ブログ

life

本日発売!

紀伊国屋演劇賞受賞作家 詩森ろば氏による書き下ろし新作作品が満を持して登場です。
詩森氏は実際に起こった事件や事柄を取材を重ねて舞台にのせる、社会派作家。今回は水俣病の講座を市民活動で続けてきたある印刷屋さんを舞台に一人一人の生き方を描く意欲作です。
私は、実在の女性 加藤タケ子さんをモデルに、運動に生きる女性を演じます。

多くの方に見ていただきたい作品です。ぜひいらしてください。

2017年9月20日〜10月1日

劇団俳優座公演
詩森ろば脚本 真鍋卓嗣演出
『海の凹凸』
公式サイトはこちらへ

六本木 俳優座劇場にて
一般 5400円
学割 3780円

劇団俳優座 03-3405-4743/ 03-3470-2888

>>各種プレイガイド

出演:岩崎加根子、荘司肇、遠藤剛、天野眞由美、塩山誠司、瑞木和加子、田野聖子、志村史人、齋藤隆介、保亜美、宮川崇、矢幡晃一、八頭司悠友

9月20日(水) 19:00
      21日(木) 14:00
      22日(金) 14:00
      23日(土) 14:00
      24日(日) 14:00
      25日(月) 14:00
      26日(火) 19:00
      27日(水) 14:00
      28日(木) 14:00
      29日(金) 19:00
     30日(土) 14:00
10月1日(日) 14:00




 

この記事にコメントする

ただいま、東京!

3月の頭から始まった旅公演前半戦も全日程が終わりました。
本当に各地の鑑賞団体様にお世話になりました。ありがとうございました。
「七人の墓友」は次回11月12月に長野と北海道に参ります!
寒さを吹っ飛ばす舞台をお届けしますので、みなさまお待ちくださいね。

そして…
気付けば季節は5月。
わたしの大好きな5月。
あーーー、太陽が、緑が、風が…キラキラしてる!
なんだかいろんなことが新しく生まれる予感がします。

楽しみ楽しみ。

この記事にコメントする

祝。2017年。

新年 おめでとうございます

今年一年がみなさまにとって幸せいっぱいの年になりますように…

この記事にコメントする

続・稽古場への道。

いよいよあと稽古も二日を残すのみ。
もう焦っても仕方がない、やるだけ!

さて、以前、少し離れた駅から歩く稽古場への道をご紹介しましたが。。。

実は引っ越しに伴い、自宅と稽古場が少し近くなったのです。
なので、今回の稽古ではチャリ通に挑戦しました。

めっちゃ気持ちいい〜〜〜!!!

5月の空気は最強ですね。

IMG_2937
晴れた日はこんな道をくぐりながらチャリでのんびり稽古場に向かってる毎日です。

でも、なんと、わたし… ママチャリ!笑
みんなから「え!ママチャリで来てるの〜!?」と笑われています。
スカートをひるがえし、都内をブツブツつぶやきながらママチャリを漕いでいる人、これがわたし。。。笑

柔らかい陽射しに包まれ 顔も服も全てが緑色に染まりながら 新緑の並木道をくぐり抜ける、そんな東京の朝…、本当に幸せを感じるのです。

**************************************************

浅利慶太プロデュース公演
「この生命 誰のもの」
2016年6月4日〜11日
自由劇場
全席指定 5000円 
公式サイトはこちらへ
scdl

SHIKI ONLINE TICKET   http://489444.com 
劇団四季予約センター  0120-489444 (10:00〜18:00)

チケットぴあ http://t.pia.jp 
0570-02-9999 (Pコード: 450-418)

 e+ (イープラス) http://eplus.jp/

サンライズプロモーション東京 http://sunrisetokyo.com 
0570-00-3337 (オペレーター対応 10:00〜18:00)

 

もしくはお問い合わせページからお気軽にご連絡ください。

この記事にコメントする

気持ちも新たに。

すっかりご無沙汰しちゃいました。
大好きだった勝どきとお別れしました。
勝どき橋

勝どき
さよなら、おうち。


そして、4月某日、無事に引越しが終わりました。

引越し前夜は本当に寂しくて仕方なかったのですが、元来の順応性の高さゆえか、引っ越してからは新しい環境にワクワク、すっかり前向きになりました。
毎日のように収納家具をはじめ様々なものがうちに届き、徐々に部屋が立ち上がってくるこの感じ。
面倒だけど案外好きです。笑

というわけで、よろしくね、おうち。

で、
話は変わりますが、実は6月頭に舞台に出演します。
今年は舞台がなかったはずなんですけどね、嬉しいことですね。

今回はご無沙汰すぎたので、まずは、引越しのご挨拶まで。
舞台の話題はまた次回に。

この記事にコメントする

このページの先頭へ