ブログ

June 2011

体調管理。

5月にえぐった右腿…、やっと体液もでなくなり落ち着いてきました。

うーん、10日で完治!と思っていましたが、想像以上に長く時間がかかってしまいました。
これは…
怪我した翌日から稽古場で動き回っていたからでしょうか、
 それとも、ジャスフォーだからでしょうか。
ま、ともかく、今までキズパワーパットのお世話になっていましたが、今日からは普通の絆創膏で保護しています。
…とまぁ、傷は治ったのですが、
初日が始まるちょい前から、2年ぶりに蕁麻疹が〜〜〜!!!
いえいえ、前回は首までビッチリ全身蕁麻疹に覆われて、見るも無惨な恐ろしい姿になっていましたが、今回はそんなひどくありません。
でも、いつもどこかが痒くて、そこには必ず蕁麻疹。
さすがにひどくなる前にと、出演がなかった今日病院に行ってきてお薬をもらってきました。
ついでにいつもお世話になっている声帯のお医者さまにも行ってきたところ、
「子供の公演だからこそ真剣勝負だね。記憶にいつまでも残るからね」
と先生に言われ、またまた気が引き締まった想いです。
まだまだ続く舞台。
体調に気をつけて、万全で行きましょう〜。

この記事にコメントする

記憶の中の…。

 今回の劇場は日比谷にある日生劇場。

小さい頃から母に連れられて舞台を観にきていた劇場、それが日生劇場。だからこの劇場は私にとって特別な劇場。
海底の様な不思議な曲線を描く壁や天井、キラキラと光るアコヤ貝、ピンクでふわふわの座席…その全てが私にとってこの世界への入り口だった気がします。
そして、この世界に入ってちょうど20年のこの年に初めて日生劇場の舞台に立つことが出来ました!
今までも大劇場出演は数あれど、どの劇場に出演した時よりも感慨深いです(笑)

この記事にコメントする

祝♪初日!

 ニッセイ名作劇場

劇団四季ファミリーミュージカル「雪ん子」
無事に開幕しました〜!
4月からの稽古を経て、本番です。
東京都内の小学校6年生をご招待するこの公演、初日の今日満席の小学生たち。
そういえば、私、子供たちだけの客席って初めてです。
どんな反応なのか…とドキドキしていたら、幕開けから歓声と拍手。
そして客席が集中している空気が舞台上まで伝わってきました。
子供たちの反応は素直です。嘘や偽りは通用しない。
だからこそ、カーテンコールでは元気いっぱいの手拍子は本当に嬉しかったです。
舞台上の私たちの方が子供たちから感動をもらっている様な気がします。
さて、7月12日まで毎日2回公演が続きます。
子供たちに笑顔を届けましょう♪

この記事にコメントする

このページの先頭へ