ヘンリック・イプセン
◆演出:堀越大史
◆出演:田野聖子 荒木真有美 加藤頼 青山眉子 松本潤子 河内浩 谷部央年

劇団俳優座5F稽古場(六本木) 
前売開始8月3日 
(全席指定・税込)
一般5400円 学生3780円

 劇団俳優座 03-3450-4743/03-3470-2888

公演スケジュール:
9月13日(日)14:00~
      14日(月)19:00~(売切)
      15日(火)14:00~(売切)
      16日(水)14:00~(売切)
      17日(木)14:00~(売切)
      18日(金)19:00~
      19日(土)14:00~(売切)
      20日(日)14:00~(売切)
      21日(月祝)14:00~
      22日(火祝)14:00~
      23日(水祝)14:00~
      24日(木)19:00~
      25日(金)14:00~
      26日(土)19:00~
      27日(日)14:00~(売切)
      28日(月)14:00~

この記事にコメントする

このページの先頭へ