Home ブログ 2011 January

ブログ

January 2011

止まらないおしゃべり。

 あーーー。


あっという間に1月も終わり。
はい。すみません、全然更新しないで(笑)
元気に生きてますよ〜。

さて、今月は映画や舞台を結構観ていますが…
いつになく劇団の面々とも各劇場で会います。

そんな中、劇場で会った先輩の坪井木の実さんことコノピーとお茶しました。
「十二夜」以来久々に会ったので、「ちょっとお茶してこうか」が4時間に(笑)
そういえば、「十二夜」のころは姫役の木の実さんとお兄ちゃん役の夕夜さん、そしてあたしの3人で毎日のようにご飯を食べていましたが、あれから6年…。早いものです。
もちろん劇団で顔を合わせていましたが、ガッツリ話すのは久々!

一気にこの6年のことを埋めるかのようにしゃべるしゃべる!

いやーーー。

人生は色々!
小説より奇なり…ですね。
涙がにじむほど笑ったり、胸が痛くなったり…。
大忙しの4時間でした。

それにしても、コノピーから「いくつになってもさー、やっぱり私にとっては聖子ちゃんは”聖子ちゃん”なんだよね〜。」と言われ、私は、こうやって共に舞台を創った先輩(後輩)と変わらずつながっていられる関係が築けて幸せだなーと改めて思いました。

さて、もう2月ですね。
2月は映像のお仕事を中心に映像創り。
3月はまた海外に飛び出します!

今年は9月には舞台が決まりましたので、また近くなったらお知らせしますね。

さー。
なんか色んなことに挑戦できそうな2011年の予感です♪

この記事にコメントする

重なる、重なる。

 うーん。


仕事ってなぜだか重なるんですよね。
うまくパズルのようにはまればいいんだけど…。
どの役者さんもどのスタッフさんも同じことを言っています(笑)

私も今年は見事に色んなことが重なっており…
でも、結局、体は一つなので受けるお仕事は一つのみ。

さー、空いてしまう時間を何に使うか…また、面白い1年になりそうです。

この記事にコメントする

劇団員大集結の日。

本日より、劇団俳優座正月公演「リア王」が開幕します。

ありがたいことに前売りとしては完売。
当日券をお求めの方はぜひ劇団までお問い合わせくださいね。

…ということで、
劇団員はGPを観てほしいというお達しが全員に回り、本日俳優座劇場で観てきました。
いやはや…。
すごい劇団員の数!
びっくりです。
総会よりも多いんじゃないかしら(笑)
このごろ、あまり劇団と関わっていない私としては、妙に緊張してしまいました。はは。

お正月から若手劇団員たちは、結婚、出産とめでたいこと続きで…
会う人、会う人に「おめでとう!」と連呼。みんな幸せそうで何より!
そんな私をみていたベテラン女優さんからは「あら、言ってるだけじゃダメよ〜。聖子ちゃんはいつ?」と言われ、苦笑するしかありませんでしたが…。

今週は劇団の人ともちょくちょく会う週だったようです。
やっぱり、会うと心休まるのは身内だからでしょうか。
今年はレパートリーも少なく、座内の舞台に立つことはないのですが、でも出来るだけ関わっていこうと心に誓った今日でした。

それにしても、劇団員総見に近かったGP、
きっと出演者たちも普段とは違う緊張感で稽古をしていたことでしょうね。
本日より、23日まで俳優座劇場で上演されています。
シェイクスピア四大悲劇の一つ。ご堪能ください。

この記事にコメントする

感謝祭。

15年…

 というと、幼稚園児は成人になっちゃいます。
 すごい年月ですよね。

そんな15年も続いた海外ドラマの収録が昨年末最終回を迎えました。

「ER 緊急救命病室」

私は、中盤は毎回シーズンゲスト(患者側)で呼んでいただき、そして途中からはプラットの恋人オリヴィアの声を担当しました。
本当にね、すごい人数の声優さんたちがたった3本のマイクで声を吹き込むさまは、緊張感に包まれ、映像さながらの迫力。特に手術シーンなどは圧巻の収録でした。
ガヤと呼ばれる雑踏シーンの収録はER独特のグルグルガヤ。伝説が多く生まれています。

こんなすごい番組に少しでも関われたことが幸せでした。
経験も少なく、何も分からない私を毎回キャスティングしてくれたプロデューサー、ディレクターには感謝感謝です。
思い起こせば、劇団から言われて第1シーズンのオーディションを受けにいったのが声のお仕事のきっかけ。ERは落ちましたが、当時のプロデューサーが声を覚えていてくださってほかの番組のレギュラーにキャスティングしてくれたのが入り口です。
そこから、たくさんの役者さんたちと出会うことができました。

そんなERの打ち上げ?いえいえ、打ち上げではなく「大感謝祭」がホテルで行われました。
「感謝祭」というのが…ERらしい。
スタッフさんに、出演者に、そしてそこで支えてくれた普段お会いすることもない制作者たち…。すごい…規模です、はい。
そりゃそうですよね。
 3000人以上の声優さんが出演した化け物番組ですもの(笑)

15年の歴史は数時間では語り尽くせぬ積み重ねがあります。
ディレクターの佐藤さんが声を詰まらせると、
私も鼻の奥がツーンときてしまったよ…。

日本吹き替え版の歴史を変えたドラマ。
観ている方々、出演者、スタッフ…
 たくさんの人たちの人生を大きく変えた作品。

本当に本当にありがとう。ER!

この記事にコメントする

産んでません…。

 えーっと、


「男児出産」なさったのは…、
         政治家の野田聖子さんです〜。

あは。
急にみなさんからメールや問い合わせが相次いだのでびっくりしちゃいました!

 残念ながら、私は産んでません(笑)
 あ=、残念だわ〜。

微妙に…というかかなり似てる名前なので…確かに間違えちゃうよね。
…でも、思い出してくれてありがとう。

この記事にコメントする

このページの先頭へ