Home ブログ play バカップル?

ブログ

バカップル?

 さーてさて、
今回は、このイチャイチャしやがる・・・おっと、失礼。
とっても仲良しのカップルをご紹介♪
・・・といっても、本当のカップルではありません。
舞台上のカップルです!
まずは、蔵本康文くん。
あたしは、クラッチと呼んでいます。

クラッチとも私は初共演・・・舞台では・・・ね。
実は、彼のテレビドラマ第一作目が私との共演だったんです。
もちろんあたしも覚えていますよ〜。
だって・・・
雨上がりの中、重いスコップでね、
私、彼を、殴り殺しちゃいました・・・。
あー、怖い。殺人者の役は後にも先にもそれだけですので、印象的です。
その後は、同じ劇団仲間といっても話したこともないほどでしたが・・・
と〜〜〜っても共演したかった役者さんです。
存在感あるんですよ、クラッチ。本当にいい役者さんです、はい。
普段の、クラッチは、それはそれは礼儀正しいいい人。
いつも丁寧な口調で、物静かに、そして気配りをして・・・。
今回の「松山」とは正反対かもね(笑) 「松山」は今までのクラッチが演じるカラーじゃないのかも。でもね、その軽い雰囲気の中に背負っている陰を、役者・蔵本康文だからこそ出せるんだよね。
「松山」、めちゃくちゃいいです!あたし、クラッチの「松山」、大好きです。
そして、その彼女役が・・・
ラジオ局でバイトをしている浅井亜美ちゃん。
演じるは、太田亜希ちゃんです。

アキちゃんとは、彼女の初舞台「スペース・ターミナル・ケア」で共演。
あの舞台では、苦労もしていましたが、今回は関西弁ということもあって、生き生きしています。
日に日に、楽しんでいるさまが見えます。
「亜美ちゃん」はDJシーンもあり、盛りだくさん。・・・っていうか、実質、このラジオ局を仕切っているのは、このバイトの「亜美ちゃん」というのが面白い。
生命力のある「亜美ちゃん」を亜希ちゃんがどうはじけて、どこまでジャンプできるかな。
そしてもう一つ。今回は、ギャル姿の太田亜希にもご注目。
人生初の付けまつげでギャルメイクにも挑戦。上の写真は、まだ、派手メイクに変身していく過程です。
荒木真有美ちゃんの手ほどきで、稽古中にもだんだんギャルに近づいています。
ホラ、真有美姉さんも真剣そのもの!

でき上がりは本番の舞台でお楽しみくださいね!
nine チケット申し込みはこちらへ
そうそう、
先日出演した調布FMでの様子がWebで聞けます!
我が演出部、真鍋君が作ったオリジナルソングも聞けますので、
ぜひ聞いてください〜♪
[nine] 調布FMはこちらへ

0 Comment

この記事へコメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

Recent Entries

このページの先頭へ