Home ブログ whisper 伝説を残し…旅立つ。

ブログ

伝説を残し…旅立つ。

本番前の最後の休み。
…本来ならば、これから始まる初日までの怒涛の日々に備え準備に当てるはずの本日、友人の告別式でした。


急な訃報が入ったのは二日前の稽古中。
稽古の休憩時間にその知らせを留守電で聞いた後、静かにそのスマホを封印し稽古場に戻りましたが、その後の稽古の記憶がありません。


急死です。くも膜下出血です。予兆なしです。

舞台のチケットも買ってくれていて、いつも鋭い観点で見てくれる彼女は今回の芝居をとても楽しみにしてくれていました。

だからこそ…
わけ分かんなくて…頭の中がぐちゃぐちゃでした。

彼女とは中学時代、毎日一緒にいました。
休日も一緒でした。
お互いに相手を主人公にした小説を書きあって毎日交換するという…そんな恥ずかしいこともしていました。
うちに泊まりにも来ました。

たくさん笑いました、喧嘩もしました。

亡くなる数日前、仲間内で食事をし、その時「身体にいいオーガニックタバコに変えたんだ」と自慢していたそうです。
彼女らしいです。
友人とその話をしながら大笑い、そして大泣きしました。

彼女は伝説をたくさん残した天才でした。
彼女の話をすると、笑いがそこここで起こります。
そんな天才はあちらにも早く呼ばれてしまうのですね。
…でも、でも、
もっともっと歳を重ねて、おばあちゃんになってからも個性的な言動で私たちを笑わせて欲しかった。
43歳は…早い…悔しいよ。

今回の芝居、
死の陰がそこここに散りばめられています。
彼女の死も抱きながら…明日からの稽古集中します。
きっと彼女はイプセンのこの世界、好きだったはずだから…。

稽古、残り4日。

 

p.s. 
FullSizeRender
この子は我が家の守り神になりそうです…去年彼女がプレゼントしてくれた子。
今朝はこの子に話しかけて家を出ました、彼女がここで笑ってくれてる感じがします。

4 Comment

  1. 仁です より:

    田野さん
    ありがとうございます。
    読んでいて涙でグシャグシャです。
    今、あかし にも読んであげました

    [田野さん舞台行けなくて、ゴメンね!でも絶対観てるから、頑張って成功を祈ってるよ!]

    そう言っていました。
    あかし の為にも素晴らしい舞台になるよう頑張って下さい。

    • seikotano seikotano より:

      門間さん、
      まだまだ現実感がなく信じられないのです。
      でも、ふとした時に朱ちゃんの顔がぐわーーーっと浮かんできちゃって…たまんない…。
      門間さんは大丈夫ですか、心配です。門間さんが朱ちゃんの分まで元気でいることが彼女の望みです。
      私たちは朱ちゃんでいつでも繋がっていますので何かあったらすぐに知らせてください。

  2. あかしの母 より:

    ありがとう、聖子さん。中学時代から才能あふれる聖子さんが、ちょっとマイペースなあかしと何で友だちでいてくれるのか、不思議に思いつつ、ずっと感謝していました。多くの友が告別に来てくれて、とてもとても嬉しかったです。さらに活躍されることを、あかしとともに応援しています。

    • seikotano seikotano より:

      朱ちゃんのお母さん、
      朱ちゃんは中学時代、夢を語り合った大事な大事な友人、私にとってはあんなに毎日過ごした友達はいないくらいの本当に深い存在でした。
      私の方が朱ちゃんにどんなに支えてもらっていたことか。
      私たち面々はこれからもずーっとおつきあいさせていただきます、朱ちゃんの分まで。
      昨日は、家でいろんなビデオをひっくり返して観ていました。映像は汚いのですがダビングしてお渡ししますね。中学の時のあの朱ちゃんがそこにいます。

      まだ悲しみは癒えないでしょうが、どうかお身体を壊されませんよう…ご慈愛ください。

この記事へコメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

Recent Entries

このページの先頭へ