ブログ

2003

6/28

常日頃から、自分は周りの人に助けられてるな・・・と感じることが多い。

先日、郵便局に書留を出しに行った。
あまり郵便局を利用することも少なく、書留がどういうものなのかイマイチ分かっていなかった私は、専用の封筒があるものだと思い込んでいた。
・・・専用封筒が必要なのは現金書留だけなのだが、そんなことも露知らず、むき出しのまま送るものを持っていった私。

窓口では受付の人が他の接客をしていた。
私がボーっとしていると奥から、明らかに偉い立場の人だろうな・・・局長?・・・という雰囲気の人が来て、「どうぞ」と言ってくれた。

「書留を送りたいんですけど・・・専用の封筒ください」
するとその局長らしきおじさんは丁寧に普通書留、簡易書留、現金書留の違いを説明してくれて、
「だから書留は通常手紙を送るのと同じ状況で持ってきていただいていいんですよ」と言ってくれた。

さぁ、困った。
絶対、専用の封筒があると信じきっていた私は、その場でうろたえた。
お金じゃないものを現金書留で送ることはできないと言う・・・。

今回はあきらめて後日また来るしかないのだろうか・・・。
でも、早く送ってしまいたいし・・・稽古前にまたわざわざ来るのも・・・な。

「普通の封筒、売ってないですよねぇ・・・郵便局って」
聞いてみたが、やはりないと言う。

するとその局長(?)さんが「私のでよかったら・・・味も素っ気もないつまらない封筒ですが・・・」
と、言って奥の自分の席に向かってくれた。
その背中に図々しくも「あの~できたら5通送りたいんですが・・・」と、私。

一瞬、他の郵便局員にあ然とされ・・・苦笑され・・・

言ってみるもんだ!
局長(?)さんは5通の封筒を快く持って来てくれた。
なんか、封筒をもらったことよりも、二つ返事で封筒をくれたその気持ちが嬉しかった。

そういえば、春先、郵便局のサービスが変わる!というニュースをやっていたが・・・。
そういう影響もあるのであろうか。
どちらにせよ、利用者の私たちにはとても嬉しい。
サービスとは目に見えないものだが、でも、心と記憶には確実に残る。
今度利用するときもこの郵便局に来よう、そう思った。

この記事にコメントする

6/6

先日、父からメールが来た。

「今日空豆お送りしました 明日午前中に着きます」

最近携帯を持った父はまだ句読点が打てないらしい。
まるで電報のような用件のみのメール。
しかも「お送りしました」・・・なぜ娘の私に敬語を???

一番の謎は「空豆」だ。
なぜ父がいきなり私に空豆を?
今まで何かを送ってくることなどなかった父が・・・。
母なら分かる、母ならこまごまいろんなものを送ってくれる、でもなぜ父が?

謎が謎を呼ぶメール。

いよいよ翌日。
ちょうど休みだった私は朝早くから着替え、緊張して宅急便の到着を待っていた。
本当に届くのだろうか?
もしかしたら他の人に送ったものを間違えて私にメールしたのではないか?
なにせ「お送りしました」なのだから・・・。

「ピンポーン」

!!!!
来たっ!

冷蔵便で来たその宅急便の包みを、私はビリビリに裂きながら開けてみた。
すると中身は新聞紙でぎっしり・・・。
恐る恐る新聞紙をめくると、そこには大きなカリフラワーが一つ!
次の新聞紙を開けるとそこには土だらけの玉ねぎ、次はブロッコリー、次はスナックエンドウ・・・。
そして最後の大きな包みの中には立派な空豆が・・・。

両親は自宅から車で1時間くらいのところに畑を借りている。
農家の方のご好意で週末だけの畑仕事を楽しんでいるのだ。
それこそ最初の年はひどいものだった。
形は良くても味がなかったり、見るも無残な形だったり・・・。
それが何年目からだろうか、実家に帰るたびに「これはうちのニンジン。このブロッコリーも、こっちの小松菜も。」と自慢をするようになった。
野菜が大嫌いだった父が嬉しそうに自分が作った野菜だけは食べる、それは不思議な光景だった。

ある年の冬、私の大好きな京野菜の壬生菜ができたというので送ってもらった。
これでお鍋をするのが、田野家では昔からの食べ方。
送ってもらった壬生菜は、それはもう、市販では見たこともないくらい青々していて、大きく立派だった。
が!同時に土がすごく、一生懸命洗っても洗ってもその土は取れず、鍋のそこに土が残ってしまった・・・。
またある年の春、母から「春キャベツできたわよ~♪」と大きなキャベツを1つ送られてきた。
そのキャベツ、香りも強く瑞々しかったが、一枚葉をめくるたびにコンニチハする青虫たち。
剥いでも剥いでもポロポロ青虫が出てくる・・・。
・・・・コレには参った。

でも、やはりこうやって成長している野菜たちを見るのは嬉しい。
そして何より野菜好きの私には、味の濃いこの野菜を食べるのは楽しみだ。
この空豆を見たら、そりゃメールが送れない父も、報告したくなる。
うちの畑もここまで立派な野菜が作れるようになったのかと、ちょっと感動しながら、早速父にお礼のメールを送り、空豆をゆでた。

この数秒後、ブロッコリーの奥から可愛らしい青虫がうにょうにょ顔を出し、悲鳴を上げることになろうとは、この時点ではまだ知る由もない。

夏、近し。

 

この記事にコメントする

5/12

このごろうちの近所に可愛い犬が描かれている小さなバスが走っている。
見かけも普通の都バスとは全く違い橙色のキュートなボディ♪
調べてみると、近くの大きなターミナル駅からうちの近所の人気スポットを周遊しているバスと判明!
しかもどこまで乗っても100円!!!

前々から気になってはいたが、先日やっと乗るチャンスが訪れた!
我が家の近所にも止まるらしいので喜び勇んで乗ったところ、中に入っても超ラブリー♪
内装もオレンジが主体で横並びの乗客席は一つ一つ区切られていて・・・。
その日は乗客も5人ほどで小さな車内もゆったりと座れた。
私はご機嫌で景色を見ながらのんびりバスの小旅を楽しんでいた。

しかし・・・
何しろいろんなところを寄っていくのでいつになったら自分のうちの近所に行くのか分からない・・・。
進んでいくうちにかなり不安になるあたし・・・。

ふと隣の席を見ると、女の子がそのバスの路線図を取り出し、一生懸命現在地を確認していた。
どうしてもその路線図を見たかった私は勇気を出して
「スミマセン、初めて乗ったのでどこで降りればいいのか分からなくって・・・それ、見せて頂いていいですか?」

すると・・・

「いやー、実は僕もなんです。次、見せてください」
「私も・・・その後いいですか?」

なんとその車内全員が、初めてそのバスに乗ったというのだ!
5人で路線図を囲んで、「へー、ここは休日は止まらないんだ」「あらここに行くには乗り換えた方がいいのね」
都会のバスの車内とは思えない状況。
そのうち運転手さんまでがマイクを通して
「まだ運行しだして間もないですからね~。休日なんて見物客でいっぱいですよ!みんな初めて乗る方ばっかりです(笑)」
と会話に参加!

路線図とにらめっこし、運転手さんに助言をもらって、5人で相談して、各自の降りる駅を確認した私たちは、一人降りるたびに
「どうも~」「お先に~」と声を掛け合ってバスを降りていった。

普段、都会では味わえない感覚。
小さなバスは心にまで橙色の温かいひと時を運んでくれた・・・。

 

この記事にコメントする

5/3

元々、結構はまりやすい性格・・・。
今は水泳にはまっている。

3年前も、私はプールはまっていた。
きっかけは・・・つらい出来事・・・。
本当につらいときについ我慢してしまう性格の私は、思いっきり泣ける場所としてプールを選んだ。
水の中だと、思いっきり泣いても誰にも気づかれない、そう思ってのプール通いだった。

ところが1時間ゆっくり泳いでいると、逆に嫌なことを忘れてしまう。
水が私の体にまったり絡みついてきて・・・自分の呼吸と水音、そして天窓から降り注ぎ水面に反射する陽の光。
それだけ。
たったそれだけの世界。
その中で私は自分とゆっくり向き合う。
そして30分も泳ぎ続けると頭の中は・・・無。
体は休まず水をかき続け、思考は自分との対面から徐々に無の世界へと突入・・・。

その心地よいこと!

1時間たっぷり泳ぎ終わると、程よい倦怠感。
うちに帰り、そのままベッドにばったり・・・。

この快感を経験してから、私はプールにはまり、毎日のように通っていた。
自分でも知らないうちに、人はさまざまな事を考えている。
無になって初めてそれを感じた。

このプール通い、なぜやめてしまったかというと・・・一つ大きな問題があった!
みなさまもお気をつけあれ!
プールの消毒剤に含まれる塩素はかなり肌に悪いらしい。
毎日毎日プールに浸かっていると、肌がボロボロの状態に・・・。
仕事に支障をきたすようになり、私の足は遠のいてしまった。

そして今、プール熱が蘇ってきた!
前回の教訓から週2回くらいで我慢している。
自分の頭を空っぽにするために、1時間ほどゆっくりゆっくり泳ぎ続ける。
水中ウォーキングしている人よりも遅いくらいのスピードで・・・呼吸を乱さずに・・・
ゆっくりゆっくり・・・ゆっくりゆっくり・・・ゆっくり・・・

素敵な出会いもある。
偶然何回かジャグジーで一緒になった、上品な老婦人。
彼女はとても穏やかな笑顔の方で、プールからあがるときには、インストラクターをはじめ、監視員、係員1人1人に
「本日もお世話になりました」と丁寧に頭を下げて挨拶をしてゆく。
その姿はとても美しい。
ああいう年齢の重ね方をしたいと思わせてくれる老婦人。
とかく、都会の中では見知らぬ他人との関わりを拒絶する生活。
その中で、彼女の人と接する姿勢には、心が洗われる気がした。

・・・ちなみに今回は思いっきり泣くためにプールに通っているのではない。
ご心配なく♪

この記事にコメントする

4/16

なんでだろう・・・。
このごろ夜中3:00ごろになると、毎晩カラスが鳴きはじめる。
それも・・・一斉に。

カラスって不思議な生き物だと思う。
黒光りして美しく、でも、決して人に好かれる存在ではなく・・・。
わたしは、案外カラスが好き。
知恵を絞って食べ物をGETする姿や、光り物を嬉々として集める姿などは、愛しくさえ感じる。
真っ黒な瞳をみていると、心が落ち着く。

でも・・・
あの泣き声は・・・耳の奥に突き刺さる。
お願いだから、夜中の大合唱だけは勘弁して欲しい。
朝の壮絶なゴミ取り合戦の声もかなりきついものがあるが、なぜ夜中に!?
大体、鳥って夜は活動しないのではないか???
「鳥目」って言うくらいだし・・・。

昼間、強い視線を感じてふと振り返ると、真横に真っ黒なカラスが笑ってたりする。
ぜひとも直接聞きたい。
「君たち、このごろ夜中、何やってんの?なに大騒ぎしてんの?」と・・・。

この記事にコメントする

このページの先頭へ