Home ブログ work 感謝祭。

ブログ

感謝祭。

15年…

 というと、幼稚園児は成人になっちゃいます。
 すごい年月ですよね。

そんな15年も続いた海外ドラマの収録が昨年末最終回を迎えました。

「ER 緊急救命病室」

私は、中盤は毎回シーズンゲスト(患者側)で呼んでいただき、そして途中からはプラットの恋人オリヴィアの声を担当しました。
本当にね、すごい人数の声優さんたちがたった3本のマイクで声を吹き込むさまは、緊張感に包まれ、映像さながらの迫力。特に手術シーンなどは圧巻の収録でした。
ガヤと呼ばれる雑踏シーンの収録はER独特のグルグルガヤ。伝説が多く生まれています。

こんなすごい番組に少しでも関われたことが幸せでした。
経験も少なく、何も分からない私を毎回キャスティングしてくれたプロデューサー、ディレクターには感謝感謝です。
思い起こせば、劇団から言われて第1シーズンのオーディションを受けにいったのが声のお仕事のきっかけ。ERは落ちましたが、当時のプロデューサーが声を覚えていてくださってほかの番組のレギュラーにキャスティングしてくれたのが入り口です。
そこから、たくさんの役者さんたちと出会うことができました。

そんなERの打ち上げ?いえいえ、打ち上げではなく「大感謝祭」がホテルで行われました。
「感謝祭」というのが…ERらしい。
スタッフさんに、出演者に、そしてそこで支えてくれた普段お会いすることもない制作者たち…。すごい…規模です、はい。
そりゃそうですよね。
 3000人以上の声優さんが出演した化け物番組ですもの(笑)

15年の歴史は数時間では語り尽くせぬ積み重ねがあります。
ディレクターの佐藤さんが声を詰まらせると、
私も鼻の奥がツーンときてしまったよ…。

日本吹き替え版の歴史を変えたドラマ。
観ている方々、出演者、スタッフ…
 たくさんの人たちの人生を大きく変えた作品。

本当に本当にありがとう。ER!

3 Comment

  1. Mark より:

    ERすごいシリーズですね。
    あの吹き替えの妙技はチームワークのたまものと思います。
    かおりさんを知ったのもこの番組で、興味を持ってからお芝居などを見始め、Seikoさんとも知り合えるようになった最初のきっかけを作ってくれたのはここにあるのかも。
    このシリーズが終るのがさみしい一人です。

  2. seiko より:

    本当にすごい番組でした。
    このシリーズで日本の吹き替え版の歴史が変わりましたものね。
    私にとっては、節目節目に読んでいただき…本当に助けてもらった作品です。
    こうやってMarkさんに応援していただけるのもERが原点とは…すごいな〜ER!

  3. okada より:

    お元気そうですね
    そうでしたね アテレコ してらっしゃったんですよね
    あの番組 そんな登場人物が多いんですかね
    しかし15年ですか かなり長寿番組ですね
    一定以上の視聴率維持していた ということでしょうか
    ちなみに 「松田聖子」さんあてのメールは
    きませんか  笑 クックク
    ではまた

この記事へコメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

Recent Entries

このページの先頭へ