ブログ

May 2016

さようなら、稽古場。

ついに最後の稽古も終わりました。
この稽古場ともお別れです。
良い気が流れる代々木の稽古場。。。
歴代の俳優たちの汗と涙と夢がここに詰まっています。
IMG_3031


みんな素敵にカメラ目線。
でも、近藤くんだけはいつでも台本とにらめっこ!
IMG_2974

男臭いですね〜。裁判シーンに出演する三人衆です。
幕が開いたら二幕の終わりまで出てこないので、待ち時間の間に緊張が高まるようです。
IMG_2988

そしていよいよ小屋入りです。
みなさま、劇場でお待ちしております。

**************************************************

浅利慶太プロデュース公演
「この生命 誰のもの」
2016年6月4日〜11日
自由劇場
全席指定 5000円 
公式サイトはこちらへ
scdl

SHIKI ONLINE TICKET   http://489444.com 
劇団四季予約センター  0120-489444 (10:00〜18:00)

チケットぴあ http://t.pia.jp 
0570-02-9999 (Pコード: 450-418)

 e+ (イープラス) http://eplus.jp/

サンライズプロモーション東京 http://sunrisetokyo.com 
0570-00-3337 (オペレーター対応 10:00〜18:00)

 

もしくはお問い合わせページからお気軽にご連絡ください。

 



 

 

 

この記事にコメントする

続・稽古場への道。

いよいよあと稽古も二日を残すのみ。
もう焦っても仕方がない、やるだけ!

さて、以前、少し離れた駅から歩く稽古場への道をご紹介しましたが。。。

実は引っ越しに伴い、自宅と稽古場が少し近くなったのです。
なので、今回の稽古ではチャリ通に挑戦しました。

めっちゃ気持ちいい〜〜〜!!!

5月の空気は最強ですね。

IMG_2937
晴れた日はこんな道をくぐりながらチャリでのんびり稽古場に向かってる毎日です。

でも、なんと、わたし… ママチャリ!笑
みんなから「え!ママチャリで来てるの〜!?」と笑われています。
スカートをひるがえし、都内をブツブツつぶやきながらママチャリを漕いでいる人、これがわたし。。。笑

柔らかい陽射しに包まれ 顔も服も全てが緑色に染まりながら 新緑の並木道をくぐり抜ける、そんな東京の朝…、本当に幸せを感じるのです。

**************************************************

浅利慶太プロデュース公演
「この生命 誰のもの」
2016年6月4日〜11日
自由劇場
全席指定 5000円 
公式サイトはこちらへ
scdl

SHIKI ONLINE TICKET   http://489444.com 
劇団四季予約センター  0120-489444 (10:00〜18:00)

チケットぴあ http://t.pia.jp 
0570-02-9999 (Pコード: 450-418)

 e+ (イープラス) http://eplus.jp/

サンライズプロモーション東京 http://sunrisetokyo.com 
0570-00-3337 (オペレーター対応 10:00〜18:00)

 

もしくはお問い合わせページからお気軽にご連絡ください。

この記事にコメントする

権藤の振り見て 我が振り直せ。

さて、今回の出演役者は13人。
20代〜60代まで幅広い年齢層で挑みます。

患者、お医者さん&看護師、弁護士&判事。
大きくこの3グループに分かれますが…わたし演じる権藤令子さんだけはちょっと異端。
しかもあまり物語の本筋に関わることはありません。
いろんな演じ方はできると思いますが…主人公早田にとってはかなりうざいんじゃないかなと思わせる人…でも、そんなタイプの人たくさんいますよね。

わたしも体調に変化があった時、いろんな人から声をかけていただきました。支えていただきました。本当にありがたかったです。
でも、自分の状態によってこちらの受け取り方が全く変わってきます。相手がたとえ私のことを心から心配してくれているのがわかっていても、です。

「すぐ治るよ!ポジティブに!」という言葉に「そんな軽いもんじゃない…」と思ったり、
「大丈夫?」と言われ「平気平気!」としか答えられなかったり、
「かわいそう…」という涙に「全然っ、元気だよ〜」と強がってみたり、

相手の気持ちや状況を全く感じていないと、親身になっていたつもりでも相手はズレを感じさせてしまうかもしれません。

権藤さんはプロフェッショナルなケースワーカー。
きっと彼女の対応で前に進む力をもらってる人もたくさんいるんでしょうね。
最初はうざくっても、何度もこうやってポジティブに接してくれてたら前に歩き出すきっかけをもらえるかもしれませんもの。
でも彼女は、自分のやり方は正しいんだ!という自負が大きすぎて、目の前の患者さん個人個人のことが見えなくなっている気がします。一人一人、考えてることは違うし、歩いてきた日々や夢は違うのに…ね。
そんな風に客観的に彼女のことを捉えてみたら、なんとなく権藤さんが立体的になり近づいてきてくれました。笑
まだまだ楽日まで悩むと思いますが、彼女と共に作品を生きようと思います。
よろしくね、権藤令子さん。

…それにしても、権藤さんのように相手の気持ちを無視することがないよう気をつけなくちゃ、と感じる毎日です。笑

**************************************************

浅利慶太プロデュース公演
「この生命 誰のもの」
2016年6月4日〜11日
自由劇場
全席指定 5000円 
公式サイトはこちらへ
scdl

SHIKI ONLINE TICKET   http://489444.com 
劇団四季予約センター  0120-489444 (10:00〜18:00)

チケットぴあ http://t.pia.jp 
0570-02-9999 (Pコード: 450-418)

 e+ (イープラス) http://eplus.jp/

サンライズプロモーション東京 http://sunrisetokyo.com 
0570-00-3337 (オペレーター対応 10:00〜18:00)

 

もしくはお問い合わせページからお気軽にご連絡ください。

 





 

 

この記事にコメントする

看板コンビ参上!

さてこの事務所の綺麗どころお二人です!

坂本里咲さんと野村玲子さん。
この事務所の女続女優さんでもちろん劇団四季の頃からの主演女優コンビです。
お二人ともとにかく姉妹のように仲がよく、羨ましい関係性。

里咲さんは本当に明るい。
IMG_3026
ケラケラした笑い声と自由な振る舞いで稽古場をいつも笑顔にしてくれます。いうなれば稽古場の太陽。
里咲さんが一人いると稽古場が本当に明るくなり、自分の課題に潰されそうな時に里咲さんの笑顔で救われます。
そんないつも底抜けに明るい里咲さん、実はいつも朝一番から若手の練習に付き合い、自分の稽古をし…だれよりも努力の方。
芝居が、舞台が、大好きなんだなぁということが伝わり、こんなベテランでも変わらず基本を崩さぬ姿勢をわたしは心から尊敬しています。自分を省みて原点に戻してくれる存在でもあります。自分は本当に甘いなぁ…と。
このカンパニーの要で里咲さんがいないと成り立たないほど!

そして玲子さん。
IMG_3025
玲子さんは 醸し出す空気がいつも凜としてまるで月のよう。。。品良く凜としてみんなを照らすお月さま。
お月さまは迷った俳優たちを優しく照らします。
とにかく新人もベテランも分け隔てなく、垣根を作らずに接してくれるのが玲子さん。
特に新しく入った役者には自分から話しかけて絡んだりしています。
話しかけられた男子たち、かなり嬉しそう。そしてなんか照れくさそう。笑
そうそう、玲子さんの声がまたいいんです!
マイクを通していないのにスーッと一筋に通る声、まさに 1/fゆらぎ の声を持つ女優さんです。

浅利慶太演出には確固としたメソッドがあります。
このカンパニーに参加している以上そのメソッドで作品を作り上げることに集中しているんですが…わたしにとってはとても苦しい戦いで混乱することも多々あります。
そんな時にこのメソッドで育ったお二人の芝居を見ると、なるほど、こういうことか…と改めて目を覚まさせてもらいます。
いつも特等席、真正面から芝居を観ることができ、こんな幸せな毎日はありません。



**************************************************

浅利慶太プロデュース公演
「この生命 誰のもの」
2016年6月4日〜11日
自由劇場
全席指定 5000円 
公式サイトはこちらへ
scdl

SHIKI ONLINE TICKET   http://489444.com 
劇団四季予約センター  0120-489444 (10:00〜18:00)

チケットぴあ http://t.pia.jp 
0570-02-9999 (Pコード: 450-418)

 e+ (イープラス) http://eplus.jp/

サンライズプロモーション東京 http://sunrisetokyo.com 
0570-00-3337 (オペレーター対応 10:00〜18:00)

 

もしくはお問い合わせページからお気軽にご連絡ください。

 



 

 

 

この記事にコメントする

柔直コンビ参上!

さて稽古も佳境に入ってきました。稽古場での稽古は残り数日というところ。
「居て捨てて語れ」
「リアルにリアルに」
稽古場での厳しさも増し、それぞれが課題を抱えての稽古場。
ベテランも若手も新人もありません。全員で初日に向かって走り続けています。

さて、今回のご紹介は…

まずは田代隆秀さん。
IMG_2977
文学座出身、シェイクスピアシアター、劇団四季と数々の大舞台を踏んできた大ベテランの俳優さんです。わたしは「解ってたまるか!」で共演させていただきました。その時は「なんて骨太な芝居をする方なんだろう!」と思いました。さすがの一言です。
田代さん、舞台上では強面な感じなんですが、実はすごーーーく物腰の柔らかい俳優さんなんです。
控え室でもいつも私たちを笑わせてリラックスさせてくれます。「俺はいい加減なんですよ〜」と言いながら、芝居の話になるとしっかり熱が入ります。いつだったか嘉三さんと田代さんと帰り道が一緒になりました。その時はこの芝居をどう面白くするか、このシーンにどういう意味があるのか、このセリフはどういう役割があるのか…本当に熱く熱く語っていました。
こういう先輩がしっかり脇を支えてくれるからこそ、この芝居を深くなります。

そして、このカンパニー一番の若手、近藤真行くん。劇団四季所属の若手俳優さんです。
IMG_2976
休み時間も台本を離さない努力家。
彼の持つ芝居のセンスと間合いの取り方は天性のもの。
演出家からは「稀に見るほど素直な芝居をする子だな」と言われています、それが彼の持ち味。驕らず恐れずひたすらまっすぐに役と向き合う姿はとても気持ちがいい。
そして短い期間でびっくりするほどの成長を遂げています。何にも染まっていない役者があらゆるものをグングン吸収して舞台に向かう、それに勝る強さはありません。
近藤くんが体当たりで挑む早田、おそらく最年少の早田でしょう、ご期待ください。
私たちもみんなで彼を支えたいと思います。


**************************************************

浅利慶太プロデュース公演
「この生命 誰のもの」
2016年6月4日〜11日
自由劇場
全席指定 5000円 
公式サイトはこちらへ
scdl

SHIKI ONLINE TICKET   http://489444.com 
劇団四季予約センター  0120-489444 (10:00〜18:00)

チケットぴあ http://t.pia.jp 
0570-02-9999 (Pコード: 450-418)

 e+ (イープラス) http://eplus.jp/

サンライズプロモーション東京 http://sunrisetokyo.com 
0570-00-3337 (オペレーター対応 10:00〜18:00)

 

もしくはお問い合わせページからお気軽にご連絡ください。

 

この記事にコメントする

このページの先頭へ