Home ブログ life ドットの数々。

ブログ

ドットの数々。

 昨夜はパーティーのハシゴ。
2つのパーティーにかけ持ちで出席しました。
一つはNYの時の友人で、私の映画に出演をしてくれた写真家の稲田美織さんの出版パーティー。
美織さんはとても不思議な人。大好きな友人です。

立っているだけで、凛としてシンプル、そして美しい。後ろからたくさんの光がさしているみたい。
美織さんの出版なさった本は本当に美織さんのお人柄が溢れています。
写真はもちろんですが、文章がまたダイレクトかつダイナミック!ぜひお買い求めください。
詳しくは美織さんのサイトへ : 「水と森の聖地、伊勢神宮」ランダムハウス講談社

もう一つは、元プロテニスプレイヤー・のりちゃんこと、杉山記一くんの活動を支援するチャリティーコンサート。

杉山君はプロになって海外で活躍していたテニスプレイヤーですが、今は大学院で勉強中です。
その杉山君の熱い思いは、子供1万人に「Passion」「感謝」「思いやり」の言葉が書かれている小さなメッセージボールを手渡し、テニスを通じて子供たちを育てるプロジェクトをしています。
 
本当にピュアで素敵な青年です。
全く違う雰囲気のパーティーでしたが・・・
両方、とてもいい「気」が溢れている場でした。
実は、ここにたくさんの出会いが無数に散りばめられていました。
たとえば、美織さんのパーティーでは「うつぐみの色」で共演してくださった島袋勉さんのお母様と妹さんがわざわざ沖縄から駆け付けてくれていて・・・。
お母様は全ての人の心の壁を溶かすような素敵な笑顔と空気の持主。
そしてそのお母様や周りの人を、いつも一生懸命サポートする妹さんは愛溢れる優しい方。
まるで島薔薇のようにキラキラしていました。
お二人とも美織さんの交流も、「うつぐみ」の小さな点から始まったことでした。
多分・・・うつぐみがなくても、どこかで出会っていたでしょうね。
また、美織さんのパーティーの最中に、ミステリオの仲間たちから、「のりちゃんによろしくね!」「記一によろしく伝えといて!」とみんなから声をかけられました。
そう、去年のミステリオにのりちゃんは1日だけテニスディレクターとして参加。スペシャル講師として子供たちに厳しく優しく指導してくれていたので、みんな大好きなんですよね。
さて、名残惜しかったのですが、アメリカンクラブを後にして、代官山へダッシュ!
のりちゃんのパーティーにギリギリ間に合いました。
今回はのりちゃんのことを応援しているある女性が、ご自身でチャリティーコンサートを開いて、その収益を全てのりちゃんのメッセージボール制作にあてるというものでした。
その女性というのが・・・
あれれ???
去年のミステリオに数日間来てくれた音楽の先生、大野さん。
そして私の顔を見ると「聖子さん!」と・・・。
そう、今回パーティーを主催した大野さんは、去年のミステリオでのりちゃん出会い、そしてその後、大野さんが教える小学校にのりちゃんがテニスを教えに行き・・・そして、今日のパーティーが実現した、ということでした!
なんかね・・・。
本当に幸せな気分になりました。
全然別の場所で、別の主催で行われていた2つのパーティー。
でも実はたくさんつながっていたんですね。
たくさんのドットが散りばめられて、そしてそのドットたちがつながって、太い線になる。
自分を通じて大きなドットがつながったことがとても嬉しく、幸せに思えました。
ドットがつながる瞬間はいつも大きなパワーが宿っている気がします。
人の出会いって偶然だけど必然で・・・、
でもやっぱりこんなにたくさんの人の中で、こうやってつながっているのは奇跡です。
一つ一つの出会いを大切にしていけば、こんな素敵なことが起こるんだね。
感謝。感謝。

2 Comment

  1. Mark より:

    小さなドット、大きなドット、すばやく動くドット、じっとしているドット。これらが渾然一体となっている中でつながっていくのでしょうし、いろんな色のドットがあってそれが重なり合うと違う色がでてパワーになるのでしょうか。

  2. seiko より:

    そうですね。
    一つ一つは小さくても、つながったり重なると別のものが生まれてきますね。

この記事へコメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

Recent Entries

このページの先頭へ