ブログ

July 2008

愛だな、愛!

今日から楽日まで、休み無しの連続公演です。
きっとあっという間に終わってしまうんでしょうね。
幕が開くときはいつだって楽日ははるか先のことに感じるのに、必ず終わりが来てしまう・・・そして、楽日はいつも変な寂しさがあるんですよね・・・どんなに大変な公演でも・・・。
今回も一緒に楽屋に住み着いている吸入器のマルちゃん。
もう9年も共にしています!
私の強い味方です。

今回はほとんどノーメイク状態のため、かなりシンプルな鏡前。
初日こそ、在NYの日本人の皆様でいっぱいだった客席ですが、2日目以降はアメリカ人の観客の多いこと!びっくりです。
皆さんどこで聞いてくるのかしら・・・。
そんな中、今日は客席に中国系の女性の方が座ってらっしゃいました。
字幕を見つめながら、涙をぬぐっていたようです。
アメリカに住んでいるアジア人の方にも観てほしい、と思っていましたが・・・
どんな想いがあって観て下さったのかしら・・・。
カーテンコール後、目があった彼女はにっこりと微笑んで力いっぱい拍手をしてくれました。
トシさんからこんなメールが・・・
「聖子さんのアパートには、簡単な調理器具はあるの?」
もちろん!だからアパートにしたんですもの!
すると・・・
Wow!!!!
劇場に持ってきてくれたのは、トシさんお手製のカレー!
しかも水を一切使っていないんだって!!!すごいすごい!!!

てなわけで、今日は劇場に行く前にトシさんの愛情をいただきましたわ♪

おいしかった〜。
体調を気遣うプロデューサーの愛を感じました♪
これに応えるべく、いい芝居を皆様にお見せします!

この記事にコメントする

お地蔵さん2人・・・???

今日は、初のダブル!
と言っても、東京公演は連日ダブルだったんですけどね(笑)
NYでは開演が毎日夜の8時。
ですので、昼公演が終わったあとは結構時間があるので、一度アパートに戻り、のんびり休息をとりました。
これはね、ヨーロッパ公演のときに経験したことなので、とてもいい塩梅で今回役に立っています。
昨日独立記念日だったにもかわらず、今日、来てくださったお客様、
本当にありがとうございました。
すごくうれしかったです。
今日は昼間は翻訳のステイシー、そして夜は下翻訳をやってくれたかもちゃんがお友達をたくさん連れて来てくれました。ほんとに今回の翻訳は大好評です。
ありがとうございました。

さてさて、
開演前の一幕・・・。
私の撫子・・・の後ろにいるこの丸い頭は・・・

もしや2人目のお地蔵さん・・・ではなく、プロデューサーのトシさんです(笑)
あまりに見分けがつかないので、思わず撮ってしまったよ。
こんな撮影にも嫌がらず応じてくれたお茶目なトシさん♪
そして今回の私の仲間たち。
まずはお箏のゆみさん。

ゆみさんのお箏はホントに美しい!
魅せるパフォーマーですね。指先、目線の一つ一つが正に世界を紡ぎだしています。
また毎回どんな音で来るか・・・私としても本当に楽しくライブで感じる瞬間。
素のゆみさんは、イメージ・・・とはまったく違い、気さくで可愛らしい女性です。
一緒にいて気持ちが楽になる、そんな雰囲気を持った素敵な女性。
そしてピアノののぞみさん。

まさかまさか、尊敬する友人でもあるのぞみさんと一緒に舞台に立てるなんて思いもしませんでした。
今回のこの座組でもムードメーカーを買って出てくれています。感謝しかありません。
大好きよ!
あたしは幸せだわ・・・。
こんな素敵なメンバーと舞台を創れて・・・。
東京公演のときも感じましたが、今回のNY公演もまた、人の温かさを毎日感じる私です。

この記事にコメントする

この街で・・・

今日は2日目のステージ・・・。
見事にアメリカ人ばっかりでした。びっくりしました。
日本人は本当に数えるくらい。
みなさんの目が字幕と舞台をいったりきたりしていましたが、集中して下さってる様子がよく分かりました。
終演後、のんびり着替えていると・・・舞台監督のシュウさんから呼び出しがあり、舞台上で待っている人たちがいるとのこと・・・。
慌てて私服のまま行ってみると、今日観たお客様が数人舞台上に残っていてくださいました。
その中の一組は目の見えない旦那様を伴ったアメリカ人のご夫婦。
芝居中、お二人の様子は分かっていましたし、奥様が内容をご主人に伝えている様子も気づいていました。
まずはそのことを何度も謝っていらした奥様。「私が全然問題ないですよ」と答えると、今度は旦那様が話しかけてきてくださいました。
。。。深く感動した、今ここを立ち去ることが出来ない、と言って残っていてくださったのです。
すごく嬉しかった。
握手したその手の温かさを忘れません。

他にも知らないアメリカ人の方々が、舞台上に残り、次々に質問を投げかけてきました。
「どうしてこの芝居を選んだの?」
「中国と日本の今の関係はどうなの?」
etc,etc….

なんか、この街で、アメリカでやっている意味というものを改めて考えたステージでした。
面白かったです、そして嬉しかった・・・。

この記事にコメントする

初日終了!

無事に初日の幕が開けました。
日本とは全く違う空気の中での初日でした。
どちらかというと、お客様の空気も真剣で張ってる感じ。
日本の方が、動いている空気があったのですが、NY初日はピンと張っていました。
もちろん字幕と芝居、両方に目が行くお客様も大勢。
おー、これはヨーロッパ公演を経験していて良かった・・・、字幕が入った芝居の空気感と反応は独特ですものね。
だから芝居って面白い。
初日は満員御礼の中、はじまりました。
嬉しいことに、このピンと張った空気の中、お客様が世界に入ってくれているのを感じることができました。
さて、これはスタートです。
今から12ステージ。
とにかく、3人で楽しんで、その場にいられるように・・・。
まだまだ続きますよ!

この記事にコメントする

明日、初日!

今日は、劇場で音楽との合わせ稽古、場当たり、テクニカルリハと3連チャンでした。
NYでは音楽はのぞみさん、ゆみさん。
もちろん人が変われば音が変わる・・・でも3人で合わせるのは今日が初めて!
どうなることやら・・・でしたが、2回、3回と重ねていくうちに面白い発見がたくさん。
今まで感じたことのないような感情を引き出されたりするんですよね。
東京のさくらさん琴ちゃんともでもそうだったけど、一人芝居といえど3人で創っているんだという感覚が沸き起こってきます。
そして舞台稽古ではたくさんのびっくりがありました!
まずはね、舞台。
日本では土足厳禁ですが、こっちはもちろん、土足は当たり前。
何よりも床面は、日本ではパンチ(じゅうたんのようなもの)やリノを敷いたりするのですが、ここで言われたのは「塗りますか?」という言葉でした。
「は???」
でしたが、舞台床面はペンキで塗っておしまいだそうです・・・。
お、おもしろい。
ですので、今回は、地の床面をペンキで塗った・・・それだけの舞台に立ちます(笑)
とにかく、スタッフのシュウさんリエさんのコンビがとてもいい雰囲気なのです。
おおらかで、遊び心があって・・・こちらも落ち着いて芝居が出来ます。
そんなこんななメンバーでのスタート!
いよいよ明日、初日。
初日は完売とのこと・・・。
嬉しいね。

この記事にコメントする

このページの先頭へ