Home ブログ

ブログ

プリンセス&プリンス

連日遅くまで稽古が続いています。
芝居本編の稽古のあとに歌部分の稽古。歌も最後の一曲まで全て出揃い、大作になる模様。。。
みんなで心を一つにして歌部分の稽古に臨んでいます。

さて、今回「病は気から」のラブ枠のご紹介。
今回の恋する若者たちを演じるのはこの二人です。

脇田&小林
まずは小林亜美ちゃん。
彼女とは初めての共演になります。とにかく普段から明るい!稽古場でもよく笑ってよく笑わせて。
本当に笑い上戸で、どこに笑いのポイントがあるのかわからないタイミングでケタケタ笑っています。その笑顔は最高に可愛く、みんながその笑いに引きずられるほど。
そんな亜美ちゃんが挑むのは底抜けに明るい女の子、…ではなく、天使のようなお嬢様アンジェリック。
歩き方や振り向き方などドレスでの所作を一つ一つ学んでいきます。普段の洋服とは立ち振る舞いが全く違うので大変なんですよね、コスチュームプレイは。。。でも、彼女なら大丈夫。元々持っている透明感のある雰囲気が、品の良くチャーミングなアンジェリックを生み出してくれています。みんな彼女に恋しちゃいますよ。
またミュージカル出演経験もある亜美ちゃんは今回綺麗なソプラノも披露しますのでお楽しみに。

そしてその相手役クレアントには脇田康弘くん。
彼の初旅作品となった「十二夜」で共演し、長い旅公演をまわりました。もう15年くらい前のことになりますね。
いまや彼は劇団の中でも存在感を高め、いろいろな活動を中心となって引っ張ってくれています。
冷静に周りを見つめ分析する感覚、その独特な感性はきっと劇団の中でも稀有な存在でしょう。
リアルで等身大の役を繊細に演じることに定評があるワッキー、しかしこのようなコスチュームプレイはあまり経験がないとのこと。そっか…わたしは「十二夜」でも「じゃじゃ馬ならし」でもシャイクスピアで共演したのでてっきり古典劇は慣れていると思い込んでいました。
その上今回はプリンス枠ということも含め、ワッキーにとっても初めてのポジションにただいま奮闘中。
もともと、背も高くスラーっとしているワッキーは立ってるだけで見事にプリンスに見えるのです。
ワッキーがワッキーとして舞台にスッと存在していればそれでもうプリンス登場。
本番には素敵な理想の青年が目の前に現れていることでしょう。いつもと違うワッキーにご期待ください。


この恋する二人が物語の大筋となっていきます。
いいですよね、恋するシーン。客席のみなさまに恋したいなあと思ってもらえますように。。。

*******************************************

『病は気から』

詳細はこちらへ。

1月11日(水)〜22日(日)
俳優座劇場 (六本木)
全席税込5400円/学生3780円

モリエール作 高岸未朝演出

1月 11(水) 18:30
          12(木) 13:30(バックステージツアーあり)
          13(金) 13:30(バックステージツアーあり)
          14(土) 18:30
          15(日) 13:30
          16(月) 18:30
          17(火) 13:30(バックステージツアーあり)(キッズスペースあり)
          18(水) 13:30(バックステージツアーあり)
          19(木) 13:30(バックステージツアーあり)
          20(金) 18:30
          21(土) 13:30(キッズスペースあり)
          22(日) 13:30

 

 

この記事にコメントする

二人の「サー・アンドルー」

私が準劇団員の頃に見た「十二夜」で見事にジャンプを決めていた佳男さん。
私がヴァイオラを演じた「十二夜」で見事にジャンプを決めていた河内さん。
そう、なんとこの座組には軽やかに舞台上を黄色い靴下で跳ねていた”サー・アンドルー”が二人もいるんです。
加藤&河内
アンドルーを演じる役者さんの共通点は、人柄の良さ、ですよね。。。

加藤佳男さんとは初舞台のカラマーゾフからご一緒でした。
本当に可愛がってもらって、大好きな先輩。実はうちの両親ともなぜか仲良く、私の知らないところで3人でゴルフに行ったりしていました。なので私にとっても親戚のお兄さんのような不思議な存在です。
その後「スペースターミナルケア」で相手役。お互い医者を演じました。
佳男さんといえば、持ち味の朴訥とした雰囲気が魅力で、舞台上にいるだけで他の人とはまったく違う空気を醸し出しています。力が抜けていて自然体のその姿は理想でもあります。
ところが今回は誰よりもしっかりしているベラルドという役を演じます。この役、休憩前の幕切れに満を持して登場…その後休憩のあとは独断場のように長台詞を喋りまくります。佳男さんの持ち味がこのしっかり者ベラルドにどう出てくるのか…きっと歴代のベラルドとはまったく違うキャラクターになるのではないでしょうか。

河内浩さん。
言わずと知れた河内さん。このブログの中でも何度も登場しています。きっと劇団の誰もが「一番共演の多い役者」と名前を挙げるんじゃないでしょうか。
わたしも、まさに河内さんとはいつも一緒に舞台に出ている気がします。
それだけ、劇団の芝居の出演作品が多いのです。役者として主役も脇もできる実力があるのはもちろんなのですが、みんなが河内さんと一緒に舞台を作りたくなる理由の一つに…誰からも愛されるその人柄があります。
優しいだけではなく、結構厳しいこともズバッと言ってくれるのですごく信頼できる先輩、それが河内さんです。
そんな河内さんとの初共演を考えてみると…研究2年生の発表会、ワンシーンで河内さんが先輩として特別出演。わたしにとって初めて先輩と演じる舞台でした。あれから25年。。。なんだか感慨深いですねぇ。
さて、今回、河内さんが演じるのは1幕に出てくるボヌフォアさんという公証人。わたしが演じるベリーヌとはどういう関係なのかも気になるところ。まだまだ稽古で変わっていきそうなこの場面。本番はどうなるのでしょうね。ふふふ。

 

1幕に出てくる似顔絵ちっくなボヌフォア河内さんと、3幕に出てくる正統派なベラルド佳男さん。
対照的な役を演じる二人の元ジャンパーに会いにいらしてください。

 *****************************************************

『病は気から』

詳細はこちらへ。

1月11日(水)〜22日(日)
俳優座劇場 (六本木)
全席税込5400円/学生3780円

モリエール作 高岸未朝演出

1月 11(水) 18:30
          12(木) 13:30(バックステージツアーあり)
          13(金) 13:30(バックステージツアーあり)
          14(土) 18:30
          15(日) 13:30
          16(月) 18:30
          17(火) 13:30(バックステージツアーあり)(キッズスペースあり)
          18(水) 13:30(バックステージツアーあり)
          19(木) 13:30(バックステージツアーあり)
          20(金) 18:30
          21(土) 13:30(キッズスペースあり)
          22(日) 13:30

 

 

この記事にコメントする

ディアフォアリュス親子、見参!

なんという言いにくい名前なんでしょう!!!
ディアフォアリュス!!!
多分、色んな作品の中でも上位に上がる言いにくい名前ではないでしょうか。笑

この名前からもわかるように、彼らはこの芝居の中でとても面白く重要な役割を担っています。
そんな親子を演じるのは…島英臣さんと矢幡晃一くん。

島&八幡
なんとなく似ているこのお二人!

島さんとは…何以来の共演でしょうかね…「我らが祖国のために」でしょうか。
でもなんといっても一番の共演の思い出は初舞台「カラマーゾフの兄弟」。
私にとっては初舞台のこの作品で、島さんは若手仕込み班のリーダーとして共に旅公演を回りました。本当に何にもできなかったヘナチョコの私を親切に面倒見てくれていました。今も昔も変わらず頼りになる兄貴分です。
近年では演劇学校の講師なども務め、生徒さん一人一人に親身になる教え方でとても人気があります。
さて今回はディアフォアリュスさんとは別にもう一つ、歌だけの役ポリシネルじいさんも演じます。これがまぁ、美声なんです。
島さんファンにはたまらないんじゃないでしょうか。

そしてその息子を演じるのは矢幡晃一くん。
やはくんとは初共演。劇団の中でもとても個性的な役者さんで独特の雰囲気があります。
以前から共演したいと思っていましたがやっと叶いました。
がむしゃらな雰囲気は一切まとわず、力の抜けて居方が心地いい役者さん。
実は人見知りなんじゃないかとわたしはみています。笑
今回の稽古場でも面白いシーンは誰よりも素直に大声で笑っていて、誰よりも楽しそうに稽古を見ています。
そのやはくん、トマ・ディアフォアリュスという本当に本当に面白い役を演じます。
どう創ってもいいこの人物、だからこそ役者そのものの魅力が試されます…本当に難しくやりがいがある。
やはくんが演じるトマが客席のみなさまに疎まれそして愛されることこそが、この芝居の中盤の山場となります。
どんなトマが出現するのかご期待ください。
そうそう、やはくんが主催している小劇団がありそちらもすごく面白いのでオススメですよ。

コメディー部門を一番引き受けているこの親子。
稽古が進むにつれどう変化していくか私も楽しみです。

*********************************************
『病は気から』

詳細はこちらへ。

1月11日(水)〜22日(日)
俳優座劇場 (六本木)
全席税込5400円/学生3780円

モリエール作 高岸未朝演出

1月 11(水) 18:30
          12(木) 13:30(バックステージツアーあり)
          13(金) 13:30(バックステージツアーあり)
          14(土) 18:30
          15(日) 13:30
          16(月) 18:30
          17(火) 13:30(バックステージツアーあり)(キッズスペースあり)
          18(水) 13:30(バックステージツアーあり)
          19(木) 13:30(バックステージツアーあり)
          20(金) 18:30
          21(土) 13:30(キッズスペースあり)
          22(日) 13:30

 

 

この記事にコメントする

ダンサーな若手コンビ。

ますます、稽古に熱を帯びる毎日です。
舞台に魂を込める先輩を見て、全員が身が引き締まる思いで稽古場にいます。

さて、本日は…我が組が誇るダンサー二人組をご紹介。

まずは杉林健生くん。
IMG_3690
杉林くんも「反応工程」で大役デビューを果たしました。久保田くん同様、とても印象深い新人でした。
反骨精神があり、物語の中で核となる役を見事に生き抜いた杉林くん。
前公演のイメージが強いせいか、ちょっときつい子なのかなと思っていたら…いつもニコニコ。稽古場でも先輩たちの芝居を見てコロコロ笑っています。華やかで明るい彼はムードメーカー、彼がいるだけで場が明るくなります。
これからどんどん伸びていく予感がする大型新人です。
久保田君同様、物怖じすることなくどんどん先輩たちの懐に入っていきます。誰からも可愛がられる魅力を持っているのです。
そしてなんといっても彼はストリートダンスの名手。
全国大会で優勝し、日本代表として世界大会にも出たこともある実力者なんです。

こちらは戸塚梨ちゃん。梨と書いて「らい」と読みます。珍しいので一発で覚える名前ですよね。
彼女は準劇1年生。今回が初舞台です。
IMG_3685
他の明るくハキハキしている研究生たちと違い、彼女は一種独特の雰囲気を醸し出しています。
そんなに自分の存在をアピールせず物静か、…多分、かなりのシャイ。笑
でも決して内に秘めているのではなく、話し始めるとおしゃべり上手な一面も持っています。
そんな彼女はイギリスにダンス留学をしていたダンサーでした。以前はクラシックバレエ一筋でしたが、いまはヒップホップ、コンテンポラリーなど様々なジャンルのダンスに挑戦しています。イヤホンをして黙々と身体を動かしている時、彼女はびっくりするほど大きなオーラをまとっているのです。
ある日、小さい声で口ずさんでいるのを聞いちゃったのですが、さすがダンサー、音感が良いのか彼女の歌う歌がまた味があって良いんですよ。
周りに流されず、ゆっくりでいいから自分のペースで歩んでいってほしい女優さんです。

さて、このダンサーの二人が1幕の幕切れで素晴らしいダンスを見せます。
必見です!

**********************************************************

『病は気から』

詳細はこちらへ。

1月11日(水)〜22日(日)
俳優座劇場 (六本木)
全席税込5400円/学生3780円

モリエール作 高岸未朝演出

1月 11(水) 18:30
          12(木) 13:30(バックステージツアーあり)
          13(金) 13:30(バックステージツアーあり)
          14(土) 18:30
          15(日) 13:30
          16(月) 18:30
          17(火) 13:30(バックステージツアーあり)(キッズスペースあり)
          18(水) 13:30(バックステージツアーあり)
          19(木) 13:30(バックステージツアーあり)
          20(金) 18:30
          21(土) 13:30(キッズスペースあり)
          22(日) 13:30

 

 

この記事にコメントする

優秀な若手コンビ。

「病は気から」稽古が進んでいます。
立ち稽古、最初の一週間が終わりなんとか粗く最後まで当たってみました。
全貌がうっすら見えてきた状態。これから各シーンがどう膨らんでくるのか…産みの苦しみが始まります。

今回の座組には4人の若手たちがいます。
研究3年生の久保田宗人くん、杉林健生くん、池田早紀ちゃん。
準劇団員の戸塚梨ちゃん。
この4人、本当にしっかりしています。
舞台上はもちろん、プロンプやお茶葉、道具や衣装など裏の仕事も完璧にこなしてくれています。
…私たちが研究生の頃はもっともっと子供だったなぁ。反省。笑

さて今日はその中の二人をご紹介。

まずは池田早紀ちゃん。この舞台が初舞台となります。
IMG_3654
彼女はマルチプレイヤー。
もともと桐朋学園のミュージカル科を出身ということもあり、音楽的センスもありピアノが上手いので、歌練習の時間は私たち迷える音取り迷子ちゃんたちを一手に引き受けてくれています。そのうえ、代役を完璧にこなし、裏の仕事や制作のサポートもばっちり!
早紀ちゃん一人で劇団ができてしまうよね〜ということから、劇団ひとり、ならぬ「劇団いけださき」と呼ばれております。笑
そんなにシッカリしているにも関わらず、三枚目な表情みせたりしていつも自然体。彼女がいると場が和み明るくなる。。。そんな不思議な魅力があります。この座組は彼女がいないと成り立ちません。
そんな彼女、最近膝に成長痛が!!!これからどんどん成長するってことだね、うん。
本番では久保田君と共にリコーダーを披露!ただいま猛練習中です。

そして久保田宗人くん。
IMG_3688
「反応工程」がデビューの久保田くん。
客席から観ていて、こんな面白い個性がある子が入ったんだ…ととても印象深かったです。前回の舞台上ではちょっと抜けた感じの役柄でしたが、実は「劇団いけださき」に負けないマルチプレイヤー。
全てを物怖じなくこなします。もうすっかり私も宗人くんを頼りきっています。。。優秀な後輩がいると先輩たちがますますボケーっとしちゃいますね、いかんいかん!笑
今回はリコーダーを吹いたり、アンサンブルで出演する他に、薬剤師のフルランさん、という役を演じます。この役、どうにでもできるからこそ難しい。稽古場では毎日色々な角度から挑戦しています。
物怖じしない彼の大胆な演技、ぜひご期待ください。

*********************************************
『病は気から』

詳細はこちらへ。

1月11日(水)〜22日(日)
俳優座劇場 (六本木)
全席税込5400円/学生3780円

モリエール作 高岸未朝演出

1月 11(水) 18:30
          12(木) 13:30(バックステージツアーあり)
          13(金) 13:30(バックステージツアーあり)
          14(土) 18:30
          15(日) 13:30
          16(月) 18:30
          17(火) 13:30(バックステージツアーあり)(キッズスペースあり)
          18(水) 13:30(バックステージツアーあり)
          19(木) 13:30(バックステージツアーあり)
          20(金) 18:30
          21(土) 13:30(キッズスペースあり)
          22(日) 13:30

 

 

この記事にコメントする

このページの先頭へ