Home ブログ 2004 September

ブログ

September 2004

9/29

今住んでいるアパートの下にレストランがある。
いつも大勢の人で賑わい、評判もいいレストラン。

そのレストランが先日ニュースに出た。
なんと、あるお客さんのサラダのお皿から指が出てきた、というショッキングなもの!

指?切った人はどうしたのか?気づかなかったの???それとも必至で探したけど見つからなかった?
どういうこと?どういうこと???

頭の中でたくさんのクエスチョンマークが飛び交った。
とにかくそれを発見したお客さんの気持ちより、指を切りおとした料理人に対してたくさんのハテナがついた。

ところが
先日、私も同じことをしてしまった!
葱を調子よくみじん切りしていたところ、左中指の肉をスパッと・・・
指は見事な薄切り肉状態、慌てて葱の中から肉の破片を取り出し、ヒラヒラとかざしてみた。

う~~~ん・・・この状態だとしたら、例のレストランの客はよく見つけたなぁ。見事!
普通だったらちょっと色の薄いハムの端?という感じで食べてしまっていたかもしれない。
そしてよく切れる包丁で気づかずに作業を進めてしまっていた料理人、というのも納得。

左手から血をボタボタたらし、感心しながらじっとその破片を見つめている妙な私がいた。

この記事にコメントする

9/7

夏もそろそろ終わり・・・

NYの夏は日本よりも過ごしやすい。
湿度がなくカラッとしているからだ。
それでも、暑いものは暑い!たまに35度近くまでなるから、陽のあたるところではジリジリ焦げそうになる。

そんなときにはやっぱり冷たいものが一番!

先日、アッパーイーストにある小さな小さな食料品店で懐かしいものを見つけた。
それは「スイカアイス」!
日本にも三角で赤い色、種代わりのチョコ、そして下の方が少し緑のスイカアイスがあるのをご存知だろうか?
スイカ自体はあまり好きではないけれど、たま~にあのチープな味を口に入れたくなる。
日本と同じものが見つかって嬉しかったで、私は早速買って、散歩しながら食べてみた。

・・・!

ガリッと変な音がした。
口から出してみると・・・種、本物の種・・・
合成着色料バリバリのこの国で、なぜ、種が本物????

セントラルパークのベンチに座りながら、種をプップッ・・・
まるで田舎の縁側にでもいるような気分になった。

この記事にコメントする

9/3

またもや殺人鬼がやってきた。
今度は女性。まだ被害者はいないらしいが、今回は何人手にかけるのか・・・

全く物騒な話である。
多くの人の人生をめちゃくちゃにしてしまう恐ろしい殺人鬼。
チャーリーも悪い奴だったが、フランシスは彼の2倍も凶悪らしい。
せっかく老後はフロリダで・・・と夢を見て渡ってきた人たちが気の毒でならない。
住民たちは凶悪犯に恐れ、眠れない日々を過ごしていると言う。

ニュースで連日言う。
「フランシスがフロリダに来る恐れがあります。
彼女はチャーリーの2倍もの力を持ち、大きな目を持っています。
彼は○○人殺しましたが、彼女は何人殺すことになるのでしょう。」

英語がつたない私は、ガチガチの直訳英語が頭の中をかけまわり、
ハリケーン情報も、このような恐ろしいニュースにと変わってしまう。
実にエキサイティングな毎日だ。

この記事にコメントする

このページの先頭へ