Home ブログ trip お客様を信じます。

ブログ

お客様を信じます。


数年前、初めてドイツに行った時、不思議だな〜と思ったこと。
それは、電車のシステム。

だってね、
切符をチェックすることがないんだよ?!すごいと思いませんか?
改札もなければ、駅員が乗るときにチェックするわけでもない。
ただ乗って、目的駅で降りるだけ・・・。
だったら切符はどうするの?
って思うでしょう。
私もそう思いました。そんなの誰も買わないんじゃないかなぁって・・・。
それがね、みんなちゃんと買ってるんですよね。

それはたま〜〜〜に電車内に車掌さんが切符確認に来るから。
その際に切符がなかったら、40ユーロくらいとられるらしい。
だから、それを払うのが嫌だから、みんなちゃんと買ってるんだって。
えらいね。
でも、聞くところによると毎日乗っていても、車掌さんに遭遇するのは月に3〜4回らしい。
うーん、微妙な遭遇回数ですねぇぇぇ。

それどころか、叔父から連絡があり「セイコ、フランクフルトからICE(新幹線のようなもの)に乗る時は、切符の自動販売機が壊れていることが多いから、チケットがなかなか買えない可能性があるよ。先にネットで切符を買っておきなさい」だって。
え・・・。
このシステムで、しかも自動販売機まで壊れていたら・・・それって、切符持ってないまま乗っちゃっても仕方ないじゃん・・・ねぇ???
とっても不思議なドイツの電車システムでした。
でも、乗る人はちゃんと切符を購入して、
電車会社はお客さんを信用して、
そういう信頼関係のもと、成りたっているんですよね。
ちなみに、こちらはうちの叔父の家の近所のローカル駅。

ね、駅員さん、誰もいないでしょう?
駅舎もないでしょう?
のどかでしょう?

・・・いいね、こういうの(笑)
秋田での映画撮影を思い出しました。

4 Comment

  1. はむはむ より:

    お帰りなさ〜い。お疲れさまでした!
    フランクフルトは10年ほど前に3年間住んでいた
    場所なので、とても懐かしい気持で写真を拝見
    しています。
    この切符のシステム、やっぱり戸惑いました。
    そして最後まで、勇気がなくてただ乗りできません
    でしたw

  2. seiko より:

    そうだよね〜。フランクフルトにいたんだよね!
    あまり街中の写真がなくてごめんね(笑)
    フランクフルトでは、とにかく仕事ばっかりで・・・写真もほとんど撮れてない〜。
    でも、電車システム、結局みんな勇気がなくてタダ乗車はできないってことよね!正直で好感持てちゃう♪

  3. Mark より:

    ドイツで切符を買うのに苦労したことを思い出しました。
    ミュンヘンの空港に朝早く着いて市内への地下鉄に乗る時に自動販売機しかなく迷った覚えがあります。
    日本とは逆で、先に行き先を押してからお金を入れると切符が出てくる仕組みがわからず、自動販売機の前で5分以上悩んでいた事がありました。途中で切符を買わずに乗ろうかとも思いましたが何かのはずみで使い方がわかり、切符を手に入れました。
    今となっては懐かしい思い出です。

  4. seiko より:

    Markさん
    ずいぶん世界のいろんなところに行っているんですね!すごい。ドイツでは結局、切符を買うことがなかったんです、私・・・。フランクフルト内は、メッセチケットのため市内電車フリーだったので・・・。
    ちょっぴり難しい自動販売機、いつか挑戦してみます!

この記事へコメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

Recent Entries

このページの先頭へ