Home ブログ life 違うからこそ面白い。

ブログ

違うからこそ面白い。

テレビで外国人観光客のマナーの悪さについて特集があった。
うーん。
これって確かに文化の違いからくることだよね。
説明をすればちゃんとわかることだしね。
アメリカのスーパーでよく見る光景が、支払いをする前に食べちゃう人達。
パンなどはつまみながら列に並んでいるので、支払う時にはほとんどない。
そして、レジで自己申告
「これは、スコーン。あぁ、こっちの袋はベーグルだったけど食べちゃったわ。」
でもね、
デリで量り売りの時は、問題になると思うんだけどなぁぁぁ。最後にレジで図って払うんでものねぇ。
でもみんな気にせず、味見のようにつまんでから容器に入れていたりする。
日本では絶対しないよね???
トイレの違いもとても大きい!
アメリカに行ったころ、ドア下に大きく開いている隙間。
防犯防止のためだけど、トイレに入ると、みんなの足や下着が見えて・・・はっきり言って恥ずかしかった。
でも、それも時間が経つと何とも思わなくなる。
それどころか日本に帰ってきたとき、床までピッタリドアが続いていて、逆に圧迫感を感じたくらい。
そして、また大きな違いは、NYのトイレには100%手拭き用のペーパーが置いてあること。日本は普及したのはエアータオルだよね?
でも、あちらに人たちはハンカチというものを持つ習慣がないのか、必ずペーパータオルがある。汚いトイレの中にもちゃんとペーパータオル・・・。
これってとても不思議だった。ペーパータオルを完備するならもう少し綺麗にした方がいいんじゃないかなぁ〜ってね。
海外の人たちが日本に来た時に、ペーパーやゴミ箱がなくて不便だ、と聞いたことがある。
そういえば、通ってた語学学校でのこと。
休み時間、トイレには列ができる。
狭いドア外にいろんな国の生徒が並ぶのは圧巻。
そんな時、我先にと入ろうとする生徒がいて、トイレから出ようとしていたヨーロッパ系の生徒が「押さないで!出る人が先よ!」と怒鳴った。でも、無理やり中に入ろうとするスパニッシュ系の生徒は聞く耳を持たず、彼女を押しのけて、中に入って行った。
彼女と一緒にいた友達が「仕方ないわよ。文化の違いよ。」と慰めると、「出る方が先というルールは万国共通よ!文化は関係ないわっ!人をリスペクトする気持ちがないわよ!」とかなりご立腹。
文化や習慣の違いはあるけど、
相手を思いやる気持ち、それが何よりも文化交流には大切なこと。
相手に立場に立って物事を考えられれば、文化の違いがあるからこそ面白い、とお互いを認められるのではないだろうか。

4 Comment

  1. としあき より:

    違うからこそ面白い。
    初めてコメント書きます。この「Smiling From Seiko」ブログ面白いですね(公式サイトの料理の紹介コーナーも好きです)。
    Seikoさんに私の英国での似たような経験を御紹介しますね。トイレの話とは、ちょうど反対の習慣ですが…。
    92年に勤めていた日本の銀行からトレーニーとしてロンドンの会社に初めて赴任した時の話です。
    私が学んだ英国企業は歴史も格式もあるロンドンでも屈指の運用会社でした。初出勤の日の朝、エレベーターで会社の会長と一緒になってしまいました(昨日は一緒にならなくて良かったですね)。
    会長とは日本で一度、合弁企業の理事会のときにお会いしていたので記憶していたのでした。恰幅の良い、見るからに英国紳士です。
    「Good Morning」と会長から挨拶をされ、私も、まだつたない英語で「Good Morning」と答えた後は、緊張もあって暫く沈黙の時が過ぎました(本当はちょっとの時間だったのでしょうが、すごく長く感じました)。
    会社のエントランスのある階に着き扉が開き、私は当然、会長が先に降りて、私が後から降りるのだとばかり思っていたので、私は後から降りる準備をしておりました。
    ところが、反対に会長が「After You!」と言って、エレベーターの『Open』のボタンを押して私を先に降ろそうとするのです。
    私は英語の意味も良く分からず、ボッ〜としていると会長は笑いながら私の前に手を出して先に降りるように指示してくれて、やっと私が先に降りたのです。
    その後のロンドン生活から、英国ではドアやエレベーターなどでは、一番前の人が偉いとか偉くないとかに拘わらず、「After You」とニコッと笑って言いながら後続の人を先に行かせるのが習慣だというのが分かりました。
    Seikoさんが述べられた「相手を思いやる気持ち」がまさに生かされている習慣です
    あとの人も「Thanks!」と笑顔で答えてさっさと通るのが礼儀なのです。
    「After you」と言ってカッコ良く、人をさり気なく通してあげること、それがタイミング良く出来るかどうかが、このルールのポイントです。
    特に女性は男性にドアを開けて貰って、
    「After you(男)」-「Thank you(女)」-「Pleasure(男)」とキャッチボールするのがカッコの良い英国紳士と淑女のように私には思えました。とっても良い習慣ですよね。
    日本で同じことをしたいけど、最近は少し恥ずかしいと感じるようになりました。私の英国で身につけた英国の習慣は、私の英語力とともに薄れていく、此の頃です。

  2. seiko より:

    としあきさん、
    メッセージありがとうございます。
    そうですね、海外での生活と全く同じことは日本ではできないですよね。でもそれは仕方がないように思います。
    日本には日本の文化があるものだから・・・。
    海外での生活様式も体の中で忘れず・・・そして、日本では日本の文化に入る、そんなうまい切り替えが自由にできればいいのだけれど・・・。
    私の英語も、ほとんどが頭のどこかに飛んで行ってしまいました。おぉぉ、こわ・・・。Brush upさせないと・・・。

  3. 匿名 より:

    こんにちは。最近ではアメリカでも殆んどエアードライ式になってますよ、、特にニューヨークでは。
    実は聖子さんのことある人を通して存じ上げてます。過去を振り返って色々思うところもあるとは思いますが、聖子さんがニューヨーク生活に終止符を打って帰国されたのは、聖子さんの為に良かったと思います。事情を知ってる方々は聖子さんのことを気の毒に思い、心配なさってました。あのままズルズルいってても、状況は良い方向には変わらなかったと思います。これからもガンバってくださいね、応援してます。

  4. seiko より:

    コメントありがとうございます。
    NYでは色々ありましたが、私にとっては、人生を通じて素晴らしい友人がたくさんでき、本当にいい財産となっています。
    どんな経験も、全て自分の選んだ道ですし、そして全て自分の身となる・・・だからNYに行ったことは心から感謝しています。
    応援ありがとうございます。今は、東京での暮らしが安定して、充実しています。
    お知り合いの皆様にもよろしくお伝えくださいませ(笑)
    はい、わたしは元気です!

この記事へコメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

Recent Entries

このページの先頭へ