ブログ

April 2011

BILLY in London

大好きなBilly Elliot… 

でももうブロードウェイで何度も観ているからな〜と思って、観ようかどうか悩んでいましたが、やはりこちらウェストエンドから来た作品なので、本場で観たい!

何度観ても好きなものは好きだから〜と観に行きました。

それが…

本当にびっくり!
えーーー?!ミュージカルでこんなに印象が違うってなに!?
基本的に振り付けや歌が決まっているミュージカルでこんなにも違う空気を感じたのは初めてでした。
ブロードウェイが完璧に商業ベースの華やかなBillyだったら、ウェストエンドは正に芝居を見せてくれている感じ。どっちがいいとか悪いじゃないんですよね。
でも、このウェストエンド版…、自然に涙がこぼれてきました。
はっきりいって子供たちのダンステクニックはブロードウェイの方が数段上に感じます。
でも、なんだろう…心に突き刺さるんですよね。

それに全体的に荒々しいっていうか、洗練されてないっていうか…
Billyも繊細なブロードウェイ版に対して、こちらは「繊細だけどこのままここにいたら炭坑夫になるだろう男の子」なんですよね。
これはイギリスの話だからででしょうかね?この空気感の違い。

でも、観てよかった。
芝居はやっぱりライブ…。
舞台上の感情や溢れ出る想いがそのまま伝わってくる作品でした。

この記事にコメントする

いざ、ウエストエンド!

では、再び、ロンドンのお話に戻りましょう。

 NYブロードウェイとよく比べられるロンドンのウエストエンド。

せっかくロンドンに来たからには、やはり舞台をみなくっちゃ…ということで行ってきました。
でもね、シェイクスピアシアターはシーズンオフで何もやってなたった。
  残念だ。

ウエストエンドって思ったよりも狭いんですね。びっくり。
でも、なんかあの古さが好きです。
東京も集まっていればいいのにね〜。

こちらは”39STEPS”
日本でも上演されたようですね、私は観ていませんが。
とにかく…バカらしいほどのコメディー!
ん?内容はヒッチコックがベースなのでコメディーじゃないんだよね。でも小道具を使ったり大げさな演技だったり…なんかストーリーは関係なく笑えます。
だってだって、4人で139役ですよ!!!
意味分かんないですよね〜、139役って…。
っていうか、ほぼ2人で130役くらい(笑)いやー、達者達者!
正にコントのようでした。

何も考えないで笑うのには最高です。

この記事にコメントする

支援情報。

今日はちょっとロンドンの話を中断して、今からでも出来る支援の情報を載せますね。


1ヶ月経って余震が少し落ち着いてきたかと思ったら…またもや先日の夜中の地震。
もう、どうかどうかこれ以上、東北に地震、やめてーーー!
被災者の方々はさぞかし怖かったことでしょう…。

さて、募金、義援金、支援品、節電、節約、etc etc…
いろいろな方法で何かしていらっしゃる方が多いと思います。
でも、実際に物資が現場に届いてない、偏ってる、という報道も聞きますよね?
また現場では刻々と必要なものが変わっているということも言われています。
…どうしたら、すぐにお手伝いできるのか。

そこでいいサイトを教えてもらいました。
今、現地で何をしてほしいのか、何が足りないのか…。
またボランティアしたいけど、どうすればいいのか。
全て直接連絡が取り合えるので、きっと助けられることがまだまだあるはず。

どうか興味がある方は、観てくださいね。

・支援が欲しい支援したい人のマッチングサイト


・大船渡ネット

http://ofunato.net/shien/


この記事にコメントする

Ash Wednesday!

 聖パウロ大聖堂にいきました。

ふら〜と。
 考えなしに。

そしたらその日は
Ash Wednesday のため入館無料です
との文字。

灰の水曜日?
  なんでしょ?
Ash Wednesday って…。
そういえばNYにいた時、この時期に額に墨で十字架を書いていた人たちがいましたが…。

よくよくもらった紙を読むと、イースターの46日前のことみたいですね。
キリストが荒野で40日間断食をしたことに由来しています。
その日からイースターまでの日曜日を除く40日間、何かを断つ、という習慣があるそうです。悔い改めの誓い、をしたり…。だからこの日は、「断つ」初日、ということです。
なるほどなるほど。

とまぁ、全くそんなことを知らないまま中に入り、この日は一日中、瞑想や歌などのワークショップが開かれていました。私も2時間くらい参加。
心穏やかな時間がゆったりと流れていき、幸福感でいっぱいになった水曜日の午後でした。

この記事にコメントする

ここにいたのね♪

1年半ほど前に行ったアテネ。

 アクロポリスの丘にすっくと建つ白亜の神殿、それがパルテノン神殿。


そこには小さい頃から大好きだったギリシャ神話の世界がたくさん散りばめられた彫刻が…うん?ない?!

そうなのです、パルテノン神殿には彫刻がないのです。
アクロポリス博物館に行っても…ない。

それが今回、やっと巡り会えました。
大英博物館に保管されているのです。
ギリシャ政府は現在、この彫刻の全てを返還するように求めていますが…イギリスは返すのを渋っています。でもなんか、これ…がギリシャにないの、変ですよね(笑)

ま、ここまできれいに保管されているのはイギリスのお陰かもしれないけど。

その時、彫刻が全く観れなくて残念でしたが、まさかこんなに早く巡り会えるとは思いませんでした。嬉しかった〜。

この記事にコメントする

このページの先頭へ