Home ブログ 2003年

ブログ

2003

8/24

今最も気になるTV番組、それは・・・

「ポペティ」

ご覧になったことがあるだろうか?
きっと子供をお持ちのお母様なら観ていることだろう。

私が「ポペティ」と出会ったのは、やはり子供がいる友達のうちに遊びにいったときのこと。
話しながらもず~っと流れているNHK3チャンネル(教育TV)。

3歳になった彼女はTV番組に合わせて機嫌よく踊っている。
・・・たまには彼女に注目しないと「2人ともおしゃべりばかりしちゃぁ、いけましぇんっ!」と怒られる。

そんな中静かに始まった「ポペティ」

いや~、見事だな・・・ポペティはお医者さんになったり、絵描きになったり・・・
そして、その一つ一つの動きが、正にエンターテイメント!
「芸術」とは言いたくない、エンターテイメント!
こんなにも人を楽しませてくれるとは。

私も釘付け、3歳の彼女も釘付け・・・母親である友人は・・・慣れっこでしゃべっていたが・・・。

何時なのかな~?
多分平日の17:00前後、5分くらいの番組だったと思う。

ぜひぜひぜひ、観てほしい!

この記事にコメントする

8/20

先日、電車の中ですごいものと遭遇した・・・。

あ、今日の話題はあまり品のいいことではないので、食事中(?)の方、嫌な気持ちになりたくない方はご遠慮願いたい。

電車の中、通路のど真ん中に・・・
うん○があった!!!!

たしかに電車に乗ってすぐ、何か変な空気が流れていた・・・。
誰かがオナラしたのかな~?と思う匂いもしていたし、乗客の隣の車両への大移動が始まっていた。
私も最初は気づかなかったが、大移動が終わったころ私の位置からもうん○が見えたのだ。
コンモリと・・・しかも、ものすごい量!

私もあまりの異臭に隣の車両に逃げ込むことになるのだが・・・一瞬でいろいろ思いめぐった!

一体、誰が、いつ、どういう状況で、あそこにうん○をしたのだろうか???
一体、どういうことだっ????
誰も止められなかったのか??????
そしてその人はその後どうしたのか?????????

謎が謎を呼ぶ状況・・・。
犬・・・ではあるまい、電車の中だから。

そして、いつまでうん○はそこにあったのだろう?????????????

暖房の季節ではなかったのがせめてもの救い、とでも言おうか・・・。

この記事にコメントする

8/12

ガラスのグラスに氷を浮かべた飲み物って好き!

あのカラカラした氷の音を聞くと夏だなーと思う。
缶ジュースでもお茶でもなんでもいい。
一手間惜しまず、グラスに氷を入れてみて!

そして最後まで飲み干したあと、わざと氷をカランカラン鳴らすのをお忘れなく・・・

 

この記事にコメントする

8/10

今日、浴衣姿のめちゃくちゃ格好いいオヤジさんを見た!

正に菅原文太ばり!
白髪まじりの角刈りの頭に着流し浴衣。
団扇を片手に持ち、もう片方は手ぶら・・・そして大またでゆったりと歩く。

このごろ浴衣姿の若者たちが増えたようで、嬉しく感じる。
でもこういう粋な着方はなかなか出来ない。
「最近の若者は浴衣の着方も知らないで・・・」とは思わない。
ファッションは時代によって変わっていくもの。
いいいんじゃない?ミニにしても、サンダルを掃いても。

でもやっぱり、いいな~と思わせてくれるのは昔ながら着物の楽しみ方を知ってる方。
そして、自分もそうなりたい、と願う。

それにしても、今日のオヤジさんは格好よかったなー。
考えれば今日浴衣姿が多かったのは花火大会が行われるから・・・?
と、すると、あのオヤジさんも東京湾花火大会に行くのだろうか?

海に花火に着流し浴衣・・・
う~ん、これぞ日本の夏っ!

この記事にコメントする

7/21

ある朝、壁に見たこともない不思議な形の虫を発見!

薄いピンク色で、丸く足が異様に細く、壁にへばりついていた。
そしてたまに、のそのそと壁を這う。
あまり恐怖を感じない大きさだったので、私はずっと観察をしていた。

・・・この虫・・・どこかで見たことあるけど・・・???

私は飛ばない虫や動きが早くない虫にはかなり寛大である。
そのわけ?
1歩動けば距離がすぐ出来るから・・・。
飛んだり動きが早いと、いつ攻撃されるか分からず、例え小さな虫でも叫んでしまう。

十分その虫の不思議さを観察した後、可哀想だけど・・・・ティッシュでつまんだ。
すると・・・

うわっ!
ティッシュが真っ赤に染まり始めた!

なんとその虫は私の血をたらふく吸った蚊だった・・・
どうりで綺麗なピンク色のはずだ。
どうりでお腹が丸かったはずだ。
どうりで飛べなかったはずだ。
信じられない量の血・・・・・。

それにしても・・・私の血で変形し、動けなくなった蚊。
こんなに吸われて何も気づかなかった私って・・・

 

この記事にコメントする

このページの先頭へ