ブログ

play

終了…そして始まり。

全ての稽古が終了。
稽古場バラシも持ち稽古場だとやはり楽ですね。
本当に気持ちよく稽古できた1ヶ月でした。
…そう、もう過去形。 いよいよ始まります。
コメディは最後のピースはお客様と一緒に!
あとはもう身を任せるのみ。
一緒にこの世界を創っていきましょう。
劇場でお待ちしております。


**************************************************
GENKI Produce vol.16 『家族と呼ばないで −I can’t say it enough−』

作 田中大祐 演出 田中しげ美(GENKI Produce)

2020年1月29日(水)~2月2日(日)
築地ブディストホール(築地本願寺内)
チケット S席7000円 A席6000円

公式サイトはこちらへ http://gp.takeone-office.com/information.html

1/29(水)19時
1/30(木)14時 / 19時
1/31(金)14時 / 19時
2/1(土)13時 / 18時
2/2(日)12時 / 16時

出演

友常勇気 本西彩希帆 吉田宗洋 諸塚香奈実

田野聖子 青地洋 渡辺克己

戸谷和恵(GENKI Produce) 西秋元喜(GENKI Produce)

 

この記事にコメントする

家族な面々 その5

今日は照明、音響、舞台監督等々、スタッフさんも勢揃いして、一足早い場当たり的な技術稽古が行われました。
とはいえ…今回は本当にシンプルに芝居だけで観せる作品ですので、複雑なタイミングなどはなく、的確な間合いや居所の確認。
演出家のイメージを舞台に乗せていきます。

そう、最後は演出家、田中しげ美さんをご紹介。

いやー、演出からしからぬこの迫力ある風貌。
それもそのはず、しげ美さんは役者さんです。
この柄の良さ、声の良さ、空気感の良さ…そりゃ、いろんな舞台に必要とされますよね。
私は役者しげ美さんも観てみたい!
…と、話がずれました。今回はしげ美さんは演出家なのです!
役者の方から生まれてくるものを根気よく待ち、そこから広げてくれるそんな演出家です。そして居心地悪いシーンはとことん話し合い、一番腹に落ちる存在のあり方を探ってくれる。だからこそ役者は縮こまらず自由にその場にいられる稽古になっています。
そして、しげ美さん、とにかくなんでもできる!!!
稽古場は一人でセットを建て込み、ご自宅はDIY、しかもお手製の柚子胡椒まで!
素敵すぎです!
そんなしげ美さんの描く二つの家族のお話。
ぜひお楽しみになさってください。

ほかにも、優秀な演出助手の吉成くん、場を和ませてくれる制作の倉重さん。
気持ちが良いスタッフたちに囲まれて幸せな稽古場です。
さぁ、稽古は明日で終わり!
残り1日、気を抜かずに集中しましょう。

**************************************************
GENKI Produce vol.16
『家族と呼ばないで −I can’t say it enough−』

作 田中大祐 演出 田中しげ美(GENKI Produce)

2020年1月29日(水)~2月2日(日)
築地ブディストホール(築地本願寺内)
チケット S席7000円 A席6000円

公式サイトはこちらへ
http://gp.takeone-office.com/information.html

1/29(水)19時
1/30(木)14時 / 19時
1/31(金)14時 / 19時
2/1(土)13時 / 18時
2/2(日)12時 / 16時

 出演

友常勇気
本西彩希帆
吉田宗洋
諸塚香奈実

田野聖子
青地洋
渡辺克己

戸谷和恵(GENKI Produce)
西秋元喜(GENKI Produce)

 

この記事にコメントする

家族な面々 その4

さて、役者陣最後を飾るのは…
GENKI PRODUCEのお二人!

まずは主催の西秋元喜さん。

GENKI PRODUCEはプロデュース集団ではなく元喜さん率いる「劇団」なのです。
渡辺正行さん主催の劇団七曜日出身の元喜さん。
芸人さんたちにもまれていたためか、流石のコメディセンス!
私はどうしてもコメディに慣れていないので、間合いの取り方や、緩急の付け方など、そこまでしていいのか!!!と、勉強させてもらいつつ…やっぱり素直に笑ってしまう!
元喜さんが生き生きと舞台に存在することで芝居を引っ張ってくれているのです。
しかも主催と出演の両方を兼ねるので大変な中、出演者全員にとても気を使ってくれて稽古場の空気を明るくてくれる…本当に感謝。
今回私はそんな元喜さんと夫婦役。信頼しきっています。
よろしくね、お父さん!

そして最後は戸谷和恵さん。

和恵ちゃんはGENKI PRODUCEの紅一点!
今回は劇団公演だから、といって、朝の掃除から、衣装の手配、小道具のチェック、などなどフル回転です。
その働きぶりに頭が下がる思い…
こんなに恵まれた環境なのは劇団員の和恵ちゃんがとにかく支えてくれてるからです。本当にありがとう!
和恵ちゃんは初演と同じ役を演じるので、逆に再演組よりもプレッシャーが大きいのではないでしょうか?
日々積み上がっていく稽古を見ると、本番で はちゃめちゃに面白いシーンになること間違いなし、と私は心の中でいつも思っています。
かなりドタバタが続く中、彼女の役のたち方はお客様に安心感を与えてくれるはず。
お楽しみに!

さぁ、稽古はあと2日です。
売切の日もありますが…大丈夫!補助席も出るようですので、直前でもご都合がついたらぜひ築地に足をお運びください。
お待ちしております。

**************************************************
GENKI Produce vol.16
『家族と呼ばないで −I can’t say it enough−』

作 田中大祐 演出 田中しげ美(GENKI Produce)

2020年1月29日(水)~2月2日(日)
築地ブディストホール(築地本願寺内)
チケット S席7000円 A席6000円

公式サイトはこちらへ
http://gp.takeone-office.com/information.html

1/29(水)19時
1/30(木)14時 / 19時
1/31(金)14時 / 19時
2/1(土)13時 / 18時
2/2(日)12時 / 16時

 出演

友常勇気
本西彩希帆
吉田宗洋
諸塚香奈実

田野聖子
青地洋
渡辺克己

戸谷和恵(GENKI Produce)
西秋元喜(GENKI Produce)

 

 

この記事にコメントする

家族な面々 その3

今日、初めて二回通し!
ゲネプロから楽日まで毎日二回公演なのでここで体感しておかないと!
案外みんな元気に乗り切りました。
…いや、主演の二人は流石にキツそうでしたが…
来週はこれが通常になるので慣れるしかないですね。

さて、役者紹介、どんどん行きます。
…というか、いつも私はなんでこんな間際にならないとやらないのだ???

今回のヒロイン。本西彩希帆ちゃん。

今回は母娘の関係です。
秋元康さん率いる劇団4ドル50セントのメンバーの彩希帆ちゃん。
初めて会ったその日から…とにかく…可愛い!!!
笑顔は可愛いし、演技は思いっきりがいいし、若さが溢れる感じが清々しい!
漫画の中のヒロインがそのまま飛び出してきたような彩希帆ちゃんは「2.5次元舞台が好き!」と言い切る正に “今” を生きる女優さんです。
この芝居の後もすぐヒロインの舞台が待っていますし…私とも今後もご縁があ理想な予感が…笑
今回はとにかく場を仕切るしっかり者の可愛い娘役。こんな娘がいたらお父さんメロメロだろうな。

青地洋くん。

洋くんは小劇場を中心に様々な舞台で活躍する俳優さんです。
私も方々で知り合いの役者さんたちから「青地さんと共演するんですね」と言われました。それだけ活躍の場が広いということですね。
でもそれも納得!
まず人柄が!!!とても良い!
一緒に共演すると次もまたお仕事したいと思わせる人柄。
そして芝居に対してもとてもまっすぐ。
なんとなく隣にいると落ち着き、心休まる存在、それが洋くんです。
そんな洋くんが…今回は!!!あんな役!!!!
実は彼のセリフにこそ この芝居の芯がある。いつも私はグッときてしまいます。
ふふふ、あまり多くは語りません。劇場でお確かめください。

**************************************************
GENKI Produce vol.16
『家族と呼ばないで −I can’t say it enough−』

作 田中大祐 演出 田中しげ美(GENKI Produce)

2020年1月29日(水)~2月2日(日)
築地ブディストホール(築地本願寺内)
チケット S席7000円 A席6000円

公式サイトはこちらへ
http://gp.takeone-office.com/information.html

1/29(水)19時
1/30(木)14時 / 19時
1/31(金)14時 / 19時
2/1(土)13時 / 18時
2/2(日)12時 / 16時

 出演

友常勇気
本西彩希帆
吉田宗洋
諸塚香奈実

田野聖子
青地洋
渡辺克己

戸谷和恵(GENKI Produce)
西秋元喜(GENKI Produce)

 

この記事にコメントする

家族な面々 その2

稽古も佳境に入ってくると、だんだん全体像が見えてきて今までとは違う演出がついたりします。それこそが最終段階というもの。
残り数日になった稽古をとにかく集中するしかないですね。

では、今日も役者紹介、続けます。
吉田宗洋くん。

なんだか、昨日の勇気くんと同じようなポーズを期せずしてしてくれたむねくん。。。その理由は劇場でお確かめください。笑
むねくんは小劇場から大劇場、2.5次元、そして映像の世界と幅広く活躍する人気俳優さんです。
うん、引っ張りだこな理由がよくわかります。
なんといっても芝居が、いい!むねくんがそのシーンにいるだけでその場が締まり、リズムが生まれます。
その存在感こそが彼の持つセンスの良さなんでしょうね。
エゴではなく役としてその場に立ってくれているので、何をしても観客を味方にできる力を持っている俳優さんです。
こういうコメディもいいけど、ガッツリとしたセリフ劇でまたいつか共演してみたいなと思います。

そして稽古場の癒し…諸塚香奈実ちゃん。

この稽古が始まって、稽古初日から今日まで一番変わったのは香奈実ちゃん。
若手の成長と吸収の早さには本当にびっくりさせられます。
14歳からハロプロメンバーの一員としてアイドルをやっていた香奈実ちゃん。道理でキラキラしているわけですね。大きな瞳を見ていると吸い込まれそう。
普段はもの静かで控えめ、そして人の話を受け止めてくれる聞き上手でもあります。今回は私は香奈実ちゃんと案外しっかり絡むので彼女がこれから楽日までもっともっと化けていくだろうと、その進化が今から楽しみでもあるのです。

今回は若手たちがとにかく活躍する芝居です。
お楽しみに!

**************************************************
GENKI Produce vol.16
『家族と呼ばないで −I can’t say it enough−』

作 田中大祐 演出 田中しげ美(GENKI Produce)

2020年1月29日(水)~2月2日(日)
築地ブディストホール(築地本願寺内)
チケット S席7000円 A席6000円

公式サイトはこちらへ
http://gp.takeone-office.com/information.html

1/29(水)19時
1/30(木)14時 / 19時
1/31(金)14時 / 19時
2/1(土)13時 / 18時
2/2(日)12時 / 16時

 出演

友常勇気
本西彩希帆
吉田宗洋
諸塚香奈実

田野聖子
青地洋
渡辺克己

戸谷和恵(GENKI Produce)
西秋元喜(GENKI Produce)

 

 

この記事にコメントする

このページの先頭へ