ブログ

work

新しい現場へ。

墓友が終わり…毎日顔を合わせていた座組のみんなとパッタリ顔を合わさなくなったら…ちょっぴりさびしんぼうになりました。笑

でも、身体はすでに新しい現場へ赴いています。
今回は初体験…オペラの現場です。

NISSAY OPERA 2017「ラ・ボエーム」laboheme

もちろんもちろん私が歌うわけはなく…出演もせず…今回はセリフ部分の指導としてスタッフ側で入っています。舞台の現場にスタッフ側としてはいるのは初めてのこと。なんとなく、演出家、劇場監督さん、制作部さんと打ち合わせしている自分が不思議な感じがしています。
実際のお稽古は来週から。
第一線で活躍なさっているオペラ歌手のみなさんのセリフを聞くのが今から楽しみであります。

東京での一般公演は2日間のみ。ご興味がある方はぜひ!
学生のみなさんにもオススメの作品です。

NISSAY OPERA 2017

プッチーニ作曲 オペラ『ラ・ボエーム』全4幕
(宮本益光新訳による日本語上演)
公式サイトはこちらへ

指揮:園田 隆一郎
演出:伊香 修吾
管弦楽:新日本フィルハーモニー交響楽団

日生劇場にて

【日程】
2017年6月18日(日)13:30開演/ 6月24日(土)13:30開演

 

 

この記事にコメントする

んは大切です。

先日のアテレコの現場。今まで何回かお邪魔した連続ドラマにゲスト出演しました。

何回やっても録音現場は緊張します。
特にレギュラーではなくゲストの場合、ディレクターのイメージが現場に行かないとわからないのでいつもドキドキです。

それはそうと、

その現場で
ディレクターがレギュラー陣に「またハニワがでましたね!」と笑いながらダメ出ししていました。

ん?
ハニワ?はにわ?埴輪?
でも、これってFBIもの…埴輪は関係ないけど???

答えは、「犯人は」でした。
そう、”ん”を抜かすと面白いことになるんですよね。
ディレクターは楽しそうに「埴輪だけじゃなく、毛ガニや漁師もよく出るんですよ〜」と

おー、なるほど、「怪我人」と「両親」ですね。

そして新たにその現場で「換気した」という名言も出ました。
こちら正解は「監禁した」です。笑

ん。
たかが ”ん”。されど”ん”。
それだけでは意味をなさない唯一の音だけど、世界中の言語にきっとある大切な音。

これから”ん” をちゃんと愛してあげましょう。ん!

この記事にコメントする

探してください。

Panasonic「ふだんプレミアム#11」
公式サイトはこちらへ

ちょこっとだけ…本当にちょこっとだけ出演しています。
わかりますか?笑

この撮影の時はニュースになる程の急な大雨。
しかし…撮影を終えて外に出たら、雨がピタッと…晴れ女健在です!

このシリーズたくさんあって、どれも空気感が素敵です。
ハウススタジオも美術さんによって優しい空間に仕上げられていました。
#11以外もご覧ください。

この記事にコメントする

“その前に” 祭。

ヘッダの稽古が始まる”前に”…

今年もまた世界中から集まる60人の子供と真剣に向き合う8日間が始まります。
今回は初めての場所で初めての子供たちも多く、そして私自身がやったことのない作品に挑戦。
この数カ月はこの作品とヘッダを行ったり来たりで、あまりに違う世界観に分裂状態を起こしていました。笑
でもこの真逆な世界もきっと秋につながることでしょう。そしてこのタイミングで子供と真剣勝負すること自体もヘッダにまた返って来る気がします。

そして今日はミステリオ&ヘッダの暑い夏に入る”前に”、最後の撮影でした。
ロケセットでの撮影の中、凄い豪雨に見舞われましたが、共演者4人がそれぞれ「あたし晴れ女」「ぼく、晴れ男です」「じゃ、大丈夫ですね、撮影終わる頃には上がるから。」と笑いながら言い合ってたところ…なんと撮影が終了する2分前にピタッと止みました。
4人のパワーが強すぎて、その後、ピーカン照りになってしまったほどです。笑

ともかく今日の撮影を終えて、これで心置きなく集中して二つの作品に取り組めますね。

で、ミステリオ出発”前に”出演情報。
先日吹き替えをした作品が8話一挙放送になります。
私は二話のゲストで出演。ご覧になれる方はぜひ!

「Xカンパニー 戦火のスパイたち」
ミステリー専門チャンネルAXNミステリーにて、日本独占初放送

 8/9(日)17:00〜深夜1:00 ※全8話一挙放送
 http://mystery.co.jp/program/xcompany/index_s01.html

この記事にコメントする

フィルムの空気感は格別。

出演したCMが公開になりました。

こちらからCM&メイキングがご覧になれます。
パナホーム ラシーネ研究所編

この現場…久々にフィルムで撮影した現場でした。

この頃よく聞く「テッチェン(テープチェンジ)」ではなく、「ロールチェンジ!」の声がなんとも嬉しく、そしてそのピリッとした空気感は心地いいものでした。

これは正に、CMではなくCFですね!笑
メイキングとともにお楽しみください。

 

この記事にコメントする

このページの先頭へ