Home ブログ life 踏み出す勇気。

ブログ

踏み出す勇気。

昨夜は、同い年の友人の芝居を観に行きました。
それは彼女にとってその劇団での初舞台となる芝居でした。
去年、大劇団の研究生になり、20歳前後の若者に交じり共に1年演技の勉強をして・・・今年上の学年に昇級。今回の初舞台へと至りました。
タレントや小劇場としての経験がある彼女が、新劇団に入るのは初めて・・・。
「私、新劇って大げさな演技ってイメージで苦手なの」とクールに言っていた彼女が自ら飛び込んだ演技の基礎の道。
私は彼女を尊敬します。
彼女は決して熱血漢タイプではなく、どちらかというと 我が道を行くタイプ。
40近くになって新しい環境に一歩踏み出すことがどんなに大変か。それも一番下からのスタートというのはとても勇気がいること。
今の私自身が大手劇団の研究生になり、バイトを掛け持ちしながら、一から芝居を学び直すということができるだろうか・・・。
多分・・・無理・・・。
まぁ、それは自分が少しずつ積み重ねてきた時間があるから、と納得させつつも・・・
舞台上で必死で、しかも楽しそうに、キラキラ輝いている彼女がとても美しく見えました。
私は、そんな彼女と友人でいることを誇りに思い、そしていつの日か共演できることを楽しみにしています。

3 Comment

  1. Mark より:

    熱帯地方かと思っていたら、お彼岸を前に一気に涼しくなりましたね。のどとか大丈夫ですか?
    自分の思ったこと、やりたいことへ飛び込んでいくということは、若い頃は出来ても歳を重ねるにつれ難しくなっていくのは良くわかります。でも、それに挑戦できるご友人はすばらしいですね。

  2. MM より:

    田野さん こんにちは
    13日(月)に『心の止り』の会場でお会いしましたMMでございます。お約束どおり、初コメントさせていただきます。
    人間は、同じようなことを繰り返すことのほうが楽な面が多いですね。だから、いつしか心が「守り」に入ってしまいます。新しい世界に飛び込むことは勇気がいることだし、困難がつきまといますが、それを実行する人はすごいと私も思います。
    田野さんは、魅力的な女性役が似合う素敵な女優さんですね(昨年の『ナイン』も印象に強く残っています)。それだけでもすごいことなのに、映画製作にも取り組んでおられる・・・私は、田野さんもチャレンジしつづけている「すごい人」だと思っています。
    これからも、時々コメントさせていただきたいと思います。
    今後とも、よろしくお願いいたします。

  3. seiko より:

    Markさま、
    そうなんですよね。一歩の踏み込みに臆病になるのが大人になることなのかもしれませんね。NYにいたころには40、50を過ぎてから新しい道に挑戦している人がたくさんいました。人間に限界はないって、本当に感じたのをおぼえています。
    もちろん・・・真剣に向き合いさえすれば、ですけど。
    そこが難しいんですよねぇ。はぁ〜。
    MMさま。
    わー。いつも俳優座の応援してくださってありがとうございます。・・・なかなか私は舞台に出ることがなく・・・ごめんなさいって感じなのですが(笑)
    そっか〜〜〜。MMさんに言われて、「あたしも新しいことやっちゃってるんだ〜」とぼんやり思ってしまいました。
    新しい世界に入ると、いろんな葛藤が自分を刺激して、元のお仕事にもちゃんと反映する気がします。
    でも監督業もあり得ないことにいきなり監督だったから…。これが一番下っ端の助監督から怒鳴られながらだったら…さてあたし、根性でるかなぁ。あはは。

この記事へコメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

Recent Entries

このページの先頭へ