ブログ

April 2008

録り、撮り、鳥・・・・

今日は、鳥を求めてえっちらおっちら・・・。
撮影の寺田さんと房総半島まで行き、優雅に飛び、かつ竹富にいそうで、かつ飛鳥のイメージの・・・ってそんなのどこに飛んでるの〜〜〜〜!?
ひたすら、鳥を追い求めた一日でした。
スチール写真とカメラの両方から狙わなくてはならないので、カメラマンは大変。
私?はい、今日は監督というよりも、撮影助手のような気持ちでした。
かなりヘタれの撮影助手で、あまり役には立たなかったと思うけど・・・。
とりあえず、イメージに合う鳥は難しかったんですが、イメージに合うようなカットは撮れました。まだ諦めませんよ〜。理想は高く!再度、チャレンジする予定。
・・・いつ?????

この記事にコメントする

花いちもんめ

あああ、
映画の撮影をやっている間に、刻一刻と日にちが迫っています。
NYの公演はトシさんという熱くて素敵なプロデューサーがいます。
ひと目お会いした時から、彼の持つパワーとオーラに惹かれました。
ご自分もキャバレーショーをやったりする表現者でもあるので、心強く、NY公演に関しては何も心配していません・・・が、大変なのは東京公演。
自主公演になるので、全て自分でやらなくてはなりません・・・。
でも・・・
まだ、何も動いていない!
そんなわけで、専用HPのみですが・・・
軽く告知です。
ススムさん企画「花いちもんめ」サイト
5月10日チケット発売開始です。
ぜひいらしてください。

この記事にコメントする

新しい生命・・・

ついに・・・私・・・おばさんになりました!
新しい小さな生命はとても力強く、愛らしく、可愛い。
聖子”姉ちゃん”は、君の前途洋々たる未来を楽しみにしているよ!

両家の親が、「わが子の生まれた時にそっくり」と言っているのが、また微笑ましい幸せですね。
そして、父親となった弟は看護婦さんにまで苦笑される親バカぶり・・・
これもまた幸せの姿♪

この記事にコメントする

キャスト、スタッフ・・・

さて、今回の撮影は、天気に恵まれ無事に全ての撮影を終えることができました。
前回の「のりかま」にも驚きましたが、今回も驚愕のお天気!
ほぼ雨だった予報が覆され、ほとんどお天気に・・・!この組はお天気の神様に愛されていますね。
そのかわり、南国の強い日差しの中、キャストのみなさんには過酷スケジュールで頑張ってもらいました。毎日クタクタだったことでしょう・・・。
最後の日、主演の松本加奈子ちゃんが自分の歌をみんなに披露。

彼女の歌声は生き生きして、さわやかです。もうすぐCDも出るので応援してあげてください。まっすぐで真剣で、いつも一生懸命な彼女の心が伝わってきます。
撮影中は、出ずっぱりで体力的にも精神的にも大変だったことでしょう。
でも弱音を吐かず頑張ってくれました。おつかれさま!
初日からとにかく走ってもらった島袋さん。
最初のシーンの撮影では、ずっと強い日差しの下で見学。
そのため、誰よりも早く、真っ赤に・・・体力が続くか心配してしまいました。

そして9日には撮影を終え、13日のロンドンマラソンに向け旅立っていきました。
今日だね!応援しましょう。
カメラマンの稲田美織さん。
彼女の持つ独特の空気感は神に愛された人なんだと感じます。
何よりも彼女自身が神を信じ、敬い、そして伝える・・・そんな使命を持った人なんですよね。
今回は慣れない中、彼女はマイペースに関わってくれました。
彼女のお陰で撮影の空気がかなり変わったと思います。
スタッフは、前回の「のりかま」のメンバー大集合です。
撮影部の寺田さんと助手の本田さん
もう完全にこの2人とはファミリーですね!実景撮影も3人でよく歩き回りました(笑)

特に寺田さんには撮影の際にいつも助けてもらっています。
本当にありがとうございます。
録音部は廣木さんと鈴木さん
穏やかチームで、ほのぼの・・・♪

廣木さんのいう優しい一言が結構心に染みるんですよね〜。
そして今回助監督として大活躍。私の友人とべっちこと戸辺くん。

彼は東京乾電池の役者さんですが、以前共演した縁で今でも仲良しの友人です。
今回は、快く助監督を引き受けてくれましたが・・・とにかくよく動き、大活躍でした。
純真な彼のたたずまいが島のお姉さま方にも大人気!
今回はちらっと役者としても出演してもらっています。
そんな素敵な仲間に囲まれて、私は幸せでした。
ありがとう。

この記事にコメントする

うつぐみの島の愛する人々・・・

竹富島での撮影が無事に終わり、帰ってまいりました。
本当に本当に、様々の経験と想いが溢れていた撮影でした。
竹富島には「うつぐみ」という言葉があります。
みんなで協力し、団結する・・・でも、それだけではありません。
人を愛し、神々を敬い、互いを尊重する・・・その中から共存して育んでいく・・・。
たった一週間しかいることができなかったけど、私たち撮影隊が感じたことは大きく、人と人とが生きていく上での原点を感じました。
本当に特別な島ですね。
まずは、とにかく、島の方々のご協力がなくては何もできません。
宿泊兼スタッフルームを全面的に貸してくださった大山ご夫妻。
毎日、弁当や外食では寂しいだろうと、台所に立ってくれた京子さんとなみよさん、そして打ち入りで手伝ってくださったたくさんのみなさん。
お餅やサーターアンダーギーを差し入れてくれた高那旅館の女将さん。
私たちがいくと美味しいサーターアンダーギーとポーポー、そしておまけをくれ、雨のシーンで全面的にお店を開放してくれた、カツコおばちゃん。私たちスタッフも時間があれば入り浸り。

店内のシーンで営業中にもかかわらず撮影を許可してくれ、その上、お客さんのさばきを従業員でやってくれた宏さんとなおこさん、そして竹の子のみなさん。
宴会シーンでの三線演奏、そして打ち上げで素晴らしい歌と音楽を披露してくれた竹の子バンドのみなさん。最高の打ち上げの夜・・・。

(竹の子HPはこちらへ)
ロケハンから付き合ってくれ、みんなとの仲介をやってくれた飯田さん。
朝一番から掃除のシーンで協力してくれた千代おばあ。
撮影中、しょっちゅう工事を止めてくれた建設作業員のみなさん、バスのエンジン音、フェリーのエンジン音も快く切ってくださったお仕事中のみなさん、急に寄ったお宅でお花やシーサーを撮らせてくれたみなさん・・・・
それからそれから・・・
あー、書ききれないくらいたくさんの方々の愛があふれた撮影!
感謝感謝です。
誰一人として嫌な顔をせず、みなさんが協力してくださったこの撮影は竹富島ならではのうつぐみの心が溢れていました。
そして、
いきなり撮影当日スカウトして出演してくれた、ヨシおばあ。
可愛い笑顔とあの素朴な口調に癒されました。
宴会シーンでのヨシおばあの唄と踊りは最高!その上、私はその場で「この台詞を言ってくれ」と追加しちゃったのにやってくれた、度胸の良さにはびっくりしちゃいました。
最高です。ありがとう。
いつもハイビスカスティーをごちそうしてくれ、唄を唄い、踊りを踊ってくれたまっちゃんおばあ。ウシおばあ役として、出演してくれ「私、涙が出てきたよ・・・。」と飛鳥役のかなちゃんを見ながら流した涙は忘れません。
こちらが送った歌を覚えて、何度も何度も寒い夕方に浜で歌ってくれた唄声は心に染みました。本当にありがとう。
まっちゃんおばあ、ヨシおばあ、千代おばあが、私たちがフェリーで島を出ていく時に唄を唄いながらずっと見送ってくれました。3人がいつまでもいつまでも大きく必死で手を振ってくれている姿に心が深く揺さぶられました。3人が見えなくなるまでこっちもずっと手を振ってました。

サブロー役の篤さん。

もうすっかり「サブちゃん」として私たちの中でも大人気。
芝居中の演技だけではなく、一週間毎日毎日、いつも気にして関わってくれてありがとう。誰よりもみんなに心を配り、笑いに変えながら場を盛り上げてくれたサブちゃんの優しさと温かさは全員が感じていました。
私、ロケハンのときに篤さんと何度も出会えたのは本当に縁だと感じています。
出会えて幸せでした。スカウトしてよかった!ありがとう。
そしてケン役の翼君。

小学校でのオーディションで翼君に会った時は、しっかりしてるけど、はにかんだシャイな笑顔がとても印象的でした。
土日の週末から、毎日毎日、学校が終わった放課後、参加をしてくれました。
みんなの中でしっかり芝居をして、何度も繰り返し行われるリハーサルにも文句も言わず、そして何よりもみんなの中で楽しそうにいてくれて、みんなの心が和みました。
みんな、ケン坊が大好きだよ!
最後の撮影が終わったとき、海の中に石をたくさん沈め「みんなを、海に沈めたよ。」というので「なんで?」と聞いたら、「みんなの気持ちをここに置いておくんだよ。」と教えてくれたこと、忘れません。
思わず抱きしめちゃいました(笑)
一週間遊びたいのに我慢して頑張ったね!本当にありがとう。
みなさんの心をのせて、これから編集に入ります。
まだ気持ちはずっとそちらにいます!
うつぐみの島、竹富島・・・。
ありがとう!!!!
島のみんながいつも笑顔で幸せでいられますように・・・。

この記事にコメントする

Archive

このページの先頭へ