Home ブログ life 医療ガールズの会

ブログ

医療ガールズの会

今日は、2回目の通し。
昨日の初めての通しを受けて、みんな全体の流れを大きくつかみ、今日はかなりテンポアップ。
やればやるほど、作品の深さ、良さを感じます。
そして・・・明日が最後の稽古になるわけです。
紀伊国屋の舞台にどんな世界ができるのか・・・今から楽しみだ〜。
さて、
今日は、昨日来てくださった木下優子先生 (日本大学医学部附属板橋病院 緩和ケアチーム医師)が、様々なグッズを持ってきてくださいました。
本当にお忙しい中、ありがとうございます。
そして「女医同士飲みに行こう!」ということで、舞ちゃん、亜希ちゃんの看護師二人を誘って、「スペースターミナルケア医療ガールズの会」が決行されました。

質問を超えたお話が繰り広げられ・・・私たちにとっては本当にいい時間となりました。
医者・・・看護師・・・患者さん・・・その前にやはり一対一の人間同士。
いやはや、木下先生・・・豪傑でさっぱりしてて・・・それでもっておちゃめで色っぽい。東京出身なのに、たまにでる関西弁(?)がまた面白い!なんとも不思議な先生。
でも、これがまた、気が合っちゃったんだよね〜。あはは。
何に驚いたかって・・・
稽古場を出たエレベーター前で私が携帯を出してチェックし始めたとき
「あーーーーーーっ!」と、木下先生の雄たけび・・・。
何事かと思ったら、先生の眼は一点に!
そこには、私の携帯に貼ってあったシールに注がれていました。
それは、私が竹富&石垣島の撮影の時に寄ったHONUHALEというハワイアングッズのお店のシール・・・。
なんと・・・
先生も全く同じシールを持っていた!
しかも携帯に貼っていた!!
しかもしかもシールも携帯も同じ色!!!

なんてことっ!
びっくりしました。
だってね、このショップ・・・ここにしかないんですよ〜、石垣にしか・・・。
しかも、空港近くとかじゃないの。車で行かなくてはならないところにあるんですよねぇ。
本当に・・・びっくり!
これでいきなりテンションが上がってしまった私たち、エレベーターの中で大興奮でした。
たくさんの医療関係者が携わってくれて、この世界を陰で支えてくれています。
本当にうれしい!
そして私たちは、どんなことがあろうとも、
今、この時期に、この作品を多くの人たちに観てもらうこと・・・。
一つの波紋を投げかけること・・・。
初日が一歩一歩近づいています。
その日に向かって、15人・・・16人・・・いえいえ、演出家、作家、スタッフ、そして支えてくれている大勢の皆さんと一緒に舞台を創っていきます♪
お楽しみに。

2 Comment

  1. Mark より:

    楽しい会だったようですね。
    役作りのために医療現場の方との話し合いもされるのですか、そういう積み重ねからリアリティが生まれるのでしょう。
    どんな舞台になるかますます楽しみが増えそうです。

  2. seiko より:

    そうですね。今回は現実に起こっている話なので、各自が色々な資料を観たり読んだり・・・。
    ホスピスに行ったり・・・。
    たくさんの先生方が考察を行ったり・・・。
    人間との関わりに嘘がないように、気をつけています。
    そして何よりも、いま、残されている時間と戦っているたくさんの方々のことを思いながら・・・。

この記事へコメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

Recent Entries

このページの先頭へ