Home ブログ 2010 November

ブログ

November 2010

エクササイズなNY。

なぜかNYにいると健康的になってしまう私。
・・・いえいえ、食べてる量も尋常じゃないので、確実に肥えていってはいますが(笑)
でも、毎朝7時前には目を覚まし(夜更かししてもよ)、そしてよく歩き、よく食べ・・・
                         その上、たまにまどろむ時間もあったりするし!
あ・・・仕事を放ったらかしてるからか。そりゃnap、取れるわけよね。
こっちに持ってきた仕事は、手つかずのまま。
     ・・・スミマセン・・・帰ったら集中してやればいいね。うん。
てなことで、そんなリズムの毎日の中、
             こっちに来てから日本未上陸のエクササイズを経験しています。
まずは、Soul Cycle!
しかも朝7:30〜8:30のクラスだよ〜。なんて健康的!!!
これはバイクマシンに乗ってひたすら「漕ぐ」というもの。
クラスの中はロウソクが灯り、本当にそれだけで心地よい雰囲気。

ただ・・・単に漕ぐだけじゃないんだよね。音楽に合わせ、リズムを取りながら、色々な動きをバイクの上でする・・・これがまた難しい。
最初のクラスの日は・・・あまりにも過酷で思わず吐きそうになってしまいました(笑)
何とか最後まではついて行けたんだけど・・・、
足を固定されたままの自転車にまたがるの自体が初めて。
どうやってバランスを取っていいのか(立ったまま漕ぐことが多いため)、リズムをキープするにはどうすればいいのか、と考えながら漕いでると、ウォーターホルダーに内腿を何度もぶつけて青あざを作ったりして・・・。
でもね、そのうちに呼吸も慣れてきましたよ。
途中から動きもダンベルを持った筋トレも加わりバリエーションが豊富。
  そうか、足だけじゃなく、腕も鍛えるってことですね。
そして最後はメディテーション。
目を閉じたまま、ひたすら漕ぐんですが・・・これがまた気持ちいい。
ロウソクの灯りの中、自分との向き合いの時間で終了するのです。
それにしても、クラスの雰囲気の違いにもびっくり。
まず、クラスの中で土足で入ってもいいでしょ〜、
 洋服はそこら辺でみんな着替えるでしょ〜、
 ストレッチのころになると、
     みんな勝手に帰り仕度する人もいるでしょ〜、
そして何よりの違いは、見事なまでに鍛え抜かれた肉体のみなさん!!!
Soul Cycleは今、人気のエクササイズのようで、私が受けた日にはクリントン家の娘チェルシーにテレビショーの司会者などなど・・・同じクラスで一緒に汗を流しました。
外には黒塗りの車が待ち構えていて・・・。
エクササイズの後はお迎えの車なのです。なんか不思議。
結局、その後もクラスを受け、だんだん慣れてきました。
毎回、終わったら汗びっしょりですけどね。
ほとんど汗かかない私が絞れるほどの汗をかきました。すごい!
さて、明日はまた別のエクササイズクラスを取ります。
そっちも、アメリカらしい、日本ではありえない発想のクラス。
楽しみだぁ。

この記事にコメントする

大好きな風景。


ブルックリンブリッジと・・・
 
             
 その橋からの眺め。

     
           最高に気持ちいいNYCの景色。

この記事にコメントする

ビバ!NYCマラソン。

 今日は年に一度のお祭り。NYCマラソン!
その応援に備え、昨夜は早く寝たのですが・・・起きたのはなんと・・・5:30!
なにこれ、早すぎじゃない?時差?
・・・と、かなり普段ではありえない早起きにびっくりしたのですが、
そう、今日はサマータイムからの切り替えの日・・・だったらしい。
ん?あたしが住んでいたころは10月の最終週だった気がしますが、
 いつのころからか、始りは3月からになり終わりは11月になったサマータイム。
ってことは、一年の半分以上がサマータイムなんだね、アメリカって(笑)
日本の携帯は優秀で、勝手に時間を調整してくれてました。
思わぬところで1時間得をした気持ち♪
午前はブルックリンで応援をしていましたが、 
 午後にはJoshを団長とする応援団と合流。
MSTERIOから参加してる聖一郎とThomasを
                     しっかり応援しました。
Thomasは2回も応援できたけど、ペースが思った以上に早かった聖一郎には応援団も付いていけず・・・残念ながらみんなでの応援はできませんでした。
10人の応援団の中で聖一郎の雄姿を応援できたのは、
             なんと合流する前の私、ただひとり!
でも、あまりに集中している聖一郎は私の必死な声援も耳に届かず、最後には「聖一郎!こっち見て〜〜〜!」と一人で叫んでしまったほど。
・・・それでも黙々と音楽を聴きながら走って行ってしまったテニスのプリンス聖一郎だったのでした。
なにはともあれ、聖一郎もThomasも無事完走。
特にThomasは初参加で4時間台と大健闘!!!
夜は楽しくJosha familyみんなでお食事。
完走した二人を中心に盛り上がりました。
それにしても走ってる姿をみると・・・走りたくなるものですね。
でも、東京マラソンも外れちゃったし・・・。エントリー自体がなかなか難しいのよね。

この記事にコメントする

ANPO in NY

知人Lindaが監督をしたドキュメンタリー映画「ANPO」、
  ついにNYでプレミア上映!
今日は、日本でも観たこの作品を、
  マンハッタンのアメリカ人に交じってもう一度観てきました。
幼少時代を広島で過ごし、
 アメリカと日本、二つの祖国を持つLindaが放つ日米関係。
タブーや日本人の複雑な気持ちを言葉ではなく、アーティストたちの作品によって表現したこの作品。
ギリギリの精神状態から出る叫びにも似た作品の数々は、
 映し出されるたびに息をのんでしまいます。
何も変わらないかもしれない・・・
でも問いかけ続けることが大切なんです。
東京の上映会場とは違う反応があり、面白かったです。
実は、今日、会場で何人かの方から、
「あなたは・・・花いちもんめで、演じていた方ですか?」
  と声をかけていただきました。
まさか、NYでこんなに声をかけていただけるとは思わなかったので、本当にびっくり。
戦争、世界平和・・・そういう問題に興味を持っていらっしゃる方が多いからこそ、
 私の一人芝居も見ていただいていたんでしょうね。
その中である方から
「あの作品は素晴らしかった。ああいう活動こそ続けていってほしい。もうやらないんですか?」
と言われました。
残念ながら、今はその予定はないんですが・・・でもそう言っていただけると、またいつか…という気持ちが芽生えます。一過性のものではなく、ああいう作品は(たとえ私じゃないにしても)引き継いでいくべきものですね。
さて、そのANPO、まだまだ日本でも上映。
ぜひチェックして行ってみてください。

この記事にコメントする

無計画雑感。

 さて、
着いて早々、アパートの管理人が来ておらず、寒空の中アパートの外で待ち続け。
 見かねた住民のおじいちゃんがロビーに入れてくれ・・・、
んで、でっかい黒人の管理人Karlは陽気にチャリで登場。
 「寒いほうが好きなんだ〜」とご機嫌で話されて・・・、
掃除をするとのことでKarlにに部屋を追い出された私は、
 無計画のままとりあえず大好きなプレッツェルクロワッサンを頬張りつつ、
  隣の女性二人組の会話に耳を傾け・・・、
すると、それを聞いていた隣の見知らぬ中年男性が急に話に加わり、
 最後にやっと名乗りあって「またね!」と去ってくのを見ながら、
    NYっぽいなぁ〜・・・とおもい・・・、
新しくできたスーパーを興味シンシンで巡り・・・、
夜、同い年の女3人でロウワーイーストのタイ料理を食べながらお腹が痛くなるほど笑い・・・、
夜中、帰ろうとするといつものローカル線がエクスプレスになぜか変わってて、
 自分の駅を通り過ぎ・・・、
マンハッタンを北から南から行ったり来たりして・・・、
日付が変わってから帰宅。
朝起きて、あまりのいいお天気に近所の公園まで散歩して・・・、
1年ぶりの友人と素敵なレストランでランチをし・・・、
晴れてる日は今週少ないとばかりに、
 撮影に撮影を重ね・・・、
思い立ってTKTSで今宵のショーのチケットをゲットし・・・、
カフェで時間をつぶしながら雑誌を読み・・・、
お気に入りの劇場での素晴らしい芝居に大満足し・・・、
今晩は地下鉄も変更がなかったので、
  いい気持ちでアパートに向かい・・・、
隣のチキン屋のお姉さんが、
 なぜか分からないけど、チキンとポテトをくれ・・・、
熱々の箱を抱えて部屋に戻り・・・、
ゆっくりお風呂につかり・・・、
そんなこんなな無計画の2日間はあっという間に終了。
 このいい加減さが受け入れられるNYが好きだ。
                        と改めて思う。
でもね、そんな無計画ばかりじゃ、何か大事なことを忘れちゃいそうだから・・・
明日の計画はメモしてみた。
ま、この通りになんかいくわけがない。それが面白い。
   さて、明日はどんな一日になるのか、メモを持って出かけよう。

この記事にコメントする

このページの先頭へ