ブログ

play

耳に「ご馳走」な日々

西瓜糖「ご馳走」の稽古がいよいよ始まりました。
fullsizeoutput_6b46

演出家もスタッフさんはもちろん俳優陣も、初めまして、という状態の中…
…なのになぜでしょう。
初日から自然と座組全体の空気が馴染んでいました。
主催である主演女優お二方がみんなの緊張を解いてくれ、その上ベテラン俳優が多く平均年齢が高いことも落ち着く理由かもしれません。
そして、
今回の座組、声の仕事をしている俳優さんが多いからか、四方八方から、
いい声、いい声、いい声!
読み合わせの第一声から素敵な声が稽古場に響きます。
演出の加納さんだって俳優さん、もう演出家からしていいお声です。
耳が至福の日々がこれから一ヶ月続くのです。


今回の「ご馳走」は、今までの西瓜糖のイメージだった群像劇とは少し異なり、
4人の男女の生き様を描いた作品です。

井上 × 山路
  ×          ×
山像 × 奥山

この4俳優の四角形。
本当に圧巻のシーンになっています。
大人の芝居をお楽しみください。
下北沢 スズナリでお待ちしております。

******************************************
西瓜糖第七回公演「ご馳走」
http://no-4.biz/suikato7/
◆劇場 下北沢ザ・スズナリ
◆料金 前売5000円、 当日5200円

チケットのお申し込みはこちらまで
田野聖子専用申し込みサイト

◆2019年5月18日(土)~26日(日)

5月18日(土)           19:00
5月19日(日)14:00/19:00
5月20日(月)14:00/19:00
5月21日(火)14:00/19:00
5月22日(水)14:00/19:00
5月23日(木)14:00/19:00
5月24日(金)14:00/19:00
5月25日(土)14:00/19:00
5月26日(日)14:00


◆出演

井上和彦
山田悠介
田野聖子
小園茉奈
宮本崇弘
武市佳久
大出美結
宮嶋野乃花
黒瀬亘
舟山利也
奥山美代子
山像かおり
山路和弘

 

この記事にコメントする

情報解禁その2。

6月にノックノックス公演「人魚姫」に出演します。

こちらは本当に、全てが初めましての座組です。
もう何年も、一人も知っている人がいないという現場は経験していません。
俳優、演出家、スタッフさん、どこかに必ず以前お仕事をした方がいるものです。

それが!
全く未知の世界!
そんなことが経験できるなんて。かなり幸せなことだと心に刻んで飛び込みます。

ノックノックスという集団は、ミュージシャンによる演奏や、幻燈(OHP映像)、ガーデニングとのコラボレーションで徹底的に「生」にこだわる演劇ユニットです。
なんだか、それも未知との遭遇。
話に聞くと、お子様からお年寄りまでみんなが楽しめる作品になる模様。

私は…役というよりも語り手的なパートなのかな…と自分で思っていますが、さてさて、どんな役割を振り当てられるのでしょうか。
キャストも宝塚、アイドル、新劇、小劇場、歌手、はたまたもっと違うキャリアの方まで多種多様。
そんな中で揉まれまくってきます。

6月はぜひお楽しみに!
…私自身が一番ドキドキしながら楽しみにしているところです。笑

ノックノックス
「人魚姫」
2019年6月21日(金)~30日(日)
すみだパークスタジオ倉

作 演出 作曲 ヤストミフルタ
公式サイトはこちらへ

この記事にコメントする

情報解禁その1。

5月、西瓜糖の舞台に出演します。

西瓜糖は元々文学座の女優さん女性演出家さんの3人で結成された演劇集団。
劇作家秋之桜子さんの書き下ろし作品を上演しています。

桜子さんの描く作品は人間の脆さ愚かさを醸し出しつつ、だからこそ人間って愛おしい、と思える作品ばかり。
その世界を実力ある役者さんたちが毎回生き抜く…そんな舞台を観て、いつか出演したいなと思っていました。

そして今回、自らワークショップ形式のオーディションを受け、参加することになりました。
俳優座にいたってオーディションを受けることはできたはず。
でもこうやって劇団を出たからこそ、受け身ではなく自分から受けようという行動に出たんだと思います。
新しい出会いに感謝です。

とにかく楽しみでなりません。
ぜひぜひいらしてください。

西瓜糖第7回公演
『ご馳走』
5月18日〜26日
スズナリ 下北沢
14時/19時

ご馳走オフィシャルサイト

この記事にコメントする

ざっくり。さっくり。

12月!

すみません、随分間が空いてしまいました。
私は元気です。

先日、古巣俳優座のラボ公演を観に行った時に、何人かのお客さまから声をかけていただきました。
「俳優座やめちゃったんだね」「ブログ更新してないんですか」「今なにやってらっしゃるんですか」
やめた私を気にかけていただけること、ありがたいです。
そして、そこでブログのこと気付きました。

全然更新してない!!!

てなことで、近況報告。。。をしたいのですが、実はまだ発表できないことが多く、すみません。

ざっくり。

来春までは、どっぷり映画製作!実に10年ぶりです。
監督業は久々の上、前の手作り自主映画よりは少しだけ規模も大きくなったのでドキドキです。
前の2本は自由にのびのびできたけど、今回は多分クライアントさん側の意向をどれだけ組めるかということにも挑戦していかないといけない模様。その中でどのように遊べるか…ある意味面白いですね。

そして、来年の舞台は…
5月に1本、6月に1本、続けざまです。
どちらも小劇場です。
来年は小劇場に進出の巻。
情報公開になったらまたご案内しますね。

まずはさっくりとご報告まで!

この記事にコメントする

幕が降り…そして未来へ

浅利演出事務所「アンドロマック」
全公演が無事に終わりました。

様々な想いの中、終わってしまったことに今もなおボーッとしている感覚です。

愛情を持って若手二人を導く事務所の皆さんの中に浅利慶太氏が確かに生きていました。
そして、その愛に応え、素晴らしい成長を遂げた若者二人に心から拍手です。

楽日、坂本里咲さんが代表して皆様にご挨拶をしました。
「湿っぽくならず、みんな笑顔で」
と最初にご自身で言われたように、こみ上げるものを堪え力強くご挨拶をなさった姿に先へと続く道を見ました。
未来を感じさせる舞台。
そんな第一歩の舞台にかかわらせていただき、心から感謝です。

そして、観てくださってたくさんのお客様、応援してくださった方々。
演劇は観客のみなさんがいてこそ…みなさまのお声がどれほど嬉しかったことか。
本当にありがとうございました。
IMG_6152

この記事にコメントする

このページの先頭へ