ブログ

work

命と愛に包まれるライブなのです。

明日17時からのペイント&朗読ライブ「虔十公園林」

本日、打合せとリハが行われ、絵描きの末吉陽子さんと初対面でした。
…といっても、なぜか昔から知ってるような不思議な雰囲気。
柔らかい空気の中、彼女のアーティストとしての感性がビシビシ伝わってきて心地よい時間でした。

末吉さんの作品には命があります。
絵本「虔十公園林」の挿絵の原画が展示されていますが、電熱ペンを使って木の板を焦がして描くウッドバーニングという手法。
IMG_0791
その絵のイメージにあった木目の板を選んで、それを生かして作品を創る。
それこそ末吉さんの世界。
その原画一つ一つの木の温もりがそのまま、絵本に投影されています。

明日は、実際、朗読と同時に末吉さんがライブペイントとして絵を書き進めてくれます。
お互い初めての経験で、呼吸を感じながらシンクロしたときはなんとも言えない心地よさ!
きっと観にきてくださる方々も楽しんでくださることでしょう。

実は超少人数のライブということで、
末吉さんのファンの方を中心にと思っていたため、
私はあまり宣伝もせず、お断りした方もいるのですが…

これは!ぜひ!
観て欲しい!!!

末吉さんのライブペイントを!
 そして、
budoriを始め関わったスタッフみなさんの、愛あるこの活動を!

出来上がった絵本、実は私は今日初めて実際手にしたのですが…本当に本当にステキ!
みなさんにも、この思いがこもった絵本をどうか読んで欲しいと思います。
IMG_0790

イベントは明日なので、今更遅いかもしれませんが…
もし17時からふらっと立ち寄れる方がいらっしゃいましたら遊びにいらしてください。
私にご連絡くださっても、もしくは下記のサイトで申し込んでも大丈夫です。

お待ちしております。

***********************************
絵と声で読む「虔十公園林」 
宮沢賢治作
5月31日(土)17:00〜19:00
先着20名さま
料金:絵本の購入が入場料になります(税込¥1,944 )
場所: KINOヘや (都営新宿線岩本町5分/ JR秋葉原8分/JR神田10分)
〒101-0032 東京都千代田区岩本町2-11-9 イトーピア橋本ビル8F

詳細&お申し込みはこちらへ。

 



この記事にコメントする

賢治作品は心象のスケッチです。

鈴木聡氏から宮沢賢治氏の世界へひとっとび!

5月31日、朗読をしちゃいます。
これは21日から始まっている絵本展のクロージングイベント。
なんと…絵本の”絵”を担当する末吉陽子さんが朗読にあわせてライブでペイントしてくれる…ようです。末吉さんの絵は本当に優しくってステキ。
どんなイベントになるのか…私もまだ全然分かっていません。笑
だから当日何が起きるのか、私自身も本当に楽しみなのです。
20名限定イベントなので、アットホームで柔らかい雰囲気のイベントになればいいな。

宮沢賢治作「虔十公園林」
この作品、最初読んだ時、涙がポロポロ流れ落ちました。
絵と声で紡ぐ宮沢賢治の独特な世界をお楽しみください。

***********************************
絵と声で読む「虔十公園林」 
宮沢賢治作
5月31日(土)17:00〜19:00
先着20名さま
料金:絵本の購入が入場料になります(¥1,944 税込)
場所: KINOヘや 〒101-0032 東京都千代田区岩本町2-11-9 イトーピア橋本ビル8F

詳細&お申し込みはこちらへ。

 

この記事にコメントする

誘惑の甘いワナ。

稽古は抜けさせてもらい映画の撮影でした。

役者の仕事の一つに「待ち時間」があります。
今日も今日とて自分の出番をひたすら待ちます。
いえいえ、いいのです、そんなのは平気♪

唯一恐ろしいことは…

お菓子やらたこ焼きやらおにぎりやらお弁当やら…
スタッフさん気遣いの美味しいモノの山!
あああ〜、私を誘惑しないで〜。笑
その上、
スタッフさんから可愛いドーナツを頂きました。
P1020683

どれも美味しゅう頂きました。

今日で私の出番は一段落。
でも撮影はまだ続きますよね。
スタッフ、キャストのみなさん、頑張ってください♪
編集に定評のある監督。
出来上がりを楽しみにしております。

この記事にコメントする

不屈の名作。

またまた友人から聞いて初めて知りました。81DwQQB8NBL._AA1277_

10年以上前に収録したフランスTVシリーズ「レ・ミゼラブル」
NHKで放送されて以来…長い時を経て…
DVD BOXが 発売され…てました!!!

   去年。笑

まだ吹き替えを始めたばかりの私、
シャルロット・ゲンズブール(ファンティーヌ役)を当てています。
ドパルデューやマルコビッチなど素晴らしい俳優陣で丁寧に作られた、これぞ、レ・ミゼラブル!
…ああ、誰も歌いませんのであしからず。
日本の声優陣も豪華であります。

ぜひぜひ、”ご購入”ください。
そう、レンタルにはなってないらしいです。
 ざ〜んねん。

レ・ミゼラブル TVシリーズ完全版 DVD-BOX 

この記事にコメントする

老若撮影。

今日は映画の撮影でした。

若手ミュージシャン、カネコアヤノさんが主演のこの映画。
彼女にとって初めての映画、しかも撮影初日、しかもしかも、ラストシーン近くからの撮影…
色々なことがプレッシャーになりそうですが、彼女は怖さ知らず!
いつも変わらず飄々としている様に若さを感じました。
きっとクランクアップの日には女優の顔に変わっていることでしょうね。

監督は2013PFFグランプリの市川監督。
想像を超えたカメラアングルだったりするので、編集でどうなるのか早く観たいものです。
この新しい才能が今後どのように映画界に進出して行くのか、これからの市川監督にご注目を!

1035147040675

おばあちゃま役はNY在住の実業家Katsuko Suzukiさん。
実はこの作品が念願の女優デビュー!

オールアップの前に家族写真を撮らせていただきました。
カネコアヤノさんとKatsuko Suzukiさん、そして私。
親子三世代にみえるかしら。

とはいっても、ほんわりお気楽なだけの撮影ではなく…

クランクインでもあった初日は盛り沢山。
集合から解散まで17時間以上現場にこもりっきり!
初日から日付変わっちゃったよ〜 ららら〜
スタッフのみなさん、過酷な撮影日程でしょうが頑張ってください!
撮影は始まったばかり。私のシーンもまだ続きます。

そんなこんな撮影三昧の10日感を終え、明日からいよいよ墓友の稽古に突入!
次は俳優座稽古場からのレポートになるでしょう。
お楽しみに!

この記事にコメントする

このページの先頭へ