ブログ

play

劇団員たちの愛。

私たちが稽古後に作っていた大量の本…
今はとにかくその大量の本のタイトル書きが山積みです。
それにしても性格が出るものですね〜。
繊細なデザインを入れる人、適当に書いちゃう人、大胆な人。
いろんな個性の本にあふれます。

私たちも稽古後に時間があるときは手伝いますが…稽古も佳境に入るとなかなかそうもいかず…
そんなとき、この作品についていない劇団員たちが手伝いに来てくれているのです。
本当に本当に毎日来てくれる後輩、快く手伝ってくれる大先輩…
頭が下がる思いです。

これこそ、劇団の芝居創りだなぁ…と今回は改めて思いました。
感謝でいっぱいです。

さて、この日は、このメンバーが。
IMG_4612
清水直子ちゃん、佐藤あかりちゃん、小澤英恵ちゃん。
はなちゃんの作品は超大作です!
そして研究生のお二人に、黙々と下を向いて作業を進める石井くん。

舞台部ゆりちゃんはさすがの専門職。
IMG_4614
丁寧なお仕事です。
IMG_4613


舞台に入ってこの本がどのように見えるのか…今から楽しみです。

さて、稽古はあと一週間。ラストスパートです。


*************************************
2017年9月20日〜10月1日

劇団俳優座公演
詩森ろば脚本 真鍋卓嗣演出
『海の凹凸』
公式サイトはこちらへ

六本木 俳優座劇場にて
一般 5400円
学割 3780円

劇団俳優座 03-3405-4743/ 03-3470-2888

>>各種プレイガイド

出演:岩崎加根子、荘司肇、遠藤剛、天野眞由美、塩山誠司、瑞木和加子、田野聖子、志村史人、齋藤隆介、保亜美、宮川崇、矢幡晃一、八頭司悠友

9月20日(水) 19:00
      21日(木) 14:00
      22日(金) 14:00
      23日(土) 14:00
      24日(日) 14:00
      25日(月) 14:00
      26日(火) 19:00
      27日(水) 14:00
      28日(木) 14:00
      29日(金) 19:00
     30日(土) 14:00
10月1日(日) 14:00

 

この記事にコメントする

少し真面目なお話を。

日々、水俣病のことを勉強してもしてもしても…、
ほんの入り口にしか入っていない気がします。

杉本英子さんというお亡くなりになった患者さんの言葉にこういうものがあります。
「私たちは赦すことにした。全部赦す。
日本という国も、チッソも、差別した人も赦す。
赦さないと苦しくてたまらない。
みんなの代わりに私たちが病んでいる。赦す。」

一方、水俣病資料館の副館長さんのお話にこんな記述を見つけました。
幼いころ家族から水俣病患者の悪口を家庭内でずっと聞かされて育った、と。
なぜなら…父親がチッソで働いていたから…。

海辺の集落でいつものように釣った魚を食べ、日々を暮らしていただけの人たちが、水俣病という病を背負い、なお、赦す。
運良く病にならなかった人たちは、患者たちの悪口を言う。

その 全てを赦す といった杉本英子さんは語り部でした。
杉本さんの水俣の魚たちになった語りが私は特に心に残っています。
それはエコパークの下で眠っている魚たちの声。

水俣湾のヘドロは埋められました。現在はエコパークという美しい公園になっているそうです。
しかし、その下には水銀に侵された500トンもの魚たちがドラム缶に詰められて、埋まっています。
他に捨てるわけにはいかないから、ドラム缶に詰めて埋められたそうです。
その上をコンクリートで固めたのが現在の美しい”エコパーク”。

水俣病公式発見からはもう61年…
今日、ニュースになっていました。
微細なマイクロプラスティックを体内に取り込んだ魚が、東京湾や大阪湾で見つかり、調査した魚の4割にも及んでいるって。
微細プラとはペットボトルやレジ袋などが紫外線や波で砕かれて5ミリ以下になったもの…そこには化学物質がたくさん含まれているとのことです。
今でも海の魚たちは侵されているんだ…と。

なんだかな…
なんだか…いろんな意味で言葉がうまく出てきませんが…
胸の奥がぞわぞわしてきます。

こういう社会的問題や政治的問題をここで書くことは自分の中で避けてきたことだったけど…なんだか、今回は書きたくなりました。
だから、書きました。

*************************************
2017年9月20日〜10月1日

劇団俳優座公演
詩森ろば脚本 真鍋卓嗣演出
『海の凹凸』
公式サイトはこちらへ

六本木 俳優座劇場にて
一般 5400円
学割 3780円

劇団俳優座 03-3405-4743/ 03-3470-2888

>>各種プレイガイド

出演:岩崎加根子、荘司肇、遠藤剛、天野眞由美、塩山誠司、瑞木和加子、田野聖子、志村史人、齋藤隆介、保亜美、宮川崇、矢幡晃一、八頭司悠友

9月20日(水) 19:00
      21日(木) 14:00
      22日(金) 14:00
      23日(土) 14:00
      24日(日) 14:00
      25日(月) 14:00
      26日(火) 19:00
      27日(水) 14:00
      28日(木) 14:00
      29日(金) 19:00
     30日(土) 14:00
10月1日(日) 14:00

 

この記事にコメントする

本の山。

立ち稽古が始まっています。

演出家が言いました。

「今回は異例なほど早く通し稽古を始めます。いつもの舞台のその先を行きたい。僕もこれにかけています。死ぬ気でやってください。」

ググッと胸に突き刺さりました。

そうなのです、その先に行かないといけない作品で。そうでないと意味がない作品なのです。
稽古を重ねるごとにそう思います。人物がその場で生きていないとこの作品は何も届かない、単に当時の説明を聞くだけになってしまう。その先に生まれるものを求めて私たちは今、それぞれがもがき続けています。

そんな中、先週は稽古後にずっと小道具の本を作っていました。
本公演でこんなにも全員で小道具作りをするのは初めてのこと。
それも先輩後輩関係なくみんなで、です。
膨大な本の数にクラクラしましたが…でも、作業を進めていくと、なんだか楽しい。
わたしはこういうの、相変わらずの不器用でしたが…でも、楽しい。
手も動くけど口はもっと動く…笑
こういうのって芝居作りの原点なんですね、学生時代に友人たちと一緒に創った芝居を思い出しました。

劇場を入るとパッと目に入るセット。
私たち一人一人の力がどこからか滲み出てるといいな。お楽しみに。

*************************************
2017年9月20日〜10月1日

劇団俳優座公演
詩森ろば脚本 真鍋卓嗣演出
『海の凹凸』
公式サイトはこちらへ

六本木 俳優座劇場にて
一般 5400円
学割 3780円

劇団俳優座 03-3405-4743/ 03-3470-2888

>>各種プレイガイド

出演:岩崎加根子、荘司肇、遠藤剛、天野眞由美、塩山誠司、瑞木和加子、田野聖子、志村史人、齋藤隆介、保亜美、宮川崇、矢幡晃一、八頭司悠友

9月20日(水) 19:00
      21日(木) 14:00
      22日(金) 14:00
      23日(土) 14:00
      24日(日) 14:00
      25日(月) 14:00
      26日(火) 19:00
      27日(水) 14:00
      28日(木) 14:00
      29日(金) 19:00
     30日(土) 14:00
10月1日(日) 14:00

 

この記事にコメントする

凹凸凹凸凹凸凹凸

「海の凹凸」稽古が始まっています。
ちなみに「うみのおうとつ」です、読み方は。笑

なんだか書きたいこと書かないといけないことはたくさんあるのですが…全然頭の中がまとまりません。

ただ言えることは、私の役 加山泰子さん、少しでもあなたの純粋でまっすぐな心に近づけるように…今はそれだけです。

とにかく観にいらしてください。
一人一人の人物たち…そして役者たちが魂を削っている姿がそこに浮かび上がるはず…そうならなければこれを上演する意味はないと感じています。

とにかく…
観にいらしてください。

劇場でお待ちしております。

*************************************
2017年9月20日〜10月1日

劇団俳優座公演
詩森ろば脚本 真鍋卓嗣演出
『海の凹凸』
公式サイトはこちらへ

六本木 俳優座劇場にて
一般 5400円
学割 3780円

劇団俳優座 03-3405-4743/ 03-3470-2888

>>各種プレイガイド

出演:岩崎加根子、荘司肇、遠藤剛、天野眞由美、塩山誠司、瑞木和加子、田野聖子、志村史人、齋藤隆介、保亜美、宮川崇、矢幡晃一、八頭司悠友

9月20日(水) 19:00
      21日(木) 14:00
      22日(金) 14:00
      23日(土) 14:00
      24日(日) 14:00
      25日(月) 14:00
      26日(火) 19:00
      27日(水) 14:00
      28日(木) 14:00
      29日(金) 19:00
     30日(土) 14:00
10月1日(日) 14:00

 

この記事にコメントする

後半戦スタート。

ハッと気づけば、なんですか、7月ですか。いよいよ2017年も後半戦ですね。
6月はいろいろありました。

蕁麻疹出ちゃったり、お財布無くしたり…

あれですね、きっとリセットしろということですね。
そう思って、ま、強く前に進みます。笑

さて、9月下旬にはまた新作の芝居が幕を開けます。

詩森ろば脚本 真鍋卓嗣演出
『海の凹凸』
公式サイトはこちらへ

今年は
古典「病は気から」→書き下ろし現代劇「七人の墓友」→
そして、9月の「海の凹凸」、
こちらも書き下ろしの現代劇…いや時代は昭和なので現代劇というよりは少しだけ前のお話。。。なんせ、まだ台本が出来ていないので自分がどんな役なのかどんな話なのか全貌が見えず…ドキドキです。
これぞ書き下ろしの面白さですね。

今までも、劇団内の書き下ろし作品では素晴らしい作家の方々の作品に出演させていただきました。
坂手洋二さんの「スペースターミナルケア」、鈴木聡さんの「七人の墓友」。
どちらの作品も書き手の熱い思いと愛情が伝わってくる作品。
そして今回は、去年の紀伊国屋演劇賞にて個人賞を受賞された詩森ろばさんの書き下ろし作品です。
詩森さんは取材に取材を重ねて実際にあった事柄を丁寧に舞台に乗せていく作家であり演出家。
実在の人物と役者の個性を上手く合わせて書き下ろします。
そのため今回もオーディションを経て決まったキャスト一人一人の声と芝居をもっと知りたい、ということでキャスト発表のあとに集まり、ろばさんの前で全員がいろんな役柄を演じました。
稽古はまだ先ですが、顔合わせはバッチリの状態です。

今回は活版印刷所を舞台にどんな会話が重ねられていくのか…
そしてそれを我が座期待の若手演出家真鍋氏がどう舞台に乗せるのか…
今から楽しみです。

わたしは…しっかり6月に諸々憑き物を落としリセットをしたので、後半戦は迷わずに邁進していきます。笑



この記事にコメントする

このページの先頭へ