ブログ

play

いよいよ出発。。。

ついに久々の我が座での旅公演が始まります。

久しぶりすぎて…もはや何が何だかわからないっ。
最高の面々でまわる1ヶ月半、楽しみます。
全国のみなさまにこの芝居の空気が伝わりますように…

まずは四国から!

行ってきます。

 

この記事にコメントする

ひたひた…ひたひた…

来月頭から地方公演に出る「七人の墓友」…稽古も残り一週間になってしまいました。
3年前の初演から本当にいろいろなことがありました。
思えば、うちの父が今小さな樹木の下に眠っているのもこの作品で樹木葬の存在を知ったから…かもしれません。
そういえば、父が最後に観た舞台もこの作品だったなぁ…。

そんな気持ちもありながら、稽古に臨む毎日。
キャストが4人も変わっているので各シーン空気感が初演とは違いまたそれも面白い。
大きく演出が変わったわけではないのですが、一人変わるとそのシーンが持つリズムやテンポ、ステイタスや距離感など変わってきます。
そしてその個性に合わせて演出の佐藤さんがまた新たに味付けする…あと一週間でどうなるかが楽しみ。

その中で、全く変わらないのが小笠原良知さん&青山眉子さん演じる吉野家のご両親。
なんというか、親って漠然と…永遠に生きてる神話というか…変わらずそこにいてくれる存在、という気がしませんか?
わたしは父を亡くしたにも関わらず、今元気でいてくれる母はこのままにずーっと生き続けてくれるものと信じて疑いません。笑
でも、ふと気づくと、知らないうちに老いてる親がいたりするんですよね…。
吉野家のお父さんとお母さんもそんな存在。
何があっても変わらないはずだった お母さんの想い、お父さんの吐き出しに、舞台上にいながら気持ちが溢れ出しそうになり…心がいっぱい。
…ひたひた…ひたひた…ひたひた…
ここで溢れてはいけない、と思いながらの毎日。
このひたひた…きっと客席にも流れていくはずです。

今回改めて嫁として立っていると、家族たちの喧嘩に嫁としては居心地悪さも感じるし、言いたいことをオブラートに包むしかない美枝子さんがいるのを感じます。でも、他人と家族になるというのはそういうことなんでしょうね。
そんな美枝子さんも吉野歴15年ほどたって初めて本当に家族になれる瞬間が訪れるようです…次のステージに立てた美枝子さんは幸せだなぁと思っています。
余談ですが、この頃お義母さん役の眉子さんと稽古帰りにスーパーに寄ったり、買い物に出かけたりしています。
擬似嫁姑体験。これがなんとなく舞台上の空気にも影響している気が…。
眉子さんとは初舞台から何度も共演していますが…より近く特別な吉野家の嫁同士の関係が築かれてる今回の「七人の墓友」です。

近郊では3月16日18日に横浜で公演があります。
ご興味のある方は個人的にメッセージくださいね。

さぁ、あと一週間。育て続けましょう!みなさまお待ちください。
1212s
(写真は初演の舞台より)

この記事にコメントする

いざ反転!

「病は気から」
全公演、無事に終了しました。
インフルエンザ患者が出ると公演を中止しなければならない昨今、みんなで「風邪ひかない!」を合言葉に楽屋では浜口父並みにワッハッハと意味なく笑い、アライグマのように手を洗い…そのお陰か一人の病人も出すことなく笑いに包まれて幕を閉じることができました。
観に来てくださったお客様、観にこられなかったけど暖かい言葉をかけてくださった皆様に心より感謝します。
そして、頼りになるスタッフさん、愛すべき座組のみんなに熱いキスを送らせていただきます。
みなさんがいたからベリーヌはのびのびと楽しく悪役になれました。ありがとうございました。

さてさて、そして…
おととい22日に「病い」の千秋楽を迎え、
昨日23日よりいよいよ「7人の墓友」の再演稽古が始まりました!


350年前のフランスから2017年の東京へ。
超古典コメディーから現代劇コメディーへ。
悪妻から良妻へ。

何もかも真逆な世界についていけるかなぁと思いましたが、初日の稽古でみんなの声を聞いた途端に急に吉野美枝子さんが戻ってきました。
大好きなメンバーに加え今回から新たに参加する役者たち、みんな心置きない仲間たちです。3年前と同様すでに熱い稽古が始まっています。
これから4月末まで…そして年末の北海道長野の公演まで今回は長いおつきあいになりそうです。
まずこの春は、四国、東北、関越、横浜のみなさま、楽しみになさってくださいね。

各地の公演の詳細はこちらへ

この記事にコメントする

楽日の朝。

泣いても笑っても初日がくるように…

泣いても笑っても楽日がきます…

いつも通り。

さて、いってきます!!!

IMG_3837

この記事にコメントする

人間とは…かくも変わらぬもの。

残り3ステージになってしまいました。
初日までは永遠に稽古が続くのかしらと思っていましたが、幕開けてからは瞬きするような早さで過ぎ去っています。
どの芝居もそうですが、特にコメディーは日々のお客様の反応が全く違ってとても面白い!お客様に助けられ、劇場の空間すべてでこの世界を創り出しているのを感じます。

そうそう、いらしてくれたお客様によく聞かれる質問があります。

「アレンジどのくらいしてるの?」

いえいえ、していませんっ!しているのは「お正月」というセリフだけ。
音楽は新しく書き下ろしましたが、音楽が入る箇所もオリジナルなんですよ。
あとは、秋山先生翻訳の台本を演出家の未朝さんがカットしたのみ。現代に合わせてアレンジして書いたセリフは一つもないのです。
血液が実は体内を巡っているということが発表された正にその時代に、現代にも通じるこんなセリフの数々を書くモリエールって…と改めて感動しちゃいます。

古典の芝居をやるといつも思うんです。

どんなに文明が発展して便利になっても、人間の生活の営みや悩みは全く変わらないんだな…
どの時代の人たちも私たちと同じことを悩み苦しみ喜び…人間って愛おしいな…


さて、今回の鏡前。
いつもと違うものが一つあります。
それはトワネット役のみどりが私にくれたこの写真。
IMG_3814
今日も今日とてマリリンと同じところにホクロをつけ、後妻業を邁進中です。

残り3日。
止まらずに駆け抜けましょう!

****************************************

『病いは気から』

詳細はこちらへ。
PV映像
マネキンチャレンジ

1月11日(水)〜22日(日)
俳優座劇場 (六本木)
全席税込5400円/学生3780円

モリエール作 高岸未朝演出

1月    20(金) 18:30
          21(土) 13:30
          22(日) 13:30

 

 

 

 

 






この記事にコメントする

このページの先頭へ