ブログ

April 2014

麗しの三人姉妹。

チェーホフの三人姉妹 ?!
…とビックリしてしまうようなこの三人。

P1020748
天野眞由美さん、松本潤子さん、そして清水良英さん。

天野さん、私はアマコさんと呼ばせていただいています。
アマコさんとはラボ公演で何度かご一緒させていただきました。
柔らかく可愛らしい印象ですが、ピリリとシニカルなことを言うのがとても歯切れいい!
サバサバしていて、裏表がないのがアマコさんです。厳しいことおっしゃっても、なんとなく愛嬌があるんですよね〜。
それは、今回のアマコさん演じる明るい笑顔の陽子さんにも通じます。
歳を重ねてもあんな可愛い空気を醸し出せる女性って得ですよね。

清水良英さんは、かつては議員さんもやってらした女優さん。
自由です、本当に自由人です(笑)
実は中学生のとき俳優座公演を観にきましたが、その際に出演してらっしゃいました。
華があり迫力がある演技…衝撃的でした。
正直言って他の役者さんは覚えていませんが(すみません)、良英さんのことは強烈に覚えています。
今回、共演するとは! あああ〜、あの頃の私に教えてあげたい(笑)

そして松本潤子さん。
しばらく舞台から遠ざかっていらっしゃいましたので、劇団公演は久々の出演!
若い頃は少年役などが多かったそうですが…本当に華奢で、しかも色香もほんのり…ステキ。
休み時間になると入念に自分のシーンを見直していらっしゃいます。
私たちは愛を込めてマツジュンと呼ばせていただいております。笑
マツジュン、静か〜に見えて、実は実は喋りだすと止まらないおしゃべりさんなんです♪ 意外でしょう!でもこの話しているときの顔がね、楽しそうな表情なんですよ〜。
そんな潤子さんの演じる由利江さん、普段の潤子さんが見事に取り入れられた面白い役です。
 マツジュンのたおやかな微笑みに会いたいあなた、
 マツジュンの立石に水のようなおしゃべりを聞きたいあなた、
今すぐ最前列をご予約ください。

それにしても、みなさん、個性…強すぎっ!
このかなり自由なベテラン勢を佐藤さんが見事に舵取りしています。
だから、このシーン、ドンドン面白くなるんだよなぁぁぁぁ。
本番、前から観たい!

このお三人に可知さん伊東さんを含めた5人組が本当にリアルで楽しい♪
こういうグループいるいる!と思ってしまう面々なんですよ。
P1020655
この写真には5人組以外もいますね。さて誰が “墓友” なんでしょう。
なんせタイトルは「七人の墓友」
この”七人”とは誰なのか…
それは最後まで観てのお楽しみ♪


******************************************

「七人の墓友」

2014年5月9日〜19日
                        紀伊国屋ホール(新宿駅東口)

◆作:鈴木聡(ラッパ座)
◆演出:佐藤徹也

詳細はこちらへ

FACEBOOK ファンページはこちらへ

  2014年
  5月9日(金)       19:00
   10日(土)14:00(残席僅か)
   11日(日)14:00
   12日(月)       19:00      
   13日(火)       19:00
   14日(水)       19:00
   15日(木)14:00(残席僅か)
   16日(金)       19:00
   17日(土)14:00
   18日(日)14:00(残席僅か)
   19日(月)14:00

◆料 金◆  (各税込・全席指定

一般  A席 5,400円 
チケットお申し込みはこちらへ直接メッセージをください。


劇団俳優座 03-3405-4743 / 03-3470-2888

 

この記事にコメントする

企画者たち。

今回の70周年公演は、3人の役者の企画から始まりました。
斎藤淳、清水直子、井上薫。

ラボ公演で鈴木聡作「妻の家族」を佐藤演出で上演したことから繋がった今回の企画。
俳優座では、劇団員は誰でも企画を提出することが出来ますが、プレゼン総会でみんなの前でプレゼンをし、劇団員の投票、幹事会の会議、総会での承認…という長い道のりを経てやっと上演作品に名を連ねることが出来るのです。
企画は毎年15本前後。その中から4本を選ぶというのは企画提出者にとっては本当に熾烈な戦いになります。
中堅どころの役者たちがぜひやりたいという熱い想いで実現したこの舞台。
70周年記念公演として実現したこと自体が、未来の俳優座に向けた大きな布石ではないでしょうか。

企画者は稽古が始まるまでは制作にも関わり、ほんと〜〜〜〜に大変。
井上薫ちゃんは他の仕事中ですが、清水直子ちゃんと斎藤淳くんは出演もします。

まずは清水直子ちゃん。
P1020892
私にとっては大切な同期です。研究2年生のとき桐朋学園から俳優座4期生に合流した直ちゃん。
ほとんど芝居経験無しの状態の4期生の中で、いきなりお芝居上手の同期生が出来た!という感じでした。
 彼女の芝居にはウソがない。
 彼女の芝居には人間味がある。 
20年以上経ってやっと共演できてホントに嬉しいっ!
直ちゃん演じる仁美は最初から最後まで全ての話や登場人物を繋ぐ、正真正銘の主役。仁美目線で全てが進んで行きます。当然出ずっぱりで、当然膨大な台詞。
大丈夫!だって直ちゃんが演じるんだもん、素敵な人間味溢れる仁美になること間違い無しです。
そんな直ちゃん休み時間でも台本を離しません、そしていつも常備食はバナナ。
P1020918
今日も稽古場の端の方でバナナをかじりながら笑顔を向けてくれました。
…そうこの気の抜けた笑顔からもお分かりのように、普段の直ちゃんは、いつでもでっかい荷物をガラガラ引いて、ぽわ===んとしている天然のオオボケキャラなのです。
そこがみんなに愛される理由でもあるんですよ。笑

 

こちらは斎藤淳くん、あっちゃん。
P1020769
みんなに驚かれます。
「え?!あっちゃんと共演したことないの?!」
そうなのです。私、あっちゃんとも初共演。
あっちゃんは近年の俳優座公演、ほぼほぼ出演しているんじゃないかとおもうほど、劇団内で超ポピュラーな存在。そのあっちゃんと共演していないってことは、私がどれだけ自分の劇団の公演に出ていないんだということを暴露していることになっちゃうんだけど…笑
私が昔から共演したいな〜と熱望していた俳優さんでした。
 いい声、よどみない台詞、呼吸のある会話。
本当に素敵な俳優さんです。今回の役、義明も一癖ある面白い役ですよ♪
しかもしかも、人間的にも本当にステキなんだよね〜。
奥様も劇団の女優さんですが、みんなに「幸せだね〜あんな優しい旦那で」と言われるほど…
もちろん奥様も優しく素敵なので、あっちゃんも負けずに「いいね〜あんな優しい奥様で」と言われていることでしょう。


人間的にも信頼できて、みんなに愛されまくっているこの企画者二人の芝居にもご注目を!

******************************************

「七人の墓友」

2014年5月9日〜19日
                        紀伊国屋ホール(新宿駅東口)

◆作:鈴木聡(ラッパ座)
◆演出:佐藤徹也

詳細はこちらへ

FACEBOOK ファンページはこちらへ

  2014年
  5月9日(金)       19:00
   10日(土)14:00
   11日(日)14:00(残席僅か)
   12日(月)       19:00      
   13日(火)       19:00
   14日(水)       19:00
   15日(木)14:00 (残席僅か)
   16日(金)       19:00
   17日(土)14:00
   18日(日)14:00
   19日(月)14:00

◆料 金◆  (各税込・全席指定

一般  A席 5,400円 
 学生席 3,780円

チケットお申し込みはこちらへ直接メッセージをください。

劇団俳優座 03-3405-4743 / 03-3470-2888

この記事にコメントする

人間力満載の熱き男。

この墓友の稽古場で役者以上に熱く稽古場を走り回るのは…

演出家佐藤徹也さん。
P1020815

桐朋学園の演劇科を…中退して、今は映像系のディレクターとして大活躍。
その映像畑の方だからか、
P1020816
稽古中にはカチンコでスタートを鳴らします。

この演出家のすごいところは、大先輩でもド新人でも全く同じように扱うこと。
あっという間に人の間にある垣根を飛び越えるこの感覚は、佐藤さんの魅力です。
本気でぶつかってきてくれるから、こっちも格好つけてはいられない。

噂では稽古に集中すると食べることはおろか、空気を吸うことも忘れてぶっ倒れてしまうらしい。
すごい人だ……。

でもね、
そんな佐藤さん、
実は、すごーーーく、繊細なの。
それはとても伝わる。
だからこそ、愛ある作品を創ることができるんだろうな…。

「僕を信じてついてきてください。絶対面白い作品にします。」
最初に佐藤さんが発した言葉です。
その通り、稽古場でみんな佐藤さんを信じて進んで行く稽古場になっている、この感覚がとても気持ちがいい。

こんな稽古場にいられて本当に幸せだな♪

いつかは映像のお仕事でもぜひご一緒したいと思うディレクターなのです。

ちなみに…隠し撮りしようとしたら…
佐藤さんは自ら、あっちゃんに怒られてる態でポーズをとってくれました(笑)
うふふ♪ お茶目。
P1020774
俳優 斎藤淳に怒られる 演出家 佐藤徹也の図。

こんな魅力溢れる人間、佐藤徹也氏が創る舞台、面白くないわけがない!
どうかお楽しみに!!!

******************************************

「七人の墓友」

2014年5月9日〜19日
                        紀伊国屋ホール(新宿駅東口)

◆作:鈴木聡(ラッパ座)
◆演出:佐藤徹也

詳細はこちらへ

FACEBOOK ファンページはこちらへ

  2014年
  5月9日(金)       19:00
   10日(土)14:00
   11日(日)14:00
   12日(月)       19:00      
   13日(火)       19:00
   14日(水)       19:00
   15日(木)14:00
   16日(金)       19:00
   17日(土)14:00
   18日(日)14:00
   19日(月)14:00

◆料 金◆  (各税込・全席指定

一般  A席 5,400円 
 学生席 3,780円

チケットお申し込みはこちらへ直接メッセージをください。

劇団俳優座 03-3405-4743 / 03-3470-2888

 

 

この記事にコメントする

漫才コンビ乱立。

稽古の合間、休憩時間になると、そこここで二人組が続出します。

あかりちゃん& 可知さん 
P1020721

美央くん& くらっち。
P1020653

潤子さん& 達広さん
P1020716

塩さん& 遠藤さん
 P1020695

 綾花ちゃん& 直ちゃん
P1020828


今日も今日とて次のライブに向けて入念に間合いの確認中!
動きが激しいコンビ、シュールに語るコンビ、色々ございますが…
この漫才コンビたちがどのタイミングで、どのシーンで出て来るのかは舞台でお確かめを♪

******************************************

「七人の墓友」

2014年5月9日〜19日
                        紀伊国屋ホール(新宿駅東口)

◆作:鈴木聡(ラッパ座)
◆演出:佐藤徹也

詳細はこちらへ

FACEBOOK ファンページはこちらへ

  2014年
  5月9日(金)       19:00
   10日(土)14:00
   11日(日)14:00
   12日(月)       19:00      
   13日(火)       19:00
   14日(水)       19:00
   15日(木)14:00
   16日(金)       19:00
   17日(土)14:00
   18日(日)14:00
   19日(月)14:00

◆料 金◆  (各税込・全席指定

一般  A席 5,400円 
 学生席 3,780円

チケットお申し込みはこちらへ直接メッセージをください。

劇団俳優座 03-3405-4743 / 03-3470-2888

 



この記事にコメントする

いけ!ベテランお掃除隊!!!

今回の「七人の墓友」出演者の平均年齢が…た、高い!

いろんな年代がいる我が座の中でも、こんなにベテラン勢が揃う公演も珍しいのではないでしょうか。

俳優座では各座組ごと、若い役者から数名が”仕込み班” と呼ばれスタッフさんのお手伝いをしたり、お茶場を準備したりしてくれます。仕込み班になった瞬間からどんな年齢でも「ワカ(若手)のみなさん残ってください!」と急に若手に逆戻りです。
今回は当然外れてもいいキャリアの役者までもが仕込み班として頑張っているのです。

稽古前にお掃除をしてくれているのは…
くらっちと綾花ちゃん。

P1020646

P1020647

くらっち…蔵本くんとはナインで共演。
味のある素敵な役者さんです。真面目で話す前にいつも「スミマセン」と枕詞をつけるくらっち。演出の佐藤さんからは同じく「スミマセン」を連発する斎藤淳くんコンビで「スミマセンズ」と呼ばれています。みんなくらっちが大好き♪ あたしも大好き♪♪♪

そして、綾花ちゃん。彼女はこの座組唯一の ”本物”の若手、そしてもちろん最年少。
「スペースターミナルケア」の時にまた研究生だった綾花ちゃんはスタッフとして参加してくれてました。その後映像のお仕事で一緒になったりしましたが… 舞台では初めて。楽しみだな〜。
昔はボーイッシュなイメージでしたが、今ではすっかり女っぽい印象が…。
だってだって、彼女…お菓子作りの天才なんです〜。稽古場には既に何度も綾花ちゃん手作りのお菓子の差しいれが… あああ、幸せだぁぁぁ!!!
いつも笑顔の綾花ちゃんがいるだけで稽古場はホッコリ♪やっぱ若手女優は稽古場の華だね!
ちなみに…
彼女が演じる役名が、今回「聖子」ちゃん。綾花ちゃんが劇中で「聖子!」と呼ばれるたびに、ドキッとしてしまうのです。笑

てなことで、ベテランお掃除隊。今日も出動ですっ。

******************************************

「七人の墓友」

2014年5月9日〜19日
                        紀伊国屋ホール(新宿駅東口)

◆作:鈴木聡(ラッパ座)
◆演出:佐藤徹也

詳細はこちらへ

FACEBOOK ファンページはこちらへ

  2014年
  5月9日(金)       19:00
   10日(土)14:00
   11日(日)14:00
   12日(月)       19:00      
   13日(火)       19:00
   14日(水)       19:00
   15日(木)14:00
   16日(金)       19:00
   17日(土)14:00
   18日(日)14:00
   19日(月)14:00

◆料 金◆  (各税込・全席指定

一般  A席 5,400円 
 学生席 3,780円

チケットお申し込みはこちらへ直接メッセージをください。

劇団俳優座 03-3405-4743 / 03-3470-2888

この記事にコメントする

このページの先頭へ