Home ブログ life ただそこにいる姿。

ブログ

ただそこにいる姿。

W杯の決勝トーナメントを観て・・・。
残念とか惜しいとか・・・
勝ちとか次のステージとか・・・
最後はそんなことどうでもよくなりました。
ただただ人間がその場で死に物狂いで存在している姿に感動。
仲間信じ、思いやる姿に感動。
ミステリオの子供たちにも通じることで・・・
子供たちがただただ必死で、仲間をカバーしあい、
そしてそこにいる姿に心が打たれるんです。
こういう人間の存在感としての原点を見せてもらうと、
初心に戻り、垢を落としてまた一から歩こうという気持ちにさせてもらえます。
骨太な迫力ある、人間としての存在感。
いつもいつも求めています。
そうでありたいな・・・。
みなさん、素晴らしい姿でした。
ありがとう!

1 Comment

  1. Mark より:

    個人個人で、物事に携わっているより集団で一つの目標に向う姿は迫力があり、局外者は黙ってみているか、唖然とするか、あるいは驚嘆するかになりますね。
    Seikoさんも集まってものをつくるのでその素晴らしさは肌で感じられているでしょう

この記事へコメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

Recent Entries

このページの先頭へ